07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

泣いてる暇はないのだ・・

2011年03月15日
地震が起こってからほぼず~っと家でPCとにらめっこ。
最初は信じられない、友達は大丈夫なのかと気が張っていたのですが、相方が出張に出た日曜から急にへなちょこになってしまい、昨晩は寝れず・・涙は止まらず・・

今朝は学校だった。
行くか行くまいか迷った。
地震後、イタリアやベルギー、フランスの友達はもちろん、相方の友達で面識のあるイタリア人からも家族は大丈夫か、私自身の気持ちは大丈夫かの確認と励ましのメール。
とても嬉しかったし、励みになった。ありがとう、みんな!

きっと今日学校を休めば先生やクラスメイトは心配するだろうな・・と思いボ~っとした頭のまま向かった。

クラスメイトは私の顔を見るなり、日本にいる家族、友達の安否の確認。
みんなの優しい気持ちが心にしみました。
地震のこと、原発事故のこと、私なりにクラスで少し伝えてみたいという思いもあり学校に向かったのですが、先生の方から

先:Corriere del Ticino(地元の新聞)に記事があったの。
  少し難しいかもしれないけど、みんなで読みましょう!

とご提案下さり、記事のコピーがみんなに配られた。

家では日本のTVのネット配信を主に見て、ご飯時にリビングでCNNやEuroNewsを見るという状況だった。
学校で更なる情報を得ることができたこともあって(クラスメイトやこの新聞から)行く気がなかったけど行ってよかったと思った反面、うまく伝えたいことが伝えられず、自分に腹が立った。

最近知り合った在同州のcA_riNoさんは私なんかよりもず~っとお若いのに大切なことをブログやFacebookを通じて発信されている。
私は何をしてるのだろう?!
何ができるのか?!!

まずはきちんと自分が住んでいる場所で使われている言語(イタリア語)を習得し、情報の収集や発信をできるようにしなければと痛感した。
そう、泣いてる暇はないのだ・・
できることからやっていこうと思いました。

被災地では寒い夜の中、もっともっと頑張ってる人たちがいるんだから・・
日記 | コメント(12) | トラックバック(0)
コメント
No title
こんにちは
お互いツライですよね・・
昨晩、静岡で地震があり、東海地震についても不安が煽られそうで、関東以西の人たちの気持ちも↓↓↓です。
関西に住んでいると、ニュースは常時流れているので「それなり」の情報は入りますが、無力を痛感するのは同じです。
阪神大震災と違うのは、ボランティアがすぐに入れない・・・など、「即対応」ができていないようです。できないのです。
企業も寄付を続々と表明していますが、混乱を避けるため、処理は業界団体でとりまとめるようですよ。
という具合に、「個々に動く」ことは難しいです。
「個人」としては、寄付はもちろん、自分の良いと思う団体を紹介するとか、Twitterをこんなタグがあることを知らせるとか細々としかやりようがないのかな・・と思い始めました。
私自信は、阪神大震災のときの記憶と、今回の映像が混ざり合い、気持ちの整理がつかないプチ鬱な日々を過ごしています。そんな人、関西には多いみたい。
なので、海外でも、Giannnaさんのお知り合いの方たちも心配してくれているって、心強いです!
わかります!
Giannaさんはかなり情報収集してらっしゃると思いますよ。私、Giannnaさんの情報を広げさせてもらいましたし、FBでのコメントで私もだいぶ落ち着きました。
ヨーロッパでは海に近いところに住んでいてもTSUNAMIがどういうものかわかってもらえず、かつ日本人はTSUNAMIを知っていたのでは?っていう質問に、超ド初級レベルでの英語(ドイツ語じゃなくてね)で答えざるをえなかった私。。。
やっぱり、その国の言語をがんばらなくてはいけないと痛感したこの頃です。
お互い、頑張りましょう!!!
一緒にやっていきましょう!
Giannaさん
無力な自分に対するもどかしさを感じていた一方で、異国の地でこれだけ心強く思えた日々はありません。
夫の身内だけでなく、いろんな方々が日本のことを自分たちの問題として捉え、何かできないかとこれだけ考えてもらえること、本当に涙のでる想いです。
そして、この時期にご近所でGiannaさんや前田さんをはじめとする心許せる日本人のお友達ができたこと、私のパワーの源になっています。この出会いに改めて感謝する日々です。

ブログに私のことを書いていただいて大変恐縮です。ただ、私も何かできないかと思い、書いてみたものの、この情報も全て誰かが発信してくださったものだったりします。そして今までのいろんなお世話になった方々からいただいた情報であったりします。私の知らなかったいろんな情報もGiannaさんからいただいています。私が発信できたのも、いろんな輪にいれていただいたおかげなのです。つながり、輪。改めてこれらの力の大きさを感じます。被災地でも、日本全土でも、海外でも、今これがベースになっている!
私、Giannaさんたちの存在、めっちゃ心強いです。何か、ここで一緒にできるような気がします。一緒にできること、私たちから発信できること考えていきましょう!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
本当に・・
関西からでも被災地に物資を送付できないような状況だと伺っています。国内で距離が近いだけにジレンマもひとしおなんだろうなと思っています。
本当に情報収集→流すことぐらいしかできなくって・・もっと何かができないかと焦るばかりで空回っている私です(苦笑)。
本当にお互い辛いですよね・・

せめて不安をあおるような不確かな情報だけは流さないようにしようと思っています。海外からの情報収集なので鮮度がとても心配だったりしています。

でも我々が元気で頑張っていかないと被災地の方々はもっとつらいだろうし。私も心機一転でTVをつけてながらではありますがイタリア語の勉強時間を増やしました。もっともっと色んな情報を早く、そして多量に摂取していくために・・
イタリアも地震大国なので、イタリアからの励ましメールが一番多いです。そのパワーをもらって私も頑張ります!

おっしゃる通り、阪神大震災組はあの頃を思い出させる出来事となり、比較的災害があまりなかった大阪市民の私以上に苦しまれていると思います。ariminminaさんもそのおひとりだと思います。一緒に頑張りましょ!
ありがとうございます
情報をただただ流しているだけでこれでいいのかと疑問に思ったりもしていて・・私のイタリア語はまだまだしょぼいのでやはりこちらでの情報収集はCNNに頼っちゃってる部分があるんですけど、ネットで見るNHKなどの情報に比べると鮮度がやや落ちるのか?!と思ったり、時にはCNN Syndromeになりかけちゃって(苦笑)、TVがつけれなかったりと・・ダメですね、ほんと・・

被災地の方々はもちろんですが、関東地区の方々もかなり痛手を受けてらっしゃるようですし、海外にいると意外とここの部分の情報収集が困難な場合もあるのかなと思ったり。私は東京にお友達が4人いるのですが、すべて東京出身者ではなく一人暮らしの人たちばかりです。ついついそちらが心配になってしまってそちら方面の情報が多くなっちゃったりしてるんですけど・・気を付けないと。。
お互い頑張りましょね!!何かあったらFBでもこちらでも呼びかけてください。
こちらこそ心強いです!
本当にお若いのにしっかりしてらしゃるなといつも励みにそして目標にさせていただいています。私は結構うっかりしていることが多いので、何か変な情報を流していたら是非お知らせくださいませ。

私も本当にいいタイミング(と申し上げていいのか・・被災者の方には恐縮です)でcA_riNoさんや前田さんと知り合えたと実感しています。それまでここTicinoに知り合いの日本人の方はおらず、またあまりスイスのこともわかっておらず、という状態だったので、きっと一人のままだったら泣いて終わってたような気がします。折れてはブログで、そしてFBでパワーをいただき、「泣いてる場合じゃない!」と今は微力ながらもできることをやり、これから先のことを考えています。

こんな時で何ですが、色々思っていることもあるのでまたお会いし、じかにお話できれば・・と思っています。ご検討くださいませ。
ありがとうございます
ほんまいつも気遣い女王ですね、ありがとうございます。

こっちにいて海外の人の反応がじかに体感できるのはいい経験やと思います。どうやってもらったら、どういってもらったら心が柔らかくなるかといういい勉強になりました。
頑張ります!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ありがとうございますm(_ _)m
コメントありがとうございます。
先ほどいただいたメールアドレスに返信しておりますので、お時間のある際にご確認いただければ幸いです。
こちらこそよろしくお願いいたします。
こちらは
こちら広島は被害なし なんだけど・・・
知り合いが福島県いわき市に居て、震災後連絡は取れました
でも今福島は原発が大変な状況で、物資がなかなか届かないみたいです
心配です
でも悩んでいても前には進まず まずは出来ることを
と言うことで義援金を預けてきました
ちゃんと被災した地域に使ってほしい
でも東北・関東の人は本当に強い!よ
頭が下がる想いです。
本当に!
被災地の方々はとても頑張ってらっしゃいますよね。私も頭が下がります。
日本を遠く離れている状況なので、ネットが唯一の情報源。
しかしこちらでは知りえない情報もあるようで、毎日心を痛めています。

こちらで知り合ったお友達と何かできないかと色々相談をしあい、遅ればせながら活動を開始し始めています。
我々もどこを義捐金の送付先にするかで色々と悩みました。きちんと必要な人たちの手元に届くように願うばかりです。

亡くなられた方々には恐縮ですが、いわき市のお知り合いの方とご連絡が取れてよかったですね。しかしこれからもまだまだ大変な時が続きそうで、何と申し上げていいのやら・・本当に言葉に詰まります。

管理者のみに表示