07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

風の影

2010年11月25日
4年前にルガーノの送付した本の中で一番読みたかった本がこちら↓
風の影 (上) (集英社文庫) 風の影 (下) (集英社文庫)

届いた本の中で一番に読みました!!

感想は続きへどうぞ♪
スペインの作家さんが書いた本なんですけど、かなりの人気本みたいで、世界各国で翻訳→出版されてるみたいです。
勿論本場スペインでは超~人気って訳者あとがきに書かれてましたけど;・・
37か国で翻訳されてるみたいなんですけど、納得!という感じの本でした。

本を読む時の私のクセは常に結末を想像しながら読む。
大抵の場合、自分の想像通りの結末で

G:う~ん、いまいち・・・

って思うことが多いんです(苦笑)。
The Da Vinci Codeも2/3ぐらいでもう最後が想像できてしまった&その通りの結末だったので、後半はだれてしまいました(苦笑)。
それに比べてこの本は上巻を読んだ時点で私が想像したものとは違う展開になっていき、どんどんと引き込まれていきました。いやぁ~ほんまよかったよ、この本!!

内容は言いたいような言いたくないような(笑)。
私が語るよりも読んで欲しいかもってのが本音です。
う~んでもちょっと触りだけ・・

ダニエルという少年が主人公で、彼はふとしたきっかけでフリアン・カラックスという作家が書いた本に出会う。
そこからフリアンに興味がわき、フリアンについて調べていくのですが・・・

って、ほんまさわりだけの紹介(^_^;)

集英社さんから出てるんですけど、特別サイトがあるみたいです(こちら)。

サスペンスあり~の、ロマンスあり~の、歴史あり~ので、小説としてこれ以上何がいる?って思いました(笑)。かなりこの本に入り込んでたんで、途中夜中に読んでたらちょっと怖くなったりもして(^_^;)、私の顔の方が恐ろしかったみたいで相方に

相:本怖くなったん?
  でもGiannaの顔の方がもっと怖いよ(@_@;)

と、注意されました(-"-;A ...

因みに相方はすでにこの本の英語版を私があげて読み終わってるので、筋書も内容も知ってのことです。
確かブリュッセルの行きつけだった本屋さんで買ってプレゼントしたはず・・
相方も

相:この本は本当によかった!!

と、言ってました。

バルセロナが舞台になってるのですが、まじ今すぐにでもバルセロナに行きたい!!と思ってます(単純!)。
最近読んだ中では一番おすすめの本。
お時間があれば是非是非ご一読くださいませ☆

って最後まで感想もあらすじもない内容になっちゃった(6 ̄  ̄)ポリポリ
| コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
No title
またまたukoです。
この本は私も今年の夏読んだので思わずコメントです。
主人公の少年が時間軸も超えて(SFではなくて、言いたいこと分かります⁈)どんどん巻き込まれるというかハマって行くさまに、休むタイミングを失って一気に読みました。なんて言うか頭フル回転、手加減無しでした。
秋の夜長。また何かお薦めあれば教えてください。

No title
私もこれ、読みました!
どんどん引き込まれる作品ですよね。
主人公が成長していく様子も繊細に描かれてて
謎の部分だけじゃなく、小説としてよく出来てるなーって思いました。意外な人物が!ってラストもなかなか(笑)。

これ実はイタリア語版L'ombra del vento読んだのですが、イタリア語もそれほど難しくはなかったです。イタリア語とスペイン語って近いから雰囲気もわりと上手く伝えているような気がします。日本語版も出てるんだー。今度日本語版も読んでみようかな。

イタリアにもAmazonが出来ましたね!直接こちらでもイタリアの本が買えるようになったから、そちらで話題の本があったら是非教えてください♪
そうなんですね?!
偶然!!ukoさんもこの本読んでたんですね!!
私は4年前に読もう!と思って購入→スイスに発送→今まで地下倉庫に眠ってた状態です(^_^;)4年越しにやっとこさ読めて本当に感動!!

この本って4部作みたいですね。
日本語版はまだ出てないのかな・・本場スペインでは2008年に第二弾となる「El juego del ángel」が発表されたみたいで、イタリア語版も英語版も出てるみたいだから、そろそろ日本語版も出るんじゃないのかなぁ・・かなり気になってます!!

toscaさんが「風の影」のイタリア語版、めっちゃ難しくはなかったっておっしゃってるから、イタリア語版で試してみます??

今気になってる本はまだ日本語版が出てない本で、ポルトガルの人の本なんですけど、「Ensaio sobre a Lucidez」って本です。イタリア語版は出てます。ず~っと前に相方にイタリア語版をサン・ジョルディの日にプレゼントしたんですけど、これが一番よかったって言ってた。本屋の兄ちゃんに勧められて訳わからずに購入したけど(苦笑)、そんなええんやったら私も読みた~いって思ってます。家にイタリア語版はあるけど、まだイタリア語で読む自信はないなぁ(-"-;A ...
英語版が出てるみたいやから、Amazonかなんかで買ってみようかなって思ってます♪
逆にお勧めありますか??
さすが!!
イタリア語版で読まれたんですね?!!!さすがっ!!さすがにイタリア語版では読む自身ゼロです(^_^;)
ukoさんのレスにも書きましたが、第二弾の「Il gioco dell'angelo」(日本語版は未発表)も出てるみたいですね。こちらも気になってます。これがよかったら4部作みたいなんで、4部作全部読んでみようかなって思いますが、これがコケてたらう~ん、2部止まりかなって思いますけど(^_^;)

これまたukoさんのレスにも書いたんですけど、今一番気になってるのはジョゼ・サラマーゴ(José Saramago)という今は亡くなってしまわれたポルトガルの作家の方が書かれた「Ensaio sobre a Lucidez(伊:Saggio sulla lucidità。日本語未発表)」です。凄いいいらしいんですよ。
幸い英語版が出てるんで、探してみようかと思ってますo(^-^)o

イタリアのAmazonができたってしりませんでした!!これはいい!!ここルガーノは小さい町なんで、チェントロの本屋もさほど大きくはなくって、そこでない時はミラノに行ってたんです(ここはちょっとだけ英語の本もあるし♪)。でもわざわざ本だけのために・・ってのはないから先送りになるパターンが多くって、ネットで購入できれば助かります(*^_^*)

本に関しては逆にtoscaさんにお勧めを伺いたいぐらいです(笑)。toscaさんに勧めていただいた本で、相方が購入したものはすべてお気に入り→私も便乗で日本語版を買ってお気に入りっていうパターンが続いてますから(笑)。
何だか雪が降りそうな寒さなんで、読書熱に火がついてます(*^_^*)
No title
↑そんなワケで(ってtoscaさんの「それほど難しくない」は私にとって同じ意味ではないのですが)、相無謀だとは思いますが好奇心でイタリア語版をアマゾンで購入しました。
日本語でも結構複雑だったのに…
冬は冬眠モードだしゆっくり読んでみます。
風の影?
風の影を購入したの??それとも第2弾??
私は相方の「Saggio sulla lucidità」を開けた瞬間、閉じました(苦笑)。これは無理やわ、私には・・英語版を探そうと思います。どうもこの人(José Saramago)ってノーベル賞を取った作家さんみたいで、賞を取った本は日本語版も出てるみたいです。それから始めようかしら・・と思ったり。

こちらは昨日は雪やったし、もう秋って言うよりも冬(-.-;)旅行から戻ったら12月に突入してるし、なんだか落ち着かない日々です・・きっとNataleにPescara入りしたらちょっとは読書タイムも生まれるかなぁ・・って期待してるんですけど。

管理者のみに表示