Juuuust chillin' out!! Civitella del Tronto(7月10日)

Civitella del Tronto(7月10日)

じょばさ~んお待たせ~(って呼びかけんなって?!)♪

Pescara滞在中の日曜、そう、それは実は私の誕生日でもあったので・・

G:どっか連れてってくれ~o(*≧◇≦)o
  ほんまはCinque Terreに行くってって約束やったのにぃ~o(*≧◇≦)o
相:えっ(◎o◎;)
  Cinque Terreは無理やろ・・
  だいたいそんな約束してたっけ(-"-;A ...
G:絶対してたしっ( ̄- ̄メ)

と変な逆ギレをしましたが、よくよく考えたらCinque Terreはヴァレンタインの日に行こうと私が言い出したくせに、やっぱり寒いからやめると言ったのでした。誕生日は特に何の約束もしてなかった(+_+☆\(-_-)
すまん、相方・・今思い出したよ(苦笑)。

そうとは知らず焦りの相方!

相:ここはどう?!

とPCを持って提案してきたのが以前この本↓を見て
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)

ず~っと行きたい、行きたいと雄叫びをあげていたCivitella del Tronto

トロント言うてもカナダちゃいますよ~(+_+☆\(-_-)
こんなところ↓にあります!
Abruzzo100711.jpg
※クリックすると地図が拡大します。

何気にこの地図重宝やな^m^
常にPescaraに赤丸がついてるのは指針として(ってそんな指針はいらんとか言わないで~!!!)☆

ちなみにここCivitella del Trontoはイタリアで最も美しいボルゴの1つで~す\(^O^)/

ってボルゴとはなんぞや(∂_∂)?
borgoと書きます。
定義・・となるとちょっと躊躇しますが、くみこさんによると「昔に大きな町であったものがそのまま残っている、しかし今となっては村や集落になったもの 」と訳されていました。
いやぁ~先輩(って年はすっごい私のが上ですが・・)勉強になりますっ!

と・・
はよ町の話にいかんとじょばさんに頭突きされるから(ってこれはオフ話??ukoさん記憶がよみがえってきた??)(-"-;A ...アセアセ

ひとまずPescaraから高速ぶっとばして(って距離もなくナビちゃんによるとすぐに高速降りましたけど・・)一路Civitella del Trontoへ♪
ナビは結構、結構な道をナビってくれて

相:普通の道が絶対あるやろっ(ーー*)

とキレるほどの凄い砂利坂道やら車が1台通れるか?って道を急ぎなんとか到着!
まず目の前に現れたのはChiesa di San Lorenzo(聖ロレンツォ教会)↓。
10071101.jpg

写真向かった右手にちっこく門というか町へ抜けれる入口見えます?
そこをくぐると・・

10071102.jpg
↑お花が飾られた建物が出迎えてくれます♪

正面を見ると・・・
10071103.jpg
↑石造りの家に囲まれた石畳の小道が伸びています。

まずはここから町歩き・・・

※長くなるんで続きに書きます。



小さな町なのですが、またまた教会発見!

10071104.jpg
↑Chiesa di San Francesco(聖フランチェスコ教会)

写真を撮りませんでしたが、これらの他にも2つ3つ教会を見かけました。

10071105.jpg
↑まさに城塞都市(村か?)って感じの家並みが続きます。

10071106.jpg
↑小学校!

10071107.jpg
↑その横にはなぜかエジプト風の噴水(>_<)

10071108.jpg
↑基本進んで行くのはこういう感じの上り坂小道。

10071109.jpg
↑イタリア一狭い小道!

10071110.jpg
↑この先が一番狭い!とはさまりそうな相方(^_^;)

10071111.jpg
↑いえいえ挟まりません!

10071112.jpg
↑反対側にも同じ表示がありました。

ここCivitella del Trontoの一番のメインは(と自分は思ってる)Fortezza(城塞)!
そろそろFortezzaへ・・と思ったら

行き道が閉鎖されてる( ̄ロ ̄lll)

相:無理、無理!
  諦めろ!!
G:いやだ!
  ちゃんと書いてる字を読め!!
  どっかからかは登れるって書いてるやろがっ!
相:(-"-;A ...アセアセ

うっかり八兵衛(←相方)との旅は注意が必要である!
そして登り口を発見し、いざFortezzaへ♪

10071113.jpg
↑曖昧情報ですが(だったら言うな!)確かイタリアで2番目に大きい城塞じゃなかったかしら・・
昔の勢力を感じるでかさ!

10071114.jpg
↑さらに奥に進む!

10071115.jpg
↑大砲を打つ場所から外を眺めると緑が広がっていました。

10071116.jpg
↑どこでも入る相方。
元牢屋だけあって何だかいや~な空気。私はパスしました。

しばし城塞風景をお楽しみください。
10071117.jpg

10071118.jpg

10071119.jpg

10071120.jpg

10071121.jpg
↑何かの鐘で説明が書いてたけど見逃しちゃいました(^_^;)

10071122.jpg
↑↓勢力感じません?凄いところにたってるでしょ!!
10071123.jpg

10071124.jpg
↑多分兵士たちの住居跡。
長屋のようのこれが結構続いてました。

10071125.jpg
↑↓風のせいか?崩れてる部分もありました。
10071128.jpg

10071126.jpg
↑城塞内には元〇〇屋ってのがたくさんあり、ここは元パン屋。
中には窯の跡もありましたよ。
ちなみに相方は蜂に気づかずご機嫌さんです(苦笑)・・

10071127.jpg
↑井戸の跡。

え~、ちなみにですが・・
ここに来るには・・

10071129.jpg
↑行きはよいよいエスカレーター

10071130.jpg
↑帰りはしんどい階段(;´ρ`)

このFortezzaの中にはFortezza e Museo delle Armiというミュージアムがあります(有料)。
Armiというだけあって大砲やらピストルやら軍事系の展示となっておりました。
ちなみにこのミュージアムは季節(月)によって開館時間が異なるのでいらっしゃる方は時刻チェック要です!

いやはやAbruzzoにこんな場所があったとは相方も知らず&初体験だったみたいで満喫&満足の小旅行となりました(*^_^*)
ありがとね、相方♪



Fortezza e Museo delle Armi
※2011年7月15日現在の情報です!
開館時間:11月~2月  10:30~16:00
       3月&10月   10:00~18:00
       4月&5月&9月 9:00~19:00
       6月~8月   10:00~20:00

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

コメント

詳細レポートありがとうございます♪

わ~~~い♪レポートきた~~vv
近く走ったことあるのに知らなくてショックですぅう~
このBorgoサイト、要チェックだな!

昔ながらの素朴な小さな町・村…というのが
私の持つBorgoというイメージなんですが、
城壁のせいもあるんでしょうが、
Civitella del Tronto ってすごい立派!!
まさに堅固な要塞!!ですねvv よく残ってたなぁ~

こ~ゆ~ふうにぽつねん♪って町があるのってドラマティックだし
外からも中からも眺めがいいし、ビジュアルからしてそそります♪♪
町並みも良い感じ♪
見てくれがカッコよくても人が住んでないと、町は生きてこないですからね

で、笑っちゃったのは「狭い道」ってどこにでもあるんだ~って
アタシも見に行ったんですよ「狭い道」に(笑) マルケですけど
http://ilvento2.exblog.jp/i43/

で、またまた大爆笑は
>>うっかり八兵衛(←相方)との旅は注意が必要である!
同じこと言われました…旅の相棒Kチャンに……
だからアタシと行くとかなり危険です…いろいろ…(笑)

アブルッツォって山が多いから他にもたくさんステキなborgoがありそう
サイトみても掲載数多いですもんね
あ、スカンノもそうなんだ~
また他のborgoも攻めまくって教えてくださいねvv
詳細レポートありがとうございました♪

ああっ

私の適当な定義が・・・いやいや、一応、自称ボルゴおたくの私の経験上こいいう感じかな、と・・・だって辞書で引くと大きな町・・・って絶対違うやろ!みたいな訳が一番に出てきたもんやから・・・でもうちの近所にある大きめの町でBorgo San Lorenzoというのがあるけど、こういう前にボルゴがついてる町って昔から大きくて今も大きいパターンが大きい。私のイメージでもジじょばさんと同じでボルゴっていうと小さい素朴な町が多いけど、城砦とか町のつくりとか見ると、昔昔は重要な町やったんやろうなぁ、と。

なんかボルゴ話でひっぱりましたが(苦笑)、やっぱええねぇ!でも私は観光地図で空から見た、城壁にぐるっと囲まれた図を見ていたので、それがほしかった!・・・って、ヘリコプター乗れって言うんかいっ!!っツッコミ~。

まだまだええボルゴはいっぱいありますよね♪あ、でもI borghi piu` belli の推薦ボルゴ、あたりはずれあり。実際に行ってみて?と思うものとか、私が一押し!と思ったもんが選ばれてなかったとか・・・ま、普通やなと思ったオルチャのボルゴで、えんらいこのサイトのマークの旗がたなびきまくってて、もしかして選ばれるためにお金払ってるとか?とちょっと勝手なかんぐりが入ったりもしております。あ、これはあくまでも私の私見なんで、やっぱり実際に行ってみて判断してくださいまし~!!

マルケの方みたいですね!

おぉ~マルケにもそんな表示が!!
で、wiki見てみたら(http://it.wikipedia.org/wiki/Civitella_del_Tronto)じょばさんが行きはったところが正当に一番狭いみたいです。だってここはそんなまっすぐ(ふらふらとは歩けませんけど)歩かんでも私は普通に通りましたから(笑)!

ここってば結構有名なんか、行った時間も時間やったのに、観光客の車が結構駐車されてました。そしてツアーなんかして城塞の中は中団体さんがいたりしてたし。
近くまで行きはってんやったらショックですね・・まぁまぁまた次回Abruzzoに戻るチャンスと思って♪

ほんまイタリアって遺跡とか古い建築物とかの使い方うまいですよね!日本やと遠くから眺める・・風が多いけど、ほんまそこにあって「触ってええんかいな・・」って恐縮してしまうぐらい放置というか、関大にどやっ!って感じで佇んでいる!やっぱ人が来てお金落としてもらって、そのお金で修復してって感じでお金がいいように巡回してるんでしょうね。

うちの八兵衛とのスカンノ小旅行話しましたっけ??実は私、スカンノにも行ったんですよ、随分前!でも行ったんがいつもの通り遅くって着いた途端にマンマから「晩御飯までに帰ってこい!」って電話が入って、何も見ずにサルシッチャだけ肉屋で買って帰ってきた・・って言う最高におバカ旅行だったんですけど・・リベンジ要です!

何をおっしゃる!

実はボルゴって何って訳そう・・って迷ってググったら「うぉ~!!すっげぇぇ~!」って思ったサイトがあって、「待てよ、このサイトどっかで見たぞ!!」って思ってオーナー名みたらBINGO!くみこはんでした(笑)!!師匠、凄過ぎ!!

ボルゴの中にはほんまヘリチャーターして空からみたら凄いやろうな~って思える場所がありますよね。Abruzzoは場所的にもそんなところが多い気がします。さすがにヘリをチャーターする財力がないんで車で回ってますけど(笑)。
カナダのナイアガラの滝はヘリで空から眺めるって言うツアーもあって、人数が集まったら離陸!これに乗ったんですけど、8人ぐらい乗ったんやったけなぁ・・そんなに支払った記憶はないんですけど。そんなんイタリアでもしてくれんかなぁ~と夢見てます♪

ボルゴ、私も目覚めましたよ~!このサイトええな~って思ったけど、やっぱ当たり外れあるんですね?!目星を付けた時は他の情報とも読み合わせてから行くかどうか決めるようにしま~す♪

No title

いや~頭突きね、マジ痛いっすよ~^m^
とか告げ口したらまた頭突きだね~お~こわ~T_T
遂に念願のcivitella del tronto行って来はったんですね~☆
ボルゴの写真萌えるわ~
やっぱり私は移動手段のメインが歩くこととせいぜい馬だった時のコンパクトなスケールで作られたまちにすごい魅力を感じます。ちなみに私は、こういう朽ちてる系のボルゴで、往時の暮らしに思いを馳せて風景を重ねるのが好きです。住居跡とかお店跡って解説があったらさらに想像が膨らむわ~景色もいいし是非行ってみたいわ~

是非是非!!

お城があったってのは知ってたけど、まさか城下町風になってるとは知らんかったから意外な喜びでした!
住居跡、お店の跡など、当時の暮らしぶりが垣間見れた感じがして何とも素敵なサプライズでした♪

城塞に向かう途中、行きはエスカレーターやったから一瞬「えぇぇぇ~興ざめ~!!!」って思ったけど、そこを除けばほんと素敵でした。是非是非行って欲しい場所かも!!ただここに到着するまでが「絶対車なかたら無理やろ?!」って感じのロケーション(多いですよね、Abruzzo!)です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)