Juuuust chillin' out!! シチリア3日目(観光その2)

シチリア3日目(観光その2)

またまた観光話に戻って、パレルモ3日目の9月2日。
この日も相方は会議です。さらに発表の日だったのでちょっと朝からテンパってます。

この日まず向かった先は・・
02091101.jpg
Chiesa di Santa Caterina(サンタ・カテリーナ教会)。

絢爛豪華な感じですよねぇ?!
ベッリーニ広場の前にあって建物の入口の写真(なんで撮ってないんだろう・・・)を見ればすぐわかる場所です。
ちなみにイタリア語ですが、建物の写真がグーグルに掲載されていました。ご参考までにこちら

02091102.jpg 02091103.jpg
↑向かって右は天井画です。

こちら比較的保存状態がよいのか修復されたのかいい状態だったのですが、他は結構・・

02091104.jpg
↑こんな感じ。
もったいな~い!!

修復などを行ってるかもしれませんが、建物本体自体は14世紀から立て始めたもののようです。

この付近は前日に結構散策済みだったのですが、某ガイドブックにも載っているこれを見逃してた!!

02091105.jpg 02091106.jpg
↑Quattro Canti(クアットロ・カンティ)。

Quattroは4です。Canto(複はCanti)は一隅、つまり4つの隅=四つ角とでも言いましょうか?!
その名の通り、Via Maqueda(マクエダ通り)とCorso Vittorio Emanuele(ヴィットリオ・エマニュエーレ大通り)が交差する四つ角にあります。

このQuattro Cantiの場所、別称があって、Piazza Vigliena(ヴィリエーナ広場)、Ottagono del Sole(オッターゴノ・デル・ソーレ)、Teatro del Sole(太陽の劇場)。しかし一番親しまれるのはやっぱQuattro Cantiじゃないかな~って思います(根拠なし)。

そしてお次は前の晩に相方に

相:えっ?!行かんかったん?
  あほちゃう!!

と言われて悔しかったので行ってみました・・・
02091107.jpg
Cattedrale(大聖堂)!

02091108.jpg
↑やっぱ人多い!

しかしふと疑問・・・
大抵イタリアでは大聖堂=Duomo(ドゥオーモ)と思っていたけど、ここはCattedrale(カッテドラーレ)なんだ・・
何でだろう???
そもそもDuomoとCattedraleはどないちゃうん????
ご存知の方は是非ご教授を!!

もとい・・
02091109.jpg 02091110.jpg

向かって左は大聖堂の中なんですけど、意外とあっさりとしてるという印象。
外がすごかっただけにもっと凄いのかと思いました(笑)。

そして向かって左は中で見つけたマドンナの絵なんですけど、こちらも他とは違う雰囲気のマドンナやな~と思って写真を撮りました。私的には超~シチリア風な感じなんですけど・・・

大聖堂には宝物庫があり、そこにも入りましたが、写真撮影でした。

と・・・
まだまだ続きますので続きに書きますね・・・

大聖堂があったCorso Vittorio Emanuleをうろうろしている時に見つけたのですが・・・

02091111.jpg
↑何やったんやろか・・・
 記録してなかったから謎です。

そして・・

02091112.jpg
Chiesa del Santissimo Salvatore(サンティッシモ・サルヴァトーレ教会)。

こちらの天井画も保存状態はあまりいい感じではなかったので、写真を撮りましたが掲載はパスします。


02091113.jpg
Facoltà di Giurisprudenza, Università degli Studi di Palermo(パレルモ大学法学部)

勝手に入ってよかったのかどうかは??ですが、開いてたのでちょっと写真だけ撮ってさよなら

そしてお次に向かった先はChiesa Del Gesù(ジェズ教会)。

Gesù=イエス・キリストのことです。
その名の通り・・・
02091116.jpg
↑キリストのステンドグラス!

02091117.jpg 02091118.jpg

02091115.jpg
↑天井画が印象的でした。

02091114.jpg 02091119.jpg

02091120.jpg

なんとな~く凄く心が洗われる感じがする教会でした。

そしてお次に向かった先は・・

02091121.jpg
↑Porta Nuova。

新しい門とでも訳しましょうか?!
この辺一帯にはいくつかPiazza(広場)あります。
ここに向かったもう1つの目的はPalazzo dei Normanni(ノルマン王宮)に行くため!

前日相方が参加していた会議の主催での食事がここであったようで

相:行った方がいいよ~!!

って提案されてたんで行ってみました♪

ここはアラブとノルマン様式が混在した王宮で、今はシチリア州議会堂として利用されているようです。
なのでチケットを購入して(チケット売り場のおばさん超~無愛想!!パレルモに来て初嫌な人に会ったかも!!)すぐに空港みたくセキュリティーチェックありです!

やはりここのメインはCappella Palatina(パラティーナ礼拝堂)かな?!
王宮専用の礼拝堂ってだけあり・・

02091122.jpg
↑↓金ぴか
02091123.jpg

02091124.jpg

02091125.jpg
↑外はそんなに金ぴかじゃないのに・・

02091126.jpg
↑州議会堂としてここが使われてるのかしら?

こんなところで会議ってある種落ち着かんのは私が庶民だから???

金ぴかを堪能した後はパレルモで私が一番見たかった少女のミイラがある場所!

しかしその前に・・

02091127.jpg
↑途中にあった教会。
でも何教会かは謎・・・

少女ミイラがあるカタコンベに到着したら

昼休憩で閉まったところ

ここってちょっと他からは離れた場所にあるし、他にはな~んもない・・

カタコンベの前にいたおっちゃんらに

G:この辺で何か見るとこあります??
お:Zisaに教会あるけど・・
G:じゃあ行ってみます♪

とテクテク歩き
02091128.jpg
Chiesa dell' Annunziata alla Zisa(ジサ・アンヌンツィアータ教会)。

後で見るとこのジサ地区にはお城もあったみたい!
しかしこの地区、超~庶民的というかB&Bがあった地区とは雰囲気ががらりと変わり、ちょっと大丈夫か私?!という気持ちになってきたのでそそくさと写真だけ撮って退散

カタコンベに戻ってからもまだまだ時間があったんで近くでランチをしておりました。
そしてお昼から開く時間になったのでいざカタコンベへ♪

しかしここは写真撮影禁止
なので写真が1枚もなしです・・・

グーグルに写真があったんでご紹介しておきますね。
こちら

この少女、ロザリア・ロンバルドちゃんというそうなんですが、ず~っと前に妹が日本のTVで見て

妹:見た~い!!

って言いまくってたところ!
せっかくなんで姉が代表して見てきた!
※でも怒るから行ったことはまだ言ってない・・

ほんと1体だけ他のミイラ(そう、ここは地下墓地なんでミイラがい~っぱい!!)とは群を抜いて保存状態が違う!
いや~びっくり!!

入るの一人やしちょっと怖いかな~って思ったけど、まったく知らんおばちゃん家族と合流し、なぜか4人で回ることとなった(爆)。やっぱおばちゃん同士気が合うのか?!

なんでおばちゃんらと話し始めたかと言うとここで写真を撮ってる観光客がいて

お:罰金やで、罰金!
  監視カメラあるっちゅうねん!!
G:えっ?!罰金ですか?
お:ほらほら、ここに書いてる!!

で意気投合!
いや~おばちゃんに罰金って言われんかったらこっそり写真撮ろうかと思ってたんやけど(^_^;)

そしてここを出た後はこのあたりでは何もすることがないんでまたチェントロの方へ!

最後にチェックしたのは・・・
02091130.jpg
Teatro Massimo(マッシモ劇場)。

残念ながら中には入れんかったけど・・・

あ~パレルモ観光満喫した~!!

※パレルモ観光はこれで終わりです。
 次はまだシチリア話が続きます・・・



※情報は私が行った2011年9月初旬のものです。
 のちほど相違が出てくるかもしれませんので、ご確認ください。


Chiesa di Santa Caterina
住所:Piazza Bellini, Palermo
時間:夏季 月~土 9:30~13:00/15:00~19:00
        日・祝  9:30~13:00
    冬季 毎日  9:30~13:00
料金:Chiesa del Gesùとの共通券を購入したのですが、値段を忘れちゃいました・・
    残ってるチケットにもどこにも値段が書いていないので、すみませ~ん!

Cattedrale
住所:Corso Vittorio Emanule, Palermo
   ※どれを見ても住所に番地なし・・
    Quattro CantiからだとChiesa del Santissimo Salvatoreを通過し、
    右手を見てるとわかると思います。
時間:9:00~17:30
料金:無料
    ただし宝物庫に入るのは有料です。
    入ったんですけど、料金が・・・

Chiesa del Santissimo Salvatore
住所:Corso Vittorio Emanuele, 398, Palermo
時間:9:30~12:30/15:30~17:00
    火曜終日と日曜午後はクローズ
料金:無料

Facoltà di Giurisprudenza, Università degli Studi di Palermo
住所:Via Maqueda 172, Palermo
備考:写真のところぐらいまでは入っても大丈夫だと思います・・・
    確認要!

Chiesa Del Gesù
住所:Piazza Casa Professa, 21, Palermo
時間:7:00~12:00/16:00~18:30
料金:Chiesa di Santa Caterinaとの共通券を購入しました。
    料金不明・・・

Palazzo dei Normanni
住所:Piazza del Parlamento, 1, Palermo
時間:めっちゃややこしいのでサイトで事前に要確認です!
    日本語はないですが、ひとまず英語のサイトはこちら
料金:€ 8.50
    ※私はこの時に特別展示をやってるのを見たので€ 10.00でした。

Chiesa dell' Annunziata alla Zisa
住所:Piazza Zisa, 33, Palermo
時間:不明
料金:不明

Catacombe dei cappuccini palermo
住所:Piazza Cappucini 1, Palermo
時間:9:00~12:00/15:00~17:30
料金:3ユーロ

Teatro Massimo
住所:Piazza Verdi, Palermo

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

コメント

たくさん写真とりましたねー!
シチリアは未踏の地ですが、
教会の装飾なんかを見てると、
色々な様式がmixされてる感じ。
イスラムっぽいのもあって面白いですね。スペイン風な装飾もあって
歴史を感じます。

シチリアというと、映画のNuovo paradisoとオペラの「カヴァレリア・ルスティカーナ」で、どちらにも出てくるPasquaのシーンが印象に残ってます。キリストやマリアの像が日本のおみこしのように飾り立てられて練り歩くシーン、一度見てみたいです。Giannaさんの写真の中にもその時に使うのかなと思われる金の飾りがありましたね♪

本当に・・

シチリアは素敵ですが、色んな国に統治されてたんだな~歴史を感じさせられる様式の混在加減でした!!いや~びっくりです。
地理的にカトリックとイスラムの間にあるもんだから、昔は要所として争奪合戦されたのかしらとちょっと悲しい気持ちがしました。

しかしそんな悲しい気持ちをふっとばすかのごとくのお天気で、観光するにはありがたくもあり、過酷でもありました(^_^;)
ブログを書きながら、「うわぁ~よく回ったなぁ・・」と自分でもびっくりです(笑)!

この後移動したんですけど、まさにNuovo Cinema Paradisoで出てきた村のあたりを車でブ~っと通りました。

シチリア・・
建築様式もそうですが、貧富も混在していてなんとも興味深い場所です。
また行ってみたいです!!!

くーーーー!

行ってみたい!行ってみたい!!
バロック(やんねぇ?)のあのコテコテ加減、そしてヨーロッパとイスラムの文化の融合とゆうたらかっこええけど、その混沌さというか、やっぱりコテコテさというか、とにかくみたい!!行きたい!!の一言。今年はシチリアに行ってる人が多いので、めっちゃ影響されてます。食べ物もおいしそう(でも油ギッシュやなぁ)やし、うーーーん、でも町観光はまだ息子たちとはきついか・・・とまだ予定もないのに頭んなかぐるぐる回ってます(笑)

まさに!!

そう!そのコテコテって表現がぴったりです(爆)!例えるなら大阪のおばちゃん的(って違うか?!)みたいな(爆)!!
ほんまバロック(と私も信じてます)って大阪のおばちゃんが好きそ~な具合ですよねぇ?!!

食べ物はめっちゃめちゃおいしかったです!オリーブオイルが新鮮なんか、フォカッチェリアを除いてはそんなに「あっちゃ~!ギ~シュ!!」って感じることはなかったんですよね・・
むしろジェノヴァで食べた魚貝の方が「ヘビ~!!」って思ったぐらいです。
くみこはんも山やからこの海の幸多しのシチリア、はまると思います!!

ほらほらシチリアが呼んでまっせ~^m^

そんな私は今年まじでトスカーナ入りするかもです!そうなると後3州(今はまだ4州やけど)でイタリア全州制覇なんだけど・・・

ミイラ行ったのね~♪♪

カタコンベ!アタシが行った時は写真オウケイ!だったけど
撮って後で見ても…って感じもしますが…変なモノが写ってても困るし(違!)
ハンカチで口押さえてましたか?(笑)
いやいや、楽しくおしゃべりしながら回ったんでしょ?
いっぱい吸い込んでますって(笑)
これでその4人組、不老不死間違いないですよ(爆)
スゴイ光景だけど、鬱な感じはしませんよね
アタシはすっごい開放的な死の賛歌だな~って思いました

この日は精力的に歩いたんですね!エライぞ~
でもそれだけ見所のある所ですよねvv
特に建築は、みなさん書いてますが、いろ~~んな様式が混在してて
常に列強の支配に脅かされていたシチリアの歴史を感じます
民族的にも影響があったと思うし、
他州に比べても違う所が多いんじゃないかな~て思うんです
そ~ゆ~とこも含めてアタシにとってはとっても魅力的な所です

パレルモも久しく行ってないので行きたいな~
で、このマッシモ劇場で観劇したいっすvv
トスカーナはuko さんと?イエ~イエ~!!(オイラも付いていきたい(>_<)//
アタシはあと4州で全制覇!デスvv 死ぬまでに達成したいわ
フリウリにアルト・アディジェ、ヴァッレ・ダオスタ、カラブリアなんですが
中南部好きとしては北部が3州も残ってしまいました
これはきっと Giannaさんと行け~ってことよね?(笑) クスクス

モリーゼは制覇済み??

なんですね、じょばさん!!
どこ行きはったんですか??
意外にもモリーゼが残ってます、私。
あんなに近いのに・・・
私はこのモリーゼ、トスカーナ、サルデーニャとじょばさんとかぶりのカラブリア(←意外とここ残る?見どころあるのにねぇ・・)!
ukoさんは行ったんかなぁ、カラブリア・・
アブ会のくせにみんなでカラブリアります?!(違うか・・)

フリウリはサン・ダニエーレがあるから是非来年サン・ダニエーレ祭りで♪

カタコンベ・・・
ハンカチ持って行くの(シチリア自体へ)忘れてました(苦笑)。いや~あんなに言ってたのにねぇ・・・さらにこんなに知らん人とぺっらぺらしゃべってたらハンカチどこおrじゃないですね(苦笑)。他にもうんちくを語ってくれるおっちゃんにも中で出会ってうんちくを聞いてました。

私のイタリア語力では完全に間違いなく理解できてたかどうかは??ですが、私の解釈ではミイラになったのは時の有力者ファミリーで、流行病が発生してたくさんの人が亡くなった際に研究のために(って言ってたように思うんですけど)ミイラ保存されたって言ってはったように思います。
確かにええ服着てるミイラばっかでしたもんね。

え~なんでじょばさんの時は写真OKやってんやろ?!?!思いっきりダメって書いてました。この女の子のミイラのみならず、他のミイラ(は撮ってどないすんねんって気もするけど)も!

建造物は他のイタリアの都市のものとは一味もふた味も違いますね。歴史を感じますね、ほんと!!

みなさん、イタリア通!

みなさん、少しでイタリア制覇とは、すごい!この前Giannaさんからお聞きするまで、モリーゼという州があることすらしらず(汗)

写真のマドンナの絵ですが、ギリシア正教のイコンっぽい気がします。が根拠ありません‥ただ、パラティーナ礼拝堂のお写真もビザンチンのもののような気がするし‥
シチリア、みなさんがおっしゃるようにイスラム、ギリシアの融合ですね。お写真をみているだけでも、その様子伝わります!
それにしても、やっぱり壮大!
ミイラは8000体ほどあるとか!そんなにあるんですね‥それってガラスケースかなんかに入っているんですか?そういや、フリウリ行ったときにも教会に安置してあるミイラ観ました。夫はぎりぎりまで「そんな経験いらないから、見たくない」と拒否しておりましたが‥無理やりつれて入った。というか親戚皆入ったから、一人でいるの嫌だし仕方なく入ったというか(笑)。とはいえ4体ほどだったので、私も特にどきどきしなかった(昔、中国のミイラもみたような)のですが、8000体は無理‥かも。それに、ロザリアちゃん‥ミイラに見えない‥びっくり‥。

カテドラルとドゥオーモですが、私も気になってちょっと見てみたのですが、WIKIによると特に違いはなく、地域によって呼び方が違うだけだとか。(WIKI「ドゥオーモ」参照してみてください♪)
やっぱりイタリアとひとくくりにできないのが、イタリアのよさ。どこにいっても、その場所、その場所特有のもち味がありますよねー!
シチリア、ますます行きたいですー!

Abruzzoとモリーゼは・・

なかなか出てこない州だと思います(苦笑)・・私やアブ会メンバーがひつこく「Abruzzo、Abruzzo!!」と叫んでいるので我々の周りでは結構有名になってきていますが(草の根活動!)、イタリア人でも行ったことがない人、たくさんいると思います・・・

そうなんです、後4州でイタリア全州制覇!今年中には無理だろうけど、来年中にはなんとかならんかなぁ~と目論んでおります♪ 残りトスカーナは今年中に行きそうな気配です。そしてモリーゼも時間Abruzzoに帰省した際に何とか相方を説得して行ってみようかと思案中!
残るはサルデーニャとカラブリア・・
サルデーニャは実は親戚のマンションがあるんで、またそこに打診して・・って勝手に思っています。そうなると残りカラブリアが一番手ごわいかなぁ・・・海が綺麗らしいですけど。

ミイラ・・
実は相方を誘って断られました(笑)!
親戚の家への移動日の朝に一緒に行こうと言ったけど「興味ないし・・」って言ってました。ちょっと怖かったんか?!と思ってますけど^m^

ミイラはこの女の子のミイラと数体を除いては普通に陳列されてます。たとえは悪いですけど、リカちゃん人形が陳列されているようにたった状態でずら~っと。
ぶっちゃけそれだけずら~っと並んでると怖いとかって言うよりも圧巻ですよ、圧巻!
しかしやはり怖くって中に入れない人が外にいてはりました。お会いしたご家族のお連れさんも数人、外で待ってはりましたから(^_^;) 入るまでは私もグロいかな~っと思ってたんですけど、意外といあっさりでした。

DuomoとCattdrale、特に大きな違いはないみたいですね。だったらなぜ違う呼び方をするの・・と思っちゃいますけど(苦笑)・・まぁイタリアの自由さということで!

シチリア、本当によかったです!相方にcA_riNoさん夫妻と一緒にどう?!って聞いたらみたにや~っとしてましたよ~(爆)!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)