Juuuust chillin' out!! Festa della raccolta

Festa della raccolta

昨日は珍しく(!)スイス近場の旅!

相方はLausanneでやってたFestival de robotiqueにも行きたかったみたいなんですけど、前日仕事でComoに行ってて帰ってきたのが夜の1時ごろ。それから

相:お腹減った~!!!
G:えぇ~?!
  今まで何も食べてへんの???
相:食べたけど、ビール飲んだらお腹減った(6 ̄  ̄)
G:(._.)ノ コケッ
  何もないで~!!
相:( ̄- ̄メ)
  何もないってなすのミートソースグラタンわぁ~!!
※前日の残り
G:そんなん晩御飯に食べたよ!
相:全部食べたんかっ( ̄- ̄メ)
G:全部って、あんたっ(ーー*)
  その前の晩もつまみ食いして、今日もお弁当に持って行って!
  そんなに残ってないやろ、普通(ーー*)
相:( ̄∇ ̄;)
  チーズ食べます・・

そりゃ~痩せんわ、あんた!!

もとい!
そんなこんなで2時ごろまでうだうだしてたんで、当然起きたのも遅く(!)4時間ほどかかるLausanne行きは断念。

相方は最後までFestival de robotiqueとFesta della raccolta Tee-Erntefestのどっちに行こうか迷ってたんで、Festa della raccolta Tee-Erntefestに行くことにしました♪

場所はLuganoから車で30分ほどのAsconaという街付近のMonte Verità。
そこにはCasa del Tèという日本やその他の国(中国やマレーシアなど)のお茶を販売しているところがあります。
そこでのイベントが昨日と今日あるのでそれに参加しました。

110507RT01.jpg
↑静岡からいらっしゃった方による手揉みの実演中!

見えます?!
このお茶を扱ってらっしゃる台は温かく、この上でお茶の葉を揉みながら

①水分を飛ばす
②茎の黄色部分も緑にし、葉と単一の色調にする
③茎の硬い部分も柔らかくする

そうです。

葉を摘んでからお茶が仕上がるまでは5時間かかるそうです。
ちなみに我々の到着前に作業は行われていたようで見てなかったのですが、この前工程として

①葉を摘む
②蒸す
③揉む(上の工程)&乾燥させる

があるそうです(確か・・ちょっと不安になってきましたので、間違ってたらご指摘を!)。

サロン内には他にも
110507RT02.jpg
↑書道の展示
※実はこれ、Eさんといううら若き在Locarnoの日本人の女の人が書かれたみたいで、当日もお着物でいらっしゃってました。Eさんとおっしゃる方なのですが、

E:cA_riNoさんと知り合いなんです~!!!
  ネットで知り合ったのでまだお会いしてないんですけど・・

とおっしゃってました!

世界は狭いとまたまた思いました(笑)。

110507RT04.jpg
↑新茶のプロモーション!

そして外に出ると
110507RT05.jpg
↑奥の白い建物がCasa del Tèの建物

110507RT06.jpg

110507RT07.jpg
↑お茶の葉です

さらに奥に進むと
110507RT08.jpg
↑合気道デモ

一通り見た後Casa del Tèに入った。
中にはお茶室があり、お茶室前で
110507RT09.jpg
↑相方仁王立ち(苦笑)

110507RT10.jpg
↑お茶や↓茶器の販売もされてます
110507RT11.jpg

販売されてらっしゃるお茶の試飲(有料)もできるので、試飲することに!

私はお抹茶(特別に!)、相方は静岡の山の茶を試飲することにしました。
110507RT12.jpg
↑試飲のお茶が車でパンフを読む相方はご満悦♪

本来はお抹茶の試飲はされてないと思います。
この日実は16:00からお茶会がこのお部屋で催されていました。
それに

相:行きたい!!

と張り切っていたのですが、

満席(T_T)

そのやり取りをお茶会の用意をされるここの方が見てらっしゃったので気をきかせて「お抹茶、特別にいかがですか?!」っておっしゃってくださいました。
なのに相方・・

相:う~ん、でも山の茶って飲んだことないから山の茶にする~o(^-^)o

ほんまマイペースです(^_^;)

Ticino(我々が住む州)にこのような施設があるということは嬉しい発見!
このイベント時以外にもお茶をふるまってくださる日があるみたいなので、また折りを見てお邪魔しよう(*^_^*)

お茶をいただいた後、せっかくマッジョーレ湖(LocarnoやAsconaはうちが住んでるLugano湖とは別のMaggiore湖という湖の付近)地帯に来ている&私はLocarnoに行ったことがなかったので、一路Locarnoへと向かうことに・・

※Locarno話へ続く・・

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

コメント

お~!スイスに来たての頃、こちらのお茶のチラシを会社の上司からもらった記憶があります!結局注文したことはありませんでしたけどね。日本に帰国すると、いつも静岡のお茶を買った後、専用の子袋に移して冷蔵保存すると結構風味が保たれるのです。だから買う必要がなくって。でも、こんな風に茶畑があったり、デモンストレーションをしているとは全然知りませんでした!こんな空間があるとは・・見てるとなごみますね。

やはり有名なんですね!!

私はフランクリンカレッジのイベントに参加するまで知りまえんでした!!
やはり有名なんですね!!
静岡からいらっしゃってた手揉みをなさってた方から伺ったところ、Asconaあたりの気候は日本(だったかなぁ・・)の気候に似ているのでお茶栽培ができるっておっしゃってました。

私は関西なのでお茶と言えば京都の宇治なのですが、静岡のお茶もおいしいですね♪ひとまず今のところは私も京都に行った時に買い込んだお茶があるんでそれがなくなったら・・って思っています。

お茶畑やお茶室があることにほっこりするってことに、あぁ~やっぱ日本人やなぁ~と私も思いました(笑)。
ほっこりできる空間が比較的近くにあってかなり安心です!!

へえ~
スイスにこんな「いきなり日本??」と思ってしまいそうな場所があるんですね。日本に限らず世界のお茶が揃っているにも関わらず、日本茶もだけでも豊富ですね!さすがお茶の家。これってスイスの方が買って帰られるんですか?それとも日本の方向け?

スイス人とちゃうかなぁ?!

意外とこのTicinoには日本文化が浸透してるって言うか、盆栽マスターみたいなスイス人がおったりするんよ~!!
ここも今回が初やったけど、私らがショップ見てる最中でもスイス人(やと思う)がテイスティング(有料)したり、お茶を買って行ってたりした。なんで、顧客はスイス人が多いのかなって思いましたけど・・
多分日本人は里帰りした際に購入してきたり、ukoさんが我々に送ってくれたみたいにお友達や家族が送ったりしるんじゃないかなぁ?!

お寿司とかもすごい人気やよ~!!
6年前(やったかなぁ?!)に来たときはそんなに感じんかったけど、今回はやけに和食コースを受講したよ~(多分寿司)って人や、盆栽を持ってるとか、生け花を習いたいとかって人に遭遇してます。
何か日本の古典文化やっときゃよかった~って後悔してるもん・・
でも今一番習いたいのはボサノバギターかなぁ(爆)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)