Juuuust chillin' out!! シチリア2日目&3日目(食事)

シチリア2日目&3日目(食事)

2日目の観光中に行ったChiesa di San Francesco d'Assisi(サン・フランチェスコ・ダッシジ教会)の前には・・

010911M01.jpg
↑有名なフォカッチェリアがあった!

その名もAntica Focacceria San Francesco(笑)。

パレルモにはたくさんフォカッチェリアがあるのですが、ここは老舗中の老舗のようで、写真にも写ってますがいっぱい観光客が!!!
せっかくなので私もここでランチすることにしました♪

010911M02.jpg
↑ここの名物、Focaccia Maritata(フォカッチャ・マリタータ)!

このフォカッチャ(って言うかバーガーっぽくないですか?!)1851年にここが生み出したものらしいのですが、仔牛の脾臓と肺、リコッタチーズ、カチョカヴァッロチーズ、ラードが入っています。

名物ってことで食べましたが、う~ん私てきには・・・

ちょっと微妙~(>_<)

だってだって、かなりヘビーだったから・・・

これを食べた後、観光に戻ったのですが、夕方B&Bに到着しも~かなりのお疲れモード(*x_x)

相方は会議の主催者企画のディナーに行くことになってたんで一人での夕食。

朝の時点では数か所行きたいレストランの目星をつけていたのですが、日中の強い日差し と歩きすぎ でも~へとへと

何か買ってB&Bで食べようと思い立ち、B&Bのフロントの人に

G:この付近で何かテイクアウトできるお店ってありますか?
B:フォカッチャとかでも大丈夫ですか?!
G:ええ。
B:ここから歩いて5分以内に有名なところがあります。

で紹介されたのがまたまたここだった(苦笑)。
せっかく紹介してもらったし、何よりもも~歩けんからここでテイクアウトすることに(苦笑)・・・

010911M03.jpg
↑向かって左がArancinette、右がPanelle。

Arancinetteは小さいライスコロッケと言うのかしら??
お味は2種類でした。
1つはバター風味、もう1つはトマトソース風味でした。
トマトソースの方がおいしかったかなぁ・・

Panelleはひよこ豆の粉を使ったフリッターでシチリアでは有名だそうです。
本来はパンなどにはさんで食べるそうですが、私はこのままさつま揚げ感覚でいただきました(笑)。
ビールにあうって感じ

お店の名物であるお昼に食べたフォカッチャよりも私は夜食べたPanelleの方が好みかなぁ・・

これら3つともシチリアのストリート・フードと呼ばれている部類のものです。
どれも結構油っぽいので、あんまたくさん食べるとちょっと胃にもたれるってのが正直な感想。
まぁ話のネタにちょっとつまむにはおいしいし、お手軽です!

そして・・・
また日を改めてアップしますが、3日目も観光に出てました。
パレルモで絶対見たいと思っていた少女のミイラが展示されているカタコンペのお昼休憩時間にたどり着いたもんだから、その近辺でランチすることにしました。

観光話の前にこちらに3日目のランチもまとめちゃいます

入ったお店はMIRAGLIOTTI COFFEE & BREAK(音出ます )というお店。

1905年から創業してるみたいです。場所は本当にカタコンペの近くというか、この辺ではここぐらいしかお店がないんとちゃうかと思いました(笑)。

020911M01.jpg
↑カジキマグロのペンネ、トマトソース味

いや~やっぱシチリアはカジキマグロ料理が多いね!!
しかしうまい!!
場所的に観光客相手の手抜きかと思ったけど、意外としっかりアルデンテでおいしいお味でした

020911M02.jpg
↑ランチのお供に選んだグラスワインの白。

Cardinale di SiciliaというところのBianco d'AlcamoというワインでDOCみたいです。

Catarratto(カタラット)種が主で Inzolia(インツォリア)種も入ってます。
どちらもシチリアを代表する白ワイン用のブドウです。

とにかく色目も「濁ってる?」と思うぐらいに濃い色で、香りもリンゴのような香りがとれました。
最初、観光地でアジア人(他のはアジア人いなかった)やし。。ってシードルを出されたんかと思ったぐらい(笑)。
でも飲むとやはり白のきりりとしたお味でした。
なんかとても面白い1本でその後見つけて購入を・・って思ってたのですが目的達成できず・・・

結構お気に入りのワインとなりました♪

そして3日目の晩御飯・・・

この日も相方は会議の主催者が企画したパーティーに出ていて一人での食事。
パレルモ最終のディナーだから・・とはりきって町に繰り出したはいいけど、ビール瓶(759mlぐらいの瓶)を持った兄ちゃんがず~っとついてくる&まったく人気がない(我々だけだった)&お店まではこの状態でまだまだあるかないといけなかったのでちょっとやばいかな~と思い、ひとまずB&Bに引き返した。

しかし一旦B&Bに戻っちゃうとなんだか疲れがピーク(やっぱ年やね・・)!
お昼が遅かったこともあって、寝ちゃいました

シチリアの灼熱の中の観光、結構疲れる・・・



Antica Focacceria San Francesco
住所: Via A. Paternostro, 58, Palermo
電話:+39-091.320.264
時間:要確認
備考:サイトを見てるとミラノやナポリにもあるみたいですね。
   そして我が(!)Pescaraにもオープン予定らしい・・・

MIRAGLIOTTI COFFEE & BREAK
住所:Via Pindemonte 104, Palermo
電話:+39-091 6524670
時間:要確認

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

コメント

すンげ~~~ボリューム!!

このフォカッチャ、すンげ~~~ボリュームですね!!
カッチョカヴァッロはともかく、ラード!って、どないやねん!!!(笑)
パンが黄色くないです?ブリオッシュ系??
とにかく、これ1つで充分そうですね
Panelle ってのも食べたことな~~い!!
パレルモ2回行ってるのになんでやねん!
>>ビールにあうって感じ
ココにビビっ!って来たので、コレも次回リストに加えておきます(笑)

このカタラットとインツォリアは私も大好きですvv
にしても色が濃いですね~!
これも太陽のなせるワザか??
でも歩いてる身には灼熱地獄は応えるよね…(>_<)//
私も前はそれこそ寸暇を惜しんで1日中歩き回ったけど
今じゃあ~一旦帰ってお昼寝しちゃうから、歳だな~って思います(^^ゞ
がんばれ熟女!(注:アタシたち…ね(笑)

超~ヘビ~級プラス・・・

なフォカッチャでした。
ブリオッシュではなかったように記憶してるんですけど、ちょっと甘かったから形状違いのブリオッシュかな?!?!
このフォカッチャネタはちょっとここでは書きませんが、FBでメッセりますね♪

カタラットとインツォリアは実はCibusでも飲んだんですけど、こんな色ではなかったです。どうもこの造り手さんのところのが独特なんかもしれません!色もさることながら、アロマも結構独特やったんですよ!!

ほ~んと一日中歩きは疲れる~!!!
朝から出たら5時が限度です!
私は昼寝すると恐らく夜まで延々と寝るタイプ(昼寝慣れしてないから)なんで、それはそれで危険・・・
しかしシチリア、お昼休みを取ってる教会やら美術館がほとんどなんで2~3時間お昼寝するのがベストっちゃ~ベストなんでしょうが・・・
頑張りましょ~熟女チーム(ってukoさんは入らんか・・)!

フォカッチャのイメージが変わる

フォカッチャって、平たいイメージだったのですが‥なんだかすごいボリューム!
それにしてもペンネ、色がすてき!やっぱり南はトマト♪しかもカジキマグロだなんて、うらやましすぎです!スイスでは望めないお味‥
ワインコースは先延ばしになったので、当分はGiannaさんのブログで勉強させてもらおう!と思います!
ご指導よろしくです♪

カジキマグロ

食べまくりました(爆)!
だってこっちではなかなかお目にかからないというか、かかっても結構なお値段だったりするでしょ?!しかしシチリア、安☆うまの何とも素敵な感じだったんでこの時とばかりにカジキマグロの文字を目にすると即決!

フォカッチャ・・
このお話はじょばさんにはFBメッセしたのですが、cA_riNoさんには後程お会いした時に言いますね・・・
私もフォカッチャってピザの具がのってない感じを思ってたんで、これは「パンとちゃうんか?!」って突っ込みそうになりましたけど・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)