Juuuust chillin' out!! Lugano→Lausanne→Genève

Lugano→Lausanne→Genève

昨日も少し書きましたが、先週の日曜の夕方からスイスのフランス語圏に行ってました。

元々相方が仕事でやってるプロジェクトの1つが、ベルギー、ローザンヌ、ローマ、そしてルガーノの大学の研究室の共同プロジェクトで、その最終会合のために相方がローザンヌに行くことが決まっていた。
最初私は家でゆっくりする予定だったのですが、よくよく考えたら1月初旬までに在ジュネーブ出張駐在官事務所(日本領事館)に婚姻届を提出に行かないといけなかったので、便乗しよ~と思い立った。

G:なぁ~、一緒に行ってもいい?
相:いいけど、俺仕事やし!
G:ってか、私はGenèveに行くし。
相:だったらまた別の機会に一緒に行く?
G:1/7までに行く時間あるん?!!
相:多分・・
G:1/7って長く思ってるかもしれんけど、実質12/20ぐらいまでに
  行く時間があるかどうかってことやで!
  だって、クリスマスはあんたの実家帰るんやろ?
相:うん。
G:どうせまたクリスマス~エピファニア(1/6)までは実家やろ?
相:多分・・
G:だったらどう考えても無理やん!
相:・・
G:このチャンスは大いに利用すべきやって!

と、急遽日曜の夕方に列車に飛び乗りました。

ルガーノ~ローザンヌは約380kmの距離。
言い換えれば大阪~横浜ぐらいの距離です。
大阪から横浜やったら新幹線でだいたい2時間半ぐらいで行けるでしょ?!
でも、ルガーノ~ローザンヌは5時間半ぐらいかかります(^_^;)
それもルツェルンまたはチューリッヒで1回乗り換え(電車によります)付き・・

結局到着は夜の11時近く。
スイスって食事できる(レストランが開いている)時間が結構短いから、この日はすべてアウトで渋々マックで(-.-;) その前にマックで食べたのはいつだったか思い出せないぐらい前だったのですが、やはり体が受け付けず、寝不足での起床となりました(+_+)

しかしそんなことも言ってられないので、翌朝またまた一人電車に飛び乗り一路Genèveへ♪
Genèveに行くのはこれが2回目(前回はこちら)。
2010112901.jpg
やっぱ久々の大都会はいい!!
※ってすっかり田舎ルガーノ暮らしがしみついてきた私・・

ちょっぴり駅前で道に迷った&道を教えてくれたおばさんが全く正反対の方向を教えてくれたもんやから、在ジュネーブ出張駐在官事務所に到着したのはお昼の12時ごろ(◎o◎;)
因みにローザンヌ~ジュネーブまでは電車の乗車時間自体は約30分。
ホテルを出たんが10時半ごろやったってのもあるんですけど・・

一応受け付けは12時半までってなってたからブザーを押してみた。(1Fでドアフォン越しに用件を伝えてドアを開けてもらう方式。)
実は婚姻届のみならず、氏の変更届、在留届も提出しないといけなかった私(^_^;)
しかし外務省のご担当者O氏(声を聴いてたら9月に電話で問い合わせをした時も対応してくれた人やわ)はとても親切に、そして辛抱強くご対応くださいました。大感謝!
結果的には不備な書類1件、不足情報2件があって、本来なら再度・・ってことなんですが、

G:ルガーノから来てるんです(T_T)

と伝えると、

O:メールでお知らせください!

とご対応くださいました。ありがとうございますm(_ _)m

まだ日本にいた時に、日本で進めれることはした方がいいかな?!と、在日スイス大使館に電話して問い合わせた時に対応した女の人とは大違い!!この人の対応後に

G:絶対すべてスイスでしてやる!!

と固い決心をしたもんな(笑)。
ちなみにこの女の人いわく(面倒くさそ~に)

女:手続きはスイスではできませんよ!

だそうです。
全て完了しましたけど、何か?!!

時間的に昼(2時~)からの受付になっちゃうかな・・って思ってたけど、快くO氏がご対応くださり、さっさとGenèveでの用件は済んでしまった私。
でもせっかく電車に乗って来た久々の大都会Genève!
楽しまないと!!

まずは腹ごしらえ(←大事!)と思い、観光案内所で聞いた。

観:すごくいいところでお勧めです!

らしい。
しかしいつものごとく道に迷う。
よく考えたらメガネを忘れてた(>_<)

元々人見知りもしなければ、度胸だけはチャンピオン級の私。
道行く知らない人に

G:Excusez-moi! Vous connaissez ce restaurant?
  (すみませ~ん、このレストランご存知ですか?)
※因みにフランス語はこれが限界・・
人:Oui. ○※△§!◆・・・
G:(@_@;)
  Ahhh, parlez-vous anglais?
  (英語話せますか?←これが一番得意なフランス語フレーズ!)
人:話せますよ~!
  どこから来たんですか?
G:元々は日本ですけど、今はルガーノに住んでるんです。
人:えっ?!僕は元々ルガーノなんですけど!!
  このレストランはこう行ってあ~行って・・

と、地図上で道順を案内してくれた。
ええ人そうやったから、

G:ちなみにここっておいしいですか?
人:・・おいしいですけど、結構ヘビーですし、高いですよ。
G:それは嫌やわ・・
  どっかお勧めありますか?

で、別のレストランを紹介してもらった。
そこはベジタリアンのレストラン(私はベジタリアンではないですが、夜は相方の同僚たちとの夕食が控えていたので、軽めに・・と思いまして・・)でやや塩辛かったけど、まぁまぁいけるお味でした。

その人いわく、

人:いつまでGenèveに滞在?
G:今日だけ。
  今もローザンヌに泊まってて、明日はローザンヌ初観光で
  明後日早朝にルガーノに帰るから。
人:残念やねぇ。
  Genèveは今週末大きなイベントがあるんやよ!
Escaladeというお祭りです。
G:残念(>_<)
  いつかそのお祭りに合わせGenèveに来てみるわ!

因みにそのお祭りにはこれ↓がつきもんみたい。
2010112903.jpg
「Marmite de l'Escalade」って言うらしく、チョコで出来てて中にはマジパンが入ってました。
チョコ屋はもちろん、デパートでも売ってた。

G:相方のOnomasticoプレゼントにちょうどええわ!

と思い購入!
因みに相方の名前の聖人はいなくって、ミドルネームが聖人由来なんで、ミドルネームの聖人の日をマンマはいつもお祝いしてるみたいです。なので私もそれに便乗☆

Genèveはめちゃめちゃ寒かったけど、前回の印象とは違い、人は凄く優しかった。
改めて

G:都会はいいなぁ~( ̄ο ̄)

と慌ててローザンヌ行きの電車に飛び乗り、相方たちと会うために一路ローザンヌへ。

ローザンヌ観光のお話はまた別日に。
続きはその後の夕食会のお話を少し・・
ローザンヌ駅に到着後、スーパーで水やらを購入してからホテルへ。

しばらくすると相方が戻って来た。

相:行くで!
G:でも私も行っていいんかいな?
相:さぁ~?!
  いいんちゃう?

って、あ~た( ̄∇ ̄;)

ロビーにはボスがいた。

ボ:お~久しぶりぃ~!!
※結婚式に来てくれはったからそれ以来。

G:あの~私も行って大丈夫ですかねぇ?!
ボ:えっ?!なんであかんの??

って、そんなにアバウトなのね(^_^;)

場所はローザンヌ側の責任者の人が予約したBrasserie du Châteauというお店。

参加メンバーのほとんどはビールの本場ブリュッセル在の研究員さんたち。
一同、「やっぱビールはベルギーや!」とブーイング。
確かにBlonde、Bruneと試してみましたが、ちょっぴり薄めかも(^_^;)
でも中には(相方が飲んだのですが)Gingerというカナダのモントリオールやドイツのミュンヘンで賞を取った珍しいビールもあり、面白かったです。
お味は、ザ・しょうが!って感じでしたけど・・

そして内装はこんな感じ↓。
2010112902.png
私は壁に向かって座ってたんで、鏡越しに写真を撮ったんですけど、ランプが一杯!
不思議な空間でした。

お食事自体はみんなPizzaを食べるって言ったんで、Pizzaにしたんですが・・・
因みに在ローマの人はもちろん、来ていた研究員のほとんどはイタリア人でこれまたみんなブーイング(^_^;)

相方に至っては

相:家に帰りたい(T_T)
  だって家でご飯食べてる方がマシやもん(T_T)

まずマシって何やねんゞ(ーー*)
毎日あんたの好きなもんばっかり作ってるやろが(+_+☆\(-_-)
私的にはいまいちでも、買い出し→調理→後片付けをせんでもいいだけこっちの方が数倍ありがたいんですけど・・・
まぁネタ的にはおもしろい場所でした♪
でもちょっとベルギービールが恋しくなった夜でもあったかなぁ・・

テーマ : スイス - ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)