Juuuust chillin' out!! 眠ってるタオルありませんか?!

眠ってるタオルありませんか?!

チーズのお勉強を始めて(ってすっかりサボり気味でどうしたもんかと悩んでいますが(6 ̄  ̄)ポリポリ)、チーズと言えば超~有名なFermier(大阪にはお店がないのが悲しい(T_T) 何故?!?!)のメルマガを購読し始めました(Fermierさんのサイトから登録可)。
最新のメルマガから以下抜粋。

タオル類の寄付を募っています。

宮崎の口蹄疫で苦しむ尾崎畜産さんからのお願いです。

獣医さんが作業時に使うタオルが不足しています。
まだ半分しか処理が終わらず、手を拭いたタオルは洗って
使うこと出来ないからのようです。サイズは関係なく、
洗って清潔であれば多少古くてもOKです。
使い古しのタオル、景品のタオル、手ぬぐい、布おむつ
などがありましたら、下記のレストランへ至急お送り
下さいませんでしょうか?
ご協力の程、宜しくお願い致します。

「鉄竿」
〒880-0003
住所:宮崎県宮崎市高松町5-5
電話:0985-38-7782


タオルって結構景品やら何やらでもらいませんか?!
温泉とか行った時に持って帰ってきたタオル、家に余ってませんか?!
もしあったら是非ご協力を☆

続きは口蹄疫についてちょっと思ったこと、書いてます。
タオル送付のご協力依頼がメインやから、興味のない方は続きはスルーしてください。

※私の独断的な感想・意見です。
 適当に流し読みしてください。


口蹄疫(Aphtae epizooticae)、宮崎で急速に広まってますね。
元々感染力の強い家畜伝染病のようですが、殺処分と聞くと何だか胸が痛みますね(T_T)
九州と言えば家畜の宝庫。本当にこれから日本の畜産業はどうなっていくのでしょうか?!

私は田舎がなく、一応大阪市内生まれ&育ち。
自然に囲まれることなく育って参りました。
まぁ無知ということなのかもしれませんが、口蹄疫って言葉、今まで知りませんでした(^_^;)
10年ほど前にも口蹄疫、日本で発症ケースがあったみたいなのに・・
だから、何で健全な家畜まで殺処分?!!と超~疑問に思ってました。
どうやら『家畜伝染病予防法』で、感染拡大を防ぐために健全な家畜も含めて農家の同意を得るなどして殺処分を行っていたようです。
「行っていた」と過去形にしたのは「口蹄疫対策特別措置法案」が可決されたから。
こちらの骨子をちょっとご紹介。

・拡大防止のためやむを得ない時は国が指定した地域で健康な
 家畜も含めた予防的な殺処分ができる
・処分された家畜の実質的な金額補償、埋却経費補償の措置を
 講じる
・被害農家の経営再建のための資金の無利子貸し付け
・国が埋却地の確保、作業者の派遣に責任を持つ
・消毒設備が設置されている指定地域を車両で通行する場合な
 どの消毒の義務づけ
・2012年3月31日までの時限立法とする

まぁ一口で言うと国が全てのイニシアティブを取ってきますよ~って事ですよねぇ。
じゃぁ何でこんなタオル不足とかが起こるの?!
更にこのタオル不足情報って世間では結構流れてるんですかねぇ?!
この尾崎畜産さんだけが困ってるってこと??
今って仕事してた時よりはニュースやらワイドショーやら見る機会が結構増えてると思うんです、私。
でもこの情報ってTVとかで聞いたことない気がする(私だけ?!)。
募金とかのお話はよく聞くんやけど・・
TVとかメディアで呼び掛けちゃったら受け手が大変になっちゃうのかもしれんけど、迅速度はUPするんじゃないかなぁ・・

それと、勿論お金は大事やと思う。
これから再建していくのに必要不可欠やと思う。
田舎暮らししたことない私が言うのも何ですが、田舎ってしきたりとか、近所づきあいとかって結構濃密なんじゃなかったでしたっけ??
よくわからんけど、この殺処分って「拡大防止のため」ってことは、「発症ケースの家畜がいる」ってことですよね?!そして、「指定した地域」ってことはこの「発症ケースの家畜がいる付近」なんですよね?!さらに「健康な家畜も含めた予防的な殺処分」ってことは「発症ケースの家畜がいる農家からちょっと離れてるけどギリ指定地域に入った農家の健康な家畜」も殺処分されちゃんですよね?!
それが悪いとかいいとかはおいといて、自分がこの発症ケースの家畜がいる農家の人やったら、どうするやろ?!って思った。めっちゃ、肩身狭くないんかなぁ・・いくら国から再建の資金もらっても、その地域で再び酪農を始めれるやろか?!
反面、自分がギリ指定地域に入った農家の人やったら、どう思うやろとも思った。
やっぱ人間心理として、「オイオイ頼むよぉ~!!」って発症農家を恨んだかも。
お金も大事やけど、そういう心のケアとかも国はイニシアティブを取ってくれるんやろか?!

またこの口蹄疫って、豚、牛、水牛、山羊、羊、鹿、猪、カモシカとかの偶蹄目(ひづめが2つに割れてる動物)とか、ハリネズミ、ゾウなんかが感染する病気なんですってね。
超~関西的な考えかもしれんけど、奈良の鹿とかが感染したらどうなるん??
奈良の鹿は家畜じゃないからこの殺処分にはならんの???
でも口蹄疫の感染力って凄いんでしょ?!その周辺で家畜を飼ってる人がいたとしたら、どうなる??
更に奈良の鹿って神鹿で、天然記念物ですよねぇ?!!
ちょっと前に鹿を殺した人、捕まってたし。
鹿って言うたら宮島にも鹿おった。こちらもどうなるの???

口蹄疫ウイルス、黄砂に乗って大陸から来たって言う説もあるみたいやし、大陸に近い九州はこれからもずっとその脅威に震えていかなければいけないのでしょうか。

口蹄疫、人間への感染はほぼない&感染したとしても治癒するそうです。
大阪のスーパーでは、宮崎支援として宮崎フェア-をしたりとかもしてるみたい。
日本ってよくも悪くも情報が溢れかえってるし、情報の新鮮度が命みたいなところもあるから、今これだけ騒がれてるから宮崎を支援する!って言うんじゃなくて、長期的な支援が必要なんじゃないのかなぁ・・と思ったりもしました。

って、今日はちょっとシリアスだったかしら(^_^;)

コメント

タオル是非送りたいです。
今回の件は政府の対応の遅さなども言われていますね。
やむを得ないにしても、手塩にかけて育ててきた、感染を必死で守った牛などを殺さなければいけない現実には心が痛みます。
子牛の出荷でも最低2年はかかると聞きました、ジャンナさんも仰るとおり、被害農家の方が展望を持てるような経営再建・生活支援策が必要だと思います。

いつも脱帽!

いつもukoさんのその優しさというか、救援精神には私、脱帽やわ。
ラクイラの時もそうやったけど、人を助けよう!という精神、私も見習わななっていっつも思います。
私も温泉とかに行ったり、景品とかでもらったりするタオルが眠ってるんで送ろうかなって思ってます。結構使うタオルはいつも決まってて、このままこのタオルは使わんやろうなぁ・・ってタオルが家に眠ってたりするんで、他の人はどないかなぁ?!って思ってブログにアップしてみたんですけど。

話は違うけど、ラクイラの方もまだまだ復興、通そうやね・・

いや~救援精神というのはおこがましくて、実際は普段何もできていないことへの後ろめたさだけです。「大きいこと言う前にできることぐらいやれよ自分」みたいな。
私はこういう場できっちり自分の意見を言えるGiannaさんを見習いたいなと思っていますよ。

マイペースなB型

「自分の意見が言える」かどうかは甚だ疑問ですが(苦笑)、なんせご存知の通り、マイペースなB型なもんですから、ついつい思ったことを口に出しちゃいました・・よく口が災いを起こしたりもするのですが(^_^;)
何よりも行動の人、ukoさんに見習わんといかんなぁ~と思うことが多々あります。ほんまいい刺激になります!!

タオル早速ご送付くださったみたいでありがとうございましたm(_ _)m

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)