Juuuust chillin' out!! Le parole ticinesi vol. 2

Le parole ticinesi vol. 2

最近またあれ(∂_∂)?って思うことがあったんで、Le parole ticinesi第2弾です。

 radar 

:autovelox
:スピード測定器

普通に高速とかに「Radar」とか書いてます(笑)。
元々英語→イタリア語と外国語を学習してきた私には「レーダーね」と普通にとらえてましたが、

G:レイダー(英語読み)いや、aはイタリア語は「あ」やから
  ラーダーか???
相:そもそもautoveloxやし!
G:でもRadarって書いてあるやん!
相:ティチーノ語!!

確かにイタリアの高速では見かけたことないかも・・・


 piazza di giro 

:rotonda
:ロータリー交差点

これまた車ネタですけど、うちらは普通にrotondaを使いますが、誰かと話してる時に上の表現されてて

G:えっ?!
  回る広場?
  メリーゴーランドが置いてるとか??
  回る。。回る。。。広場・・・
相:Rotonda!


 nàtel 

:cellulare
:携帯

これは相方と散歩中に看板に書いてあって、その後電話番号風なんが書いてたから

G:FAXのこと?
相:うううん、携帯のことやねん。

いや~これはびっくり&想像外!


 chiosco 

:edicola
:新聞・雑誌などの売店


 Come? 
※ちょっとスペルは不明。もしかしたらCom'èかも。

:Come stai?
:元気?

この前駅に行くのにバスに乗ってたら、若者が乗り込んで来た。
その後に彼らの友達らしき男の子が1人乗り込んで来た時に

女:Ciaooooo!! Come?(またはCom'è?)
  チャオ~! 元気?
男:Bene, bene!!
  元気、元気~!

って言ってた。
仮にCome?だとして・・
Comeは英語で言うHowです。
まぁ日本語的に考えると、「どう?」で通じるけど、イタリア語的、そして英語的に考えてもこれを言うと絶対に

何が??

って聞きなおされる!

更にCom'è?としても、イタリア語的には文が成立しません。
英語のbe動詞にあたる動詞がイタリア語にはessereとstareに分かれていて、う~ん・・感覚で使ってるから難しいなぁ・・

どっちも日本語では「~である」とか「いる、ある」って言う意味なんです。
ただ、「essere」が本質的に「いる、ある」って言う感じで、「stare」は一時時に「いる、ある」という状態って感じ。
って説明でわかります??

うわぁ~なんかイタリア語レッスンみたくなってきた

例えば
「私は日本人です」は本質的に日本人なのでessereを使って、「Sono giapponese.」

なのでCom'èを使うとなると・・・
Com'è il mare a Pescara?(ペスカーラの海ってどう?)みたいな感じでしょうか?

と言うことで今日から(多分。。相方、今朝6時帰宅→夕食??→7時就寝でただ今ほぼ午後1時、まだ寝てます・・・)Pescaraに短期間帰りま~す♪
今回は義兄のバカンス中に義母の様子を見に行くという目的なため、ほぼ家周辺で過ごす・・になりそうだけど・・

皆様もよい週末を(^_-)-☆

コメント

そちらいかがですか??

ご帰省とのこと。イタリアの夏、満喫できてはりますか??
こっちもかんなり暑いですよ‥今日なんか37度あったし。今部屋の中でも汗がじんわり。こんなの久しぶりです‥
さてさて、Natel!
これドイツ語圏でも携帯電話のこととして使いますよ。スイスで一番最初の携帯電話の会社が「Natel」だったらしいです、たしか。それで、固有名詞だったNatelが「携帯電話」一般として使われているという現状だとか。ウォークマン(古っ!)みたいな感じですかね~。
交差点、そんな言い方するんですね!知らなかった!私もRotonda派(簡単)でした。
そうそう、駅のホームに書いてある「線路を横断するのは禁じられています」という「Vietato traversare i binari」(だったと思います‥うるおぼえ)のtraversareもTicino語だとか。イタリア兄さんがこれみて「ぎゃー、こんな言い方しないよ、やっぱりスイス~」と爆笑していました。確かに、attraversare使うかも‥。
なんだか不思議!

不思議ですよね・・

同じイタリア語なのにこの違い、不思議ですよね!!
これで覚えるとイタリアに戻って来た時に通じない時があるから危険なんですよ(苦笑)・・

Natelはそうだったんですね!!
確かにウォークマン的な。しかしウォークマンは結構世界中で通じるけど、Natelは厳しいなぁ(笑)・・スイス人じゃないとわからんって感じがしますけど。

こちらPescaraも激暑です。
また焼けたというか焦げました(苦笑)・・どこまで行くのか私の焦げ肌・・・日本には帰れん(涙)。きっと「えっ?!!」って思われるかもしれませんが、私、結構色白だったんです、ほんと!!

ティチーノ語は語順とかも含めると突っ込みだしたらきりがないと最近相方はあんまり突っ込んでくれません(苦笑)。よっぽどの時しかわからないから、私は普通・・と思って聞いてると・・
どうも独圏や仏圏の言葉をそのまんま伊語にしてたりってパターンが多いみたいですね。

言うかも!!

Piazza di giroってなんか笑える!!確かにまわるとこやねんけど、みたいな(笑)chioscoってなんかお酒飲める場所のような・・・
でもでもでもでも、Comeeee?って挨拶代わりに聞くの、こっちでも言うかも。っていうか、私も使ってるかも!?正しくはCome staiかCome vaなんやろうけど、短縮(というか後ろ切ってる)版?コメェェ?って・・・言うてるわ、やっぱり!!

面白いですね!!

ケータイ、これは言われてもわからないです…!色々違うんですね!面白いです!!

あ、でも、くみこさんもあげてますが、
私もcomeee?は使ってるかも…です。
ちなみに、マレンマではPiazza di giroはRondo'っていうみたいです^^ このRotonda、地域差が結構でる単語なのかしら?

それにしても、面白い!是非是非第三弾をお願いします!

現代語???

Comeeee?はもしやTicino語ではなく、現代語なんですかねぇ?!!!何となく関西人の私てきには「何がやねん!」って突っ込みそうになるんですけど(笑)。

Piazza di giro、やっぱ笑えるでしょ?!!
なんか円ひろしがでてきそうというか(古っ!)。
そう、意味を聞けば回るところやからそうなんやけど・・・

最初「スイスってedicolaないんかいな・・」って思ってたらこのchioscoがそうやったんです。考えたらキオスクに近いから、今では慣れてきたけど最初はよ~わかりませんでした(笑)。

やっぱり・・

comeee?は現代語なのかしら(笑)?!!
なんせうちはおっさん(←相方)と私(←おばはん)やから現代語には疎いです(爆)!!
そして私らの周りのネイティブのイタリア語を話す人もそこそこの年齢やから、このバスに乗った時に初めて聞きました!!!うん、これは現代語とします・・

携帯はcA_riNoさんが書いてらっしゃるように、日本で誰もがわかるネピアみたいな感じでしょうか?!そこでしか通用しない国民誰もが知っているみたいな(笑)。

Piazza di giroはwikiで見てみたら(http://it.wikipedia.org/wiki/Rotatoria)、orsettoさんのおっしゃっているrondòもあるみたいですね。相方がrotondaって使ってるのと、カーナビもrotondaって使ってるので他を聞いたことがなかったんですけど。ちなみにこのwikiの一番最初に出てきてる「rotatoria」も聞いたことがないです・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)