Juuuust chillin' out!! チューリッヒ初観光!

チューリッヒ初観光!

チューリッヒ行きのチケットでちら~っと前ふりしましたが、26日にチューリッヒに行ってきました♪

急に思いついたように決めたので、まぁ一人で行こうと思ってました。
そして間際に思い出した元クラスメイトのS。
メールを送ったらおうちに不幸があったようで

S:ごめ~ん・・

と返信あり。

たまたま別件でコンタクトを取っていた某市にお住まいのかーるさんに

G:26日にチューリッヒ行くんですけど、どないですか~?!

ってメールをしたら

か:いいですよ~♪

とお返事を下さったので、現地集合現地解散でのつかの間デートとなりました\(^O^)/

実はかーるさんと会うのはこれが二度目!
フットワークの軽さに大感謝です!!

ご存知かと思いますが、チューリッヒはこちら↓(青丸)。
SvizzeraMappa.png
※地図はスイスの公式情報サイト様より拝借しておりますm(_ _)m
 クリックすると拡大します。

かーるさんとはお昼の12時ごろチューリッヒの中央駅で待ち合わせをしました。
丁度お昼時ってこともあって、到着後まずは腹ごしらえ☆

か:たま~にチューリッヒに来るんですが、来た時は大抵韓国料理を食べてます。
G:食べたいです~!!

で、あっさりと行き先決定!!

いやぁ~しかしチューリッヒってばと☆か☆い
私が知らないだけかも知れませんが、Luganoで韓国料理屋さんって見たことないです!!

チューリッヒ中央駅からほど近い유미하나 (YumiHana)さんでビビンパをいただくことに\(^O^)/

こちらは奥でアジア食材なども販売されてました。
日本の菓子パンやお味噌などもありましたよ。

か:納豆もありますよ~!

久々の、それもLuganoでは食べれない(と思われる)ビビンパに舌鼓を打った後は観光へ♪
かーるさんは何度かチューリッヒにいらっしゃったことがあるそうで、すっかりナビ役を押し付けてしまいました(^_^;)
かーるさん、感謝感謝です。そちらに足を向けて寝ませんので(笑)。

まずはチューリッヒの目抜き通りであるBahnhofstrasse(バーンホフ通り)を目指します。
この通りにはブランド品のお店から何からとずら~っとお店が立ち並んでいます。
まさにと☆か☆い

え~・・
一応下町ではありますが、私大阪市内の出身です(-"-;A ..
きっと大阪からダイレクトにここに来ても、それほどと☆か☆いなどと感じなかったかも知れませんが、すっかり田舎度が身に付きLugano生活に慣れてしまいちょっときょろきょろ気味(6 ̄  ̄)

そしてそして有名な老舗の洋菓子店(って西洋ではお菓子店でいいのか??)Sprüngli(シュプリュングリ)本店へ!!
どうも今年は創業175周年のようです。

か:ここのマカロンおいしいですよ~!
  食べ歩きしましょ~♪

に勿論異議なし!!

迷いに迷い4つずつゲッツ(もう言いません・・)することに。
そうそう、ここってマカロンはLuxemburgerli(ルクセンブルグリ)って呼んでるみたいです。
私は、Gold Champagner、Maracuja、Vanille、Ananas/Cocoを、かーるさんもMaracuja、Ananas/Coco、そして・・・あれっ?!あと2つは何にしはってんやったけなぁ・・いかん、物忘れが激しすぎる私・・

あまりのおいしさにペロっといっちゃいました。

か:ここは2Fでお茶もできるんですよ。

と言う言葉をきちんと聞いておけばよかった・・・
実は凄い素敵なカフェみたいです!!

その様子はチューリッヒ在住のApfelさんがブログに書いてらっしゃいます。(こちら
次回は絶対にケーキを食べるぞっ!

まず向かった先は聖母聖堂(Fraumuenster)!
ここはシャガールのステンドグラスが有名だそうです。
拝見しました!
色使いはTHEシャガールって感じでした。
元々あまりシャガールが得意でない私にはシャガールが描く宗教絵解読は断念・・
色使いは好きなんだけどなぁ~。
残念ながら写真撮影禁止でした。

その後向かった先は大聖堂(Grossmünster)。
ここの鐘楼からチューリッヒを一望するために!!

この大聖堂は2本の塔が印象的なスイス最大のロマネスク様式の教会だそうで、カール大帝ゆかりの聖堂です。
またスイスドイツ語圏の宗教改革の中心地となった場所でもありますそうですよ。
中にはジャコメッティのステンドグラスがありました。
残念ながらこちらのステンドグラスは写真撮影禁止です。

さて鐘楼ですが・・・
大阪城(って例えがローカル~!)のように(エレ)ベータ―はなく、エスカレーターもなくでひたすら階段です!
それも最初の方は目が回るわ~って突っ込み入れたくなるような螺旋階段!
それも狭い!!
体力に自信のない方、ピンヒールの方、閉所恐怖症の方はちょっと厳しいかなぁ・・
ちなみに有料です。
※情報は下に記載しますね。

よっこらせ~とばかりに頂上到着~!!
上からの眺めは最高~\(^O^)/
皆様にもその眺めをちょ~っとおすそ分け♪

※以下すべての写真はかーるさん撮影です!
 かーるさん、ありがとうございましたm(_ _)m

ちなみに私はカメラを忘れたのではなく、家にカメラがなかったのです(^_^;)
1台は相方がアメリカ旅行へ持参、もう1台あると思っていたカメラはどうも私が日本に置き去りにしてきたようで、この日気づきました(6 ̄  ̄)

※写真はクリックすると拡大します。
26071101.jpg
↑大聖堂の上から眺める製ペーター教会(St. Peterskirche)。

26071102.jpg
↑リマト川(Limmat)。

26071103.jpg
↑↓チューリッヒの街並み
26071104.jpg

その後街歩きを楽しみ、たどり着いたのはリンデンホフの丘(Lindenhof)。
こちらはチューリッヒ発祥の地と言われているところだそうです。

26071105.jpg
↑そこにあった噴水。
これは誰の像なんだろう・・

えっ?!調べろって?!?!
いつか調べます・・

26071106.jpg
↑リンデンホフの丘から見た大聖堂。

26071107.jpg
↑リンデンホフの丘を旧市街に向かった下る坂。

26071108.jpg
↑大聖堂ベストショット!

その後いい感じの時間になったので(!)川沿いをてくてくと歩き、目的地へ!!

いつも薄~く調べて行き当たりばったりで観光に出かけることが多い私。
今回はかーるさんという心強いナビがいて下さったので、満喫できました。

そんな中、唯一下調べしていたことが!!
それはApfelさんがサイトでご紹介されていた「ビア・ガーデン」のような場所(こちら)!!

かーるさんとも話してたんですが、ティチーノはワインを飲むところがわんさかありますけど、ビアガーデンチックな場所は思いつかない・・・
やっぱ夏と言えば野外でビールじゃないですか?!
そしてApfelさんのサイトでこのことを発見した時には

G:ここは外せん!!

とばかりに猪突猛進

26071109.jpg
↑火曜の日中なのでちょっとガラ~ンとしてますが・・

26071110.jpg
↑ステージでは歌を歌ってる人がいたので、ステージ付近には人が集中!

その場所は"Bauschänzli Sommergarten"\(^O^)/
川沿いにあり、ロケーションも最高!!

Apfelがご紹介されていらっしゃるように、ここはセルフとレストランとに分かれています。
我々はセルフの方を利用し、川沿いの席をゲット♪

ビールは色々あったのですが、よくわからないのでAppenzeller QuöllfrischというビールとPommes Frite(フライドポテト)をオーダーしました。
いやぁ~陽の高いうちから野外で、それも川沿いで飲むビールは最高~

幸い晴れ女の私はお天気にも恵まれ初チューリッヒを超~満喫!!!

この後また少し町を歩き、駅の中のカフェでお茶をしてかーるさんとはお別れいたしました。
長い時間、お付き合いいただいてありがとうございましたm(_ _)m
これに懲りずにまたデートしてくださいね

続きは帰りの電車のつまらん小話・・
読み飛ばしていただいて問題なしのお話です(苦笑)。



유미하나 (YumiHana)
住所:Schützengasse 7, 8001 Zurich
電話:044 211 57 57
営業:月~金 9:00~21:00
    土    9:00~18:00

Sprüngli
住所:Bahnhofstrasse 21, 8022 Zürich
電話:044 224 46 4
営業:Öffnungszeiten Laden:月~金 07:30~18:30/土 08:00~17:00
    Öffnungszeiten Bestell-Service:月~金 07:30~17:30/土 08:00~15:00
   ※このドイツ語の意味がわかりませんでした、すみませ~ん!

Bauschänzli Sommergarten
住所:Stadthausquai 2, Zurich 8001
電話:044 212 49 19
営業:セルフサービスは11:00~23:00



※以下、2011年7月26日現在の情報です。
大聖堂(Grossmünster)の鐘楼
料金:4スイスフラン、または3ユーロ
時間:3~10月 10:00~17:00/11~2月 10:00~16:30

チューリッヒを通過する時はなぜか必ず駅でプレッツェルを購入する私と相方。
この日も電車までに少し時間があったので、購入!
そして電車に乗り込んだ。

駅のカフェでお茶をしている時にかーるさんからハンディーな時刻表をもらっていた私。
そこには途中Arth-Goldauという駅で乗り換えればLuganoまで早く着くと書かれていた。
乗った電車はひとまずLuganoを通ってChiassoまで行く電車ではあったのですが、俗に言う各駅。

読まなければいけない本が1冊あり(本当はもっとあるけど、まだ購入もしていなかったりする・・・)、Kindel(あるとやっぱ便利~!)を持ってきていた私。
かなり集中していた(珍しく)私。
気づいたらArth-Goldauを過ぎていた
なんかやけに止まるな~と思ったんだけど・・・(遅っ!)

しかし超~ポジティブ思考(能天気?)な私は

G:まぁ30~40分プラスぐらいやったら本を読み終えれるか♪

と気にもせずまた読書に没頭!

すると・・
※車=車掌さん

車:すみません。

読書に没頭で自分に話しかけられてると気づかずさっくりと無視・・

車:あの~、すみません!!
G:私ですか??!!
  チケットですか??
車:いえ、どちらまで。
G:え~っと・・
※自分の世界にいたのでちょっとパニック!

G:Luganoまでですけど。
  事故ですか?!
車:( ̄∇ ̄;)
  いえ、あの2つ前の車両、1等車なんですけど
  そちらに移ってもらえますか?
G:え~っと・・
  私のチケットは2等車用なんですけど・・
車:人が少ないんで、後ろの車両を閉めようと思ってるので。

見渡すと車両にはポッツ~ンと私だけになっていた(苦笑)。
※乗った時は結構いたのになぁ・・
 いつ、どこでおりはってんやろ???

で、少しの間でしたが1等車体験!!
ってちょっと椅子の幅が広くなってただけであんまりど~って感じではなかったですが・・・

何やよ~わからん理由でちょっと得した体験でした・・・
※オチなしですんませ~ん

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

コメント

天気予報では

あの日、午後から崩れるって聞いていたので、歩いている最中に降られなくてよかったですよね~。
プレッツェルはティチーノでは見なかったですね(どこいってもブリオッシュだったような)私もティチーノに住んでた時はよくプレッツェル買ってましたよ~。
外で飲むビールは格別でしたね。日本の夏を思い出しました。
1等車と2等車 混んでなければ座り心地はそう変わらなかったですよね???2等車の値段で1等車体験ってオトクですね☆

ちなみにうちに着いたら雨降ってました。やっぱりスイス1天気が悪い州だわ。トホホ。

やっぱ晴れ女でしょ(笑)!

私も天気予報を見てて、午後からは雨だな~って思ってたんです。で、傘も用意してたんですけど、家を出る間際になって服を前と後ろさかさまに着てることに気づきました(何だか苦しいと思った・・)!そっからプチパニックでバタバタして傘を持って出るのを忘れました(苦笑)・・
あっ、またイメージ崩れました?!

あのビアガーデン的なところでは一瞬「やばい?!」って思いましたが、結局こっちでも雨に降られることはなく、「あ~重い思い(←傘)せんでよかった!」って思ったりしてたんですけど・・

ブレッツェル探せばあるのかもしれませんが、あまり見かけないというか、ひとまず「ここ!」って思いつくところがないです・・なのでいつも行く(通る)と買っちゃうんですけど(笑)。

昨日車でLungo Lagoを通ったら小・小・ビアガーデンいや、あれはビア・スタンドか?!がありました。今度偵察に行ってみます!

楽しいご旅行でしたね!

こんにちは。
楽しいチューリッヒへの弾丸トラベルだったようですね~!
スイスは言語の異なった地域では、
本当に違う国にいるかのような錯覚さえ感じてしまいますよね。
国内でも、気晴らしの旅は楽しいですねー。

YUMIHANA さんへも行かれたのですね。
あそこで売られているパンは、
チューリッヒ近郊在住の日本人のパティシエの作ったパンで、
毎日出来立てのものが彼のお店から届くんですよー(^_^)
私も日本食品はもちろん、
パンお目当てYUMIHANAさんへよく出かけます。
聖母境界のシャガールのステンドグラスは必見ですよね ♪
あのビアガーデンにも行かれたのですねー。
少しは晴れ間もあったようでよかったです!

記事に私の名前を出して下さり、そしてリンクもありがとうございます。
私もリンクさせていただきました。
これからもどうぞよろしくお願いします。

買って帰ればよかったです・・

え~Yumihanaさんのパンって毎日出来立てのパンだったんですね?!次回は絶対に買って帰ろう!!これから観光!って時だったんで、実はお味噌も買って帰ろうと思ってたんですけど(笑)、帰るころにはすっかりと忘れておりました(苦笑)・・
チューリッヒには日本人のパティシエさんもいらっしゃるんですね~!凄い!!
確かに街中を歩いていても日本人の方を見かけましたし、他のアジア諸国の人たちもたくさん見かけました!やっぱLuganoとは違う!!

Apfelさんのブログで拝見したビアガーデン行って参りました!!も~絶対に行きたい!!って思ってて、他の観光スポットは何も調べてきてないのに、ここだけは下調べしてきてて同行くださったかーるさんも恐らくびっくりされたと思います(笑)。川沿いでそれも晴れた日の日中からいただくビール、最高ですね!!
それとビールの品ぞろえもこちらとは違うと思います。まぁこちらはメインはやっぱワインだからかもしれませんが・・・

電車で3時間弱、まさに日本だと大阪から新幹線で東京まで・・って感覚だったのですが、着いたチューリッヒは異国って感じがしました!同じスイスなんですけどねぇ・・・ほんと不思議な国です、スイス!

そしてそして、最後になっちゃいましたが、リンクの件ありがとうございました!!勝手にいっぱいこちらでApfelさんの記事を紹介してしまって恐縮です。今後とも楽しい、そしてためになるチューリッヒ情報、のぞきに行かせていただきますね!!
今後ともよろしくお願いいたしま~す\(^O^)/

No title

チューリッヒ、3年前に行きました。
『リンデンホフの丘を旧市街に向かった下る坂』で、私も写真撮りましたよ!
人は沢山いるのに、とても静かだな~という印象の街。
すごく穏やかな印象を持ちました。
(私の住む町も静かですけれど、これは単純に人がいないんで・・涙)

シュプリュングリは、ケースが可愛くて、ケース目的でチョコを買いました(笑)
既に秋で、とても涼しかったのですが、昼間から屋外でビールを飲む人が沢山いたのにビックリ。
さすがドイツ語圏・・と。
暑かったら私もGiannaさんのようにビールを一杯!ってところですけどね(^ー^)ノ

では、私は一時帰国の荷造りに励みます・・明日朝出発なのに、未だ手つかず!

お気をつけて~!!

おぉぉ~明日から一時帰国なさるんですね?!
どれぐらい日本に滞在されるんですか??
また戻って来られてたら本当にcA_riNoさんたちを誘ってアペリティーヴォいたしましょう♪

チューリッヒはおっしゃる通り人が多い割には、ごった返してる・・という喧騒感はなかったです。でもやっぱ都会~!!!羨ましい限りではあるのですが、いかんせんドイツ語×なんで、まぁここでいいかな~と思ったり(笑)。
確かに気温はこっちに比べると低かったです。しかし幸いお天気がもったんで「よしビール!」とおいしくいただきました♪
夏のこの時期で半袖が厳しかったんで、やっぱ秋となると・・・さすがの私もビールって気にはならないかもしれないです(^_^;)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)