Juuuust chillin' out!! Biglietti Flexicard

Biglietti Flexicard

相方一人夏バカ中に実はチューリッヒに行って参りました!!

しかしチューリッヒの観光のお話に入る前にちょっと電車のチケットのお話・・

cA_riNoさんが以前ブログにCarta Giornaliera Comuneというお得な公共交通機関の一日乗車券のことをブログに書かれていて(こちら)、今回それを利用して行って参りました!ほんまお得です、このチケット!!!

cA_riNoさんがリンク貼ってらっしゃったサイトには我が町Luganoはなく、ず~っと

あ~ぁ!Luganoはないんか_| ̄|○

と思い公言しておりましたが・・・

ありましたっ (-"-;A ...アセアセ
※ごめんなさい、cA_riNoさんm(_ _)m

我が家はLuganoのチェントロ(中心地)まで徒歩15分ぐらいの距離なので、バスを待ってる間に着くから・・とあまり使いません。遠出は大抵相方の車で出かけちゃうから、電車も数えるほどしか乗ったことがなかったのです。
(言い訳だわ、完全に・・)

チューリッヒへは実はドイツ語圏の某町にお住まいのかーるさんに現地集合現地解散(←私このパターン多いかも・・)で観光におつきあいいただきました(いや正確には案内してもらったや!)。
詳細はまた書きますけど、かーるさんは約1年前までティチーノの某町に住んでらっしゃって、

か:うちのコムーネ(市)もあのサイトには入ってなかったと思うよ。
  〇〇市(←コムーネの名前)のサイトにあったから。
  Luganoもそうじゃない??

とのこと!

そして探すと・・・

あったぁ~\(^O^)/

しかしその名はCarta Giornaliera Comuneではなく・・

Biglietti Flexicard!

いやいやなんで名前変えはるんやろ??
そりゃ~なかなか見つからんはずです!

サイトはかーるさんのコムーネと同様、Luganoのコムーネサイトにありました(こちら)。

まずこのチケットをゲッツ(の人どこ?ってもうええっちゅうねん(+_+☆\(-_-) 失礼しました。。)するには(と私のイタリア語訳大丈夫か?!)・・・

・Lugano市民限定
・1人につき年間10枚限定
・これは2等車用の1日乗車券でスイス国内の全ての鉄道網が利用可能
 出発駅で差額を支払えば、1等車も利用できる
・チケットは無記名(航空券のように名前が入ってない)
・料金は35スイスフラン
・チケットの予約不可
 直接LuganoのPuntocittàの窓口で購入・受取要
・このチケットの数は1日20枚限定
・いかなる場合も払い戻し不可


cA_riNoさんのブログでリンク貼られてる先のコムーネは他のコムーネの人たちも値段はやや割高になりますが(と言っても普通の運賃よりはず~っと得!)購入可なのに対し、Luganoは住民限定とうたっています。
さらに1人につき年間10枚とも。
結構厳しいなぁ・・

今回使ったCarta Giornaliera Comuneについて少し・・
Lugano市内を走るTPLというバスがあるのですが、このバス、およびLuganoの国鉄の駅~チェントロまでのケーブルカーのもこのチケットはカバーしてくれました。これは実際係の人に聞いて乗ってきました、両方とも!
※他にもこれも乗れますよ~とかあったら教えてくださいませm(_ _)m

LuganoのBiglietti FlexicardもTPLとかケーブルカーとか使えるんかなぁ・・
今度取った時にまたレポートするようにいたしま~す♪

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

コメント

おトクなチケットですね~♪

ご無事に戻られ何よりです。
ご紹介のチケット、
以前にシャフハウゼン(ドイツ語圏)に住んでいる友人が
同じようなチケットの話をしていました。
ルールを拝見すると、若干異なるような気もしますが、
各自治体で似たようなおトクチケットが存在するようですね!
夏の間に遠出をしたい私も、地元の自治体に要チェックです(*^_^*)

私のブログのリンクを貼って下さり、ありがとうございました♪
私のブログにも、
Giannaさんのブログをリンクさせていただいてもよろしいでしょうか?

久しぶりのコメントです!

Giannaさん、おかえりなさい!
それにしても、本当にブログ、こまめに更新されていて、脱帽です‥私、本当に怠け癖がありまして、本当ならGiannaさんみたいに毎日更新したいのに、かなりのムラが‥ネタだけたまって、そのまま葬りさられるパターンになりつつあります(涙)
Giannaさんのブログも、遡って読ませていただきますー!!

さてさて、ルガーノにもあったのですね!毎日の販売枚数が20枚というのが、さすがルガーノ。うちは確か5枚だったと思います。ちょっと補足すると、うちの市は市外の住民も購入可ですが、市によっては住民限定ということも。
あわせて、どうやらうちの市では一人の年間購入枚数は限られていないので、また必要なときがあれば、遠慮なくいってくださいね♪私が購入して、ドイツ語圏の実家に送ったり、または日本から来たお友達に渡すのも可!ということになるので、よそからお客様が来られたりして案内するときにも早めに購入できればお得ですよね!公共交通機関が割引になるっていうのは、本当にうれしい限りです♪またお得な情報あれば、教えてくださいね!!

よろしくお願いいたしますm(_ _)m

リンクの件、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

電車のチケットの件、ほとんどすべてのスイスの市で提供されているようですね。スイスって電車代が結構するのでこれを知ってると知らないとは雲泥の差!と思ってしまいました(笑)。
これがあると遠出もしやすくなりますね♪
もしやフランス語圏にいらっしゃったとおっしゃってたのはこちらのチケットをご利用でですか??
実は私も1度このチケットでジュネーヴまで弾丸日帰り旅行をしたことがあります。
お得感は満載でしたが、疲れ度を考えるともう2度とやりたくない・・と思っています(苦笑)。
まぁ諸事情でいたしかたなくやったのですが・・

元気ですか~?!

凄い毎日お忙しそうですが、体調はその後大丈夫ですか?!?!
ブログの更新・・
いや~cA_riNoさんほど忙しかったら私も毎日更新は無理無理!!自分の無理のないペースで更新するのがベストです!!これはお仕事じゃないし(笑)。
私も相方の実家に帰ってる時とか、旅行中は放置ですよ~!既にかなりゆる~い生活ですが、細菌は更に『無理のない生活』がスローガンの怠け者です(苦笑)・・

このチケット・・
ほんとごめんなさい<(_ _)>
かーるさんに教えていただくまではLuganoにもあるって思いもせんかった(汗)・・
cA_riNoさんのブログに掲載されてるサイトのコムーネが全てかと思ってました。
ってか、ドイツ語圏のサイトはすごい整理整頓されてるのに、やっぱティチーノのはやや自由な感じですよねぇ(^_^;)

見つかってよかったですね

さすがルガノ、年間10枚の制限つきとは!でも35フランなんて安い安い!私がいた町では、1日4名様までで40フランでしたよ。ちなみに今いる町は42フラン・・・ほんと自治体によってエライ差ですわ~。
TPLにもケーブルカーにも乗れてよかったですね☆

ありがとうございましたm(_ _)m

別にあるかも・・って教えていただかなければ、「ない!」と決め込んでましたから(-_-)
しかも名前が他のところと違うし・・
そりゃ~見つからんわ・・って感じです(苦笑)。

1日につき20枚と言えどもやはり競争率は高いようで、結構残数0になってることが多いようです。
元いらっしゃったところの40は高いですね!!
cA_riNoさんのコムーネだと確かコムーネ外の人が取ると40だったんじゃないかな・・(コムーネ内の人はLuganoと同じく35です)。

電車が着いたらちょうどケーブルカーが来てて、本当はバス1本で帰れるんですけど、一回聞いてみよ~と思い聞いたらOKだったんで、「あっ?!乗りません・・」って言いにくくなって乗りました(苦笑)。だったらバスも聞いてみたれ~!とチェントロから乗ったんですけど、待ち時間の方が長くって、歩いて帰ったらよかったってちょっと後悔しましたけど・・まぁ結果オーライということで♪
次回からは聞かずに乗れる&使えます♪♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)