Juuuust chillin' out!! Pasqua ~ 4月24日(日)

Pasqua ~ 4月24日(日)

2005年のPasqua同様、Pasquaのお食事は叔父様のお宅でってことになっている(みたい)。

今回は寝坊&遅刻することもなく(!)お義兄さんの車でマンマと我々2人の計4人で一路隣の州(マルケ)にある叔父様のお宅へGo♪

寝坊&遅刻もなく一安心・・と思ったのもつかの間・・

マ:子供(叔父様の孫)のプレゼント買った?!
相:( ̄∇ ̄;)
マ:買った??
相:・・・
  忘れた・・
マ:(ーー*)
  今日はPasquaでお店もしまってるのにどうするの?!!
相:サービスエリアでたまごのチョコでも買うわ!

が・・・

いけてるたまごチョコなし!

マ:(ーー*)
  どうしていつも肝心なこと忘れるの?!!
  これからはあなたには言わないわ!
  Giannaに大事なことは伝えるからっ!
相:(+_+)

高速をおり、叔父様自宅付近で

G:今pasticceria(ケーキ屋かな?!)発見!!
マ:今日開いてるお店はないでしょう?!!
G:でも開いてた!!
相:走ってみてくる!!

やっぱ開いてました!!
ひとまずかわいいたまごチョコを購入した相方。
一同、ほ~ ε-(´▽`)
そして叔父様宅へ♪

そんなこんなでやや遅刻気味の我々(苦笑)。
叔父様宅には現オランダ在の息子さん家族(奥さんと娘さん。この娘さんが3歳(?)の誕生日だったみたい)も里帰りしていた。

11042401.jpg
↑遅刻気味の我々を待ちわびてすでに前菜はセッティングされていた。

11042402.jpg 11042403.jpg
11042404.jpg
↑一通り皿に盛った第1弾目。
これは私のお皿で横の相方の皿を見るとさらにてんこ盛りになってました。
ちなみに私は1回おかわり、相方は3回ぐらいおかわりしてた様子・・

11042405.jpg
↑プリモのラザニア。
2005年はティンバッロって書いてたけど、よくよく考えたらこの時もこれ↑と同様ラザニアやったんとちゃうんかと今思ってます。中身はきのことお肉でした。
ティンバッロとラザニアはパスタが違うみたいです。
ティンバッロはクレープ生地、ラザニアはパスタを使用。
具はそれぞれお好みって感じなんでどっちも色んなバージョンがあります。

このラザニア激ウマ!
相方はおかわりしてました(ってまたかよ!)。

11042406.jpg
Colli RipaniのNinfa Ripani。
マルケ州の白ワインです。
ちなみにここまでには前菜の1枚目の写真にちらっと映ってますが、ロゼも一緒に出てて、好きな方をどうぞって感じでした。勿論私も相方も両方いただきましたが(笑)。

11042407.jpg
↑メインの羊!
これが超~柔らかでジューシーでいくらでも食べれる!!って感じでした。
ちなみに相方はひつこくいくらでも食べ続け、またまたマンマの逆鱗にふれました(* ̄m ̄)プッ

11042408.jpg
↑羊とくれば赤!
これはどうやら相方が以前に叔父様にプレゼントしたスペインのRioja。
確か199?年もので

叔:大丈夫かなぁ~?!!
  ちょっと飲んでみて~!!

とまずは私が試飲。
叔父様は私がワインの資格を取ったと聞いて以来いつも私に試飲させ意見を聞いてから自分も飲むかどうか決めるように最近なっている^m^

叔:どう?!
G:おいしいですけど、まだ開いてないです。
叔:え~?!!
  でも4時間前から抜栓してるんやで~!!
G:う~ん、でもまだ開ききってないって感じです。
叔:どれどれ!

叔父様一口試飲。

叔:ほんまやなぁ!
  おいしいけど、まだもうちょっとか?!

その後ボトルが半分ぐらい開いたころに思い出したかのごとく、

叔;うん、今の方がおいしい!
  まだ開いてなかったなぁ~!!

とご満悦でした。

なぜかこの叔父様の私への評価が異常に高く、私のすることなすこと感心してくれる!
何も意図せず普通にしてることも

叔:ほら見たか?!!
  やっぱこうじゃないと!!

といつもみんなに報告(^_^;)

いやはやイタリア人家族の中には外国人嫁を嫌がる人もいるって聞くけど、私は非常にラッキーなのかもしれません。
マンマも今回到着して早々、

マ:ほんと日本人の奥さんをもらってくれてよかったわぁ~!!

と謎の絶賛。
相方一人が腑に落ちず

相:みんなはお前の本性を知らなさすぎる!!

と反論していた。
もちろん二人になってからしばいておいた(+_+☆\(-_-)

その後はデザートオンパレード!
11042409.jpg
↑まずはイチゴ。
これはイチゴをカットし、レモン汁とお砂糖で和えたもの。
マンマもこれしてた。この時期はやりなのかしら??
それとも相方一家のはやり???

11042410.jpg
↑叔母様お手製のティラミス。
これが激ウマで速攻レシピを叔母様からゲット♪

11042411.jpg
↑やっと巡り会えました☆Columbaちゃん♪

叔父様のお孫さんはこの上の砂糖と乾燥フルーツのみを食べ

孫:後はいらない!

とお父さん(叔父様の息子さん)に返却してました(* ̄m ̄)
確かに他の部分は砂糖とかの部分よりも甘くないもんね!!

いやはや2時ごろからスタートしたお食事が終わったのは夜の7時!
外はまだまだ明るいから気づかなかったけど、5時間も食べ続けてたんですね・・

勿論この日の夜は私と相方は夕食パス!
※相方はすべてにおいておかわりしまくってたし!

しかしお義兄さんは家に帰って夜の10時ごろからまた何か食べてた。
恐ろしや相方ファミリー!

※Pasquettaへ続く・・

コメント

あああ、もうどれもこれも。

涎モノのお料理ですね~。くぅ~美味しそう。

でもこれ、まだまだ続くんですよね。(笑)
大食らいだと思ってはいたけど、海外で食事すると私って小食!なんて錯覚しますよね。。。
これだけ食べても太らないイタリア人て凄いかも。
相方さんも写真で見る限りそんなに太って見えないしー。

イタリアはきっとどこでも・・・

いちご+レモン+砂糖=フラゴリーネはイタリア皆これやない?生で食べるいちごを見たことがないほど・・・うちのいちご好きの長男は、最近フラゴリーネはいやで“日本みたいにしてや!”=生でそのまま、と言います。
しっかし、やっぱどこでも肉・肉・肉!!うちは羊、フリットやったから尚更きっつかったわ~!

お腹集中かも!

結構私の年代やそれ以上の人たちはお腹にきてると思います(笑)。
だから前からの写真では気づかないかも・・
でも横から撮ると・・みたいな(苦笑)。
いやぁ~これだけ食べればやっぱ太ります!
私も増量で帰宅でしたから(-_-)

しかしこれだけヘビーなお料理はやはり何かのイベント時のみというか普段はここまで食べないです(多分)。
特にこの季節イベントもんのドルチェ(パネットーネしかし、このコロンバしかり!)は結構カロリー↑↑やな~っていつも思いますけど。相当食べた後のこれらのドルチェはまさに最後のとどめ!!って感じ(^_^;)
最近私はこっちの人と同じぐらい食べるようになってきたんでまさに要注意です!

フラゴリーネって言うんですね?!

知らんかった~!!φ(.. )メモメモ
そっかぁ~どこのイタリアの家庭でもこれってやってはるんですね?!
意外とこの時期にイタリアにいることがなかったからあまりイチゴ食べることもなく(日本みたく一年中食べなくないです?!)、知りませんでした。
やっぱ1年暮らしてみると(ってまだ半年やけど)色んな発見がありますね♪

えぇぇ~、くみこさんとこさらにフリットォォォ~(◎o◎)
そりゃ~ずっし~んってきそうですね(^_^;)
今年は2005年みたく第2のセコンドがなくって幸いでした ε-(´▽`)
反面、みんな年いってきてんなぁ~と思ったり(食がこれでも細くなってる!)。Pasquaに肉じゃないところもあるのかしら?!
PugliaかCampaniaは魚って聞いたことがあるようなないような・・

ラザーニアってアタシ大好きなんですけど、
なにげに店(レストランとか)のメニューにはなかったりしません?
家庭料理だから??とにかく、この写真に目がウルウルしてきます(笑)
と!ひつじぃい~~!!!!!
見るからにやわらかそう~~♪想像と妄想の嵐が吹きまくりますvv
でも……お祝いとはいえ、ホントによく食べるンですね~
なんかで読んだけど、お祝いの前後って極端ですよね(笑)

私は食べる人が大好きですし、
日本では親族が集まり食卓を囲む機会が少なくなってきてると思うので
まあ~多少腹が出ても(笑)
わいわい楽しむファミリーはとってもステキだと思います♪

確かに!

海外(イタリアとかここ)のレストランでラザニアって食べたことないですね!!
日本のイタ飯屋では何度かあるんですけど・・
これってやっぱ家庭料理やからでしょうか?!?!
ちなみにAbruzzoはティンバッロの方がメジャーな気がします。(憶測!)

羊まじうまかったです!!
叔母様は肩肉で調理されたみたいです。マンマは確かいつももも肉を使っていたように思います。肩肉の方が脂肪分ものっていて柔らかいんじゃなかったかな・・とうっすら記憶。

叔父様はマンマの弟さんなんですけど、州はマルケとアブといえ比較的ご近所さんなのでこの家族同士は結構集まることが多いです。
うちの実家も結構親戚集まって・・って言うのが多かったんで、こういう集まりは楽しいなって思ってます♪

uko

ケンシロウ並に「ぅわちゃーっ!」と怒涛のコメント返しするつもりでしたが、力尽きてきました…またボチボチ。
でも無視できなかったアブルッツォ料理。下手にその美味しさを知っているだけに、写真を見て悶絶してますT_T
らざ~にゃ~~、ひつじぃ~た~べ~た~い~T_T
んでまたワインが合うんだろうな~~あ~ええな~~
てか、アブルッツォではいつも「ティンバッロ」て呼んでましたが、あれはパスタ生地でなかったんやろうか??クレープ生地ってどんなのですか?(←甘いもの音痴)。
あ~!いよいよアブルッツォ料理が恋しくなってきた。にしても相方さんファミリーよう食べますね。(支離滅裂ですみません。空腹のせいです)

ありがと~!!!

う~ん今になってTimballoとLasagnaの違いがうまく説明できんくなってきました(^_^;) だってPastaって粉もんの総称でしょ?!ってことはTimballoもPastaやもんねぇ・・日本ではあまりなじみがないように思うけど、イタリアってクレープも日本で食べてるみたいな甘いデザート的なんとトンノとかハムとか入れたサラータって呼ばれてる食事用(って言うのかなぁ?!デザートじゃないやつ)のがない?!
いずれも生地は一緒やと思うんやけど、う~ん、この生地がLasagnaとは違うんとちゃうかなぁ?!
と書いて、私ってば生のLasagna生地を見たことがないもんやからちょっと不安に・・私のイメージではLasagnaって市販の長方形の乾麺がイメージやねんけど、Timballoはクレープ用の鉄板で焼くから丸型で生(乾燥してないって言う意味で)。でもどっちもFarina使うし、卵も使う(よねぇ、Lasagnaの生地にも)しで、どう違うの??って聞かれたよくわからんくなってきました(*x_x)
ここ見てみて!
http://www.cucinagustosa.com/?p=5188
Timballoに使う生地(クレープ生地)ってこんな感じ。

うちのファミリーだけがよく食べるんかなぁ?!
アブ人ってよく食べへん?!
相方ってばよ~食べるなって思ったけど、友達とかと出かけたら若干食べる?!ぐらいのレベルで(笑)、みんなも結構食べてるなぁ・・

この羊、まじウマでした!!
私が今まで食べた羊の中でも3位までに入る!!
叔母様はお料理上手なんです。さらに人数よって話ながらやともういくらでも食べれるって感じ^m^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)