Juuuust chillin' out!! ワインがキューピット?

ワインがキューピット?

一部の方はご存知ですが、2007年の「リセット」から突如、結婚しましたって、何のことやら??って感じですよねぇ (>__<)

正直、相方とは2007年の4月に日本に帰国する際にきっぱりと別れました。
それからはメールも含めて一切連絡は取ってなかったんです。
その時は結婚するつもりやったから、私の荷物はどっちゃりとこちらに輸送済みでした。
別れた理由は一方的に相方にあったので(マリッジブルーってやつですわ・・・)、

G:荷物はすべて持ち帰れないから、あなたが返送してね。
相:わかった、責任持って送る。

ってことになってたんですが、待てど暮らぞなしのつぶて(-_-)
まぁ当面必要なものは持ち帰ってたし、足らんもんは日本で買ったりもしてた。
何よりも帰国後すぐに新しい仕事(英会話の講師してました)について、研修やら、授業の準備やら、授業やらで、あっという間に時間が過ぎるというか、自分の時間がないというか(@_@)
荷物がどうこうって考える時間すらもありませんでした(x_x)

こんなことではいかん!!と思い、その仕事は早々に退職しました(^_^;)
そしてまた別の仕事に就いたのですが、ここがさらに輪をかけたぐらい忙しくって、毎日死んでました_(_"_;)_
その時はそれが少しはありがたかったんですが、そうこうしている内に1年が経ち、気持ちも随分落ち着いてきました。

G:日本でちゃんとした仕事に就いて、生活基盤を立て直そう!
  それにはこんな生活をしてては、ダメやわ!!

そして2008年には仕事も楽なものに変え(年も年なんで、まずは派遣でゆる~く働き、学校に行って別の道で生計を立てようと思ってました)、フードビジネスに入ってみようっかなぁ(←結局実現はしませんでしたが)と、ワインのスクールに通い始めました。

無知とは恐ろしいもの・・
ワインのことなんて何も知らずにいきなり受験コースに入った私(^_^;)
皆さんは1年ほど基礎と応用をお勉強された後に、受験コースに入られるそうです。
そんなこととはつゆ知らず(苦笑)、入って1日目に大ショックを受けた私(_"_;)
その時にワイン会の友ちゃん、Rちゃん、Kちゃんと知り合ってなかったら確実に私は1日目で辞めてました(^_^;)
だって、ワインの香りをかぐって、黒スグリの香りやら、ヴァニラの香りやらって(今ならわかるが)します?
私はズバリ!

ワインの香りがする!


と、おバカなコメントを書いていたことを思い出します(^_^;)

G:こりゃ何とかせねば!!

と思い、相方からもらったL'Atelier du Vinを思い出した!!
これだけは絶対に返してもらおう!!と、相方にメールを書いた。

G:クリスマスプレゼントにくれたL'Atelier du Vinを送って!
  って言うか、私の荷物は捨てられたん?

すると翌日返信が

相:すべて荷物はここにあるよ!!
  L'Atelier du Vin明日送るけど、他にもいるものある?

G:全荷物!

相:全荷物はもう少し待ってもらえる?
  でも今すぐいるものは?

G:L'Atelier du Vin!クラスで落ちこぼれてるから・・

で、すぐにL'Atelier du Vinが届いた。

相:届いたら連絡してな。

G:届いた。さんきゅう。他の荷物もよろしく!

と、そっけないメールの後、また連絡は取らなかった。

そうこうしている内に何かの拍子で1か月に一回メールを交換するようになり、それが2週間に1回になり、ついに相方から電話がかかってきた。

相:元気?
G:う~ん、仕事と学校で忙しいけど、元気やよ。
  そっちは?
相:こっちも仕事が凄く忙しいけど、元気。
  ところで・・
G:何?
相:今ってつきあってる人いる?
G:残念ながら、おら~ん(-_-)
  そっちは?
相:おらんよ・・
  こんなこと言えた義理じゃないけど、やり直せる?
G:・・・
相:アカンかなぁ・・
G:考えとくわ・・

正直迷いました。
反面、やっぱり私のパートナーは相方なんかな?!とも思い始めてる時でもありました。

別れていて連絡を取り合っていない間、これはお互いそうなのですが、他の人とデート(付き合うまでにはいってないけど)したりしてたけど、何か違うなぁ・・ってのがあったんです。
後で話を聞けば相方も同じことを経験していたようで、結果↑の会話が始まったのですが・・

相方とは好みがドンピシャだし、双子のようなところがあるので、一緒にいて楽しいし、何よりも楽!
やっぱり他人と一緒にいるのはそれなりに気を遣うから疲れる。
でも、相方とはほとんど素の状態なので、気も遣わないし(それがいいのか、悪いのか・・)。
他の男の人と出かけて帰ってくるとドっと疲れが出る(x_x)。
だから、あまり頻繁に会うのはやめておこう・・と思っちゃうんですよねぇ(^_^;)

それからはだいたい週1ぐらいで電話がかかってくるようになり、やっぱりやり直すことにしました。
お互い今度は結婚を焦らず、二人にとってベストな時がくればそうしましょう、そう至らなくても恨みっこなしにしましょう、ってことで。

そして、2009年のGWに相方が来日し、一緒に岡山旅行をしたり、同年の夏には私スイスに来て、一緒に南イタリア旅行したりして、どんどんと距離を縮めていきました。

※次回へ続く

コメント

No title

ワインの本が相方さんにとって連絡取るいいきっかけになったんでしょうね~。きっとその本をプレゼントしておいて良かったって思ったんじゃないかしら♪

結局本当の縁ってのはどこかでつながってるものなのかもしれませんね(^_^)

No title

なるほど、必然だった気もしますが、たしかにワインがキューピッドですね。
改めてこうして文章で読むと感慨深いものがあります。あのミラノの日からジャンナさんとご一緒する機会が増えてきたから、自分の時間とも重ねて読んでました。ってこちらは進展のない日々ですが…涙

その節はお騒がせをいたしましたm(_ _)m

今振り返れば4年前は何だったんだ?!って感じですが、それがあったから、私的にはワインとチーズの資格も取れたし、いい意味で(になるのかしら?!)執着しないというか、過度に期待しないということを学んだ気がします。
相方は相方で、一皮むけたって感じです(ってどんな感じ?!ですよね・・)。
だから、今回こっちに戻ってきてもうまくいってるのかなってのもあります。

元々相方発でワインが好きになったってのもあるし、何ともワインつながりな二人なのかな・・と思っています。

不思議ですよねぇ・・

縁があったんでしょうねぇ・・不思議な感じです、ほんま。でもこのブランクがあったから、ukoさんとは密にオフ会できたし、それが縁で(って私は思ってるんですけど)、テスティモーネにもなってもらったし。凄く意味があったんやと思ってます。

ukoさんはukoさんで大きな一歩を踏み出したんじゃない?!だって、ミラノで会った時はまだ前職についてはったんじゃなかったでしたっけ??一歩ずつ確実にukoさんが目指してる方向に進んでると私は思ってますよ☆

それにしても二人で好き勝手にS君やY君にメニューなし料理をオーダーしていた日々が懐かしい・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)