Juuuust chillin' out!! 久々Mercato Angelo featuring ukoさん

久々Mercato Angelo featuring ukoさん

ほんま、うちらよ~会ってます。
そう、またまたukoさんと12/16に久々に行って参りましたお店は6/13以来、ご無沙汰しておりましたIl Mercato Angeloでございます。

こんなに久々(って半年ぶり?!)に行ったのに、私のお気に入りカメリエーレのS君、クオーコ(シェフ)のY君は声を揃えて


お久しぶりです!!

の声にも~テンション上がってきましたよぉ~\(^o^)/

さてさてこの日もいただいたクーポンがあり、ワインが1,000円引きだったので、ちょっといいのが飲みたいなって思いukoさんにおつきあい頂きました(ukoさん、いつもわがままでごめんね<(_ _)>)

G:何かおすすめあり?!
S:メニューに載ってないのとかもありますんで、
  どんなんがいいかおっしゃって下さったら・・
u:醤油以外で!!
S:えっ、醤油ですか (-"-;A ...アセアセ
G:あのね、どうも彼女はパッシート系のぶどうが入ってると
  ダメみたいなんです。
u:そう!
  色は好きやけど、味は苦手・・
S:では、サルデーニャのとかだったら大丈夫ですよねぇ?!
G:基本、南のはむしろ好き系やと思う。
S:では、フィロキセラの流行の時に、生き残った貴重な樹からできた
  カニュラーリっていうブドウからできたワインってのがあるんですけど
  いかがですかねぇ?!
G:それは聞いたことないから興味津々!!
u:ストーリーがいいから飲んでみたい!!
S:ほんと、うまいっすよぉ~!!

で、S君一押しのこちらに決定d(´∇`о)
cagnulari.jpg

←Cagnulari 2006


※写真は輸入会社の有限会社カリテ・エ・プリより拝借しております。ネット購入も可能なようなので、ご興味があれば・・
※ukoさん、ネットで料金みちゃったけど、レストラン業界にしては破格の1.5かけぐらいやったよ!!

このワイン、鮮やかなルビー色で、スミレの香りやらスパイス系の香りやらがして、非常に複雑さを感じます。
注いでもらった時は固いかな・・って思ったけど、空気にたくさん触れさせると、芳醇な香りがバ~っと広がってなんとも素敵でした。
お味はボリューム感があるけれど、後味がほんの少し苦いので、以外とさらっといけます。
まじおいしい!!

そしてそしてまずは切りたてパルマ産生ハムをイタリアン・サイズ(通常の1.5倍量)をオーダー。

そうそう、このワインを出してくださった際にS君が通常グラスとは違うワイン・グラスを持ってきてくれた。
よくS君はこういうサービスをしてくれる。
ちょっとした心遣いだけど、それが嬉しくって、いつもS君担当のテーブルに座る(ってたまに呼びつけてる?!)んですよねぇ。

もとい!このグラスがドイツ製のグラスらしいのですが、ワインを入れて5分置いておくだけで、何回もスワーリング(ワイングラスをぐるぐるまわして、ワインを空気に触れさせること)したのと一緒の効果があるらしい。
試しにやってみた。
明らかに香りの立ち方が違う!!!
ちょっと欲しくなったよ、このグラス!!

生ハムのおともにukoさんがブッファラ(水牛のモッツァレッラ)とパンと追加オーダー。
も~この時点で我々の好きなシリーズ満載やからワインがすすむ、進む!!

そしてプリモに、Cacio e pepeをまずオーダー。
こちらはukoさんのリクエストだったのですが、ちょっとukoさんの好みとは違ったみたいで、一瞬テンションがやや↓。
しかし気を取り直してもうひとのプリモへ。

と、思ったけど、この時点で既にボトルは空(@_@;)

グラスを頼むことにした。

私が目をつけたのはROERO。
SudisfaRoero.jpg
※写真は造り手さんのNegro Angeloから拝借したんで、写真ではD.O.C.G.ですけど、我々がいただいたのは2004年ものでD.O.C.でした。

G:Roeroを2つ
S:すみません<(_ _)>
  Roero、1杯しか取れないんです。
  サービスで、Baroloを同じ値段で出させてもらいますんで
  1杯、Baroloでもいいですか?!

で、RoeroとBaroloを1杯ずつ。
ukoさんのご好意で私がRoeroをいただいたのですが・・

このRoero、かなりやばかったです!
見なれたエチケッタ(ラベル)やなって思って家で見たら、このシリーズのBarbera d'AlbaとNebbioloを過去に飲んでました!

G:すごい香りが芳醇で、素敵やよ。
  ukoさんも香ってみて!!
u:エロい香りがする!!
  ペネロペ(クルス)やわ、ペネロペ!!

と、大絶賛。本当においしかったです。
Baroloと言えばイタリアワインの王様。しかし今夜はRoeroの勝利って感じでした。

そしてそして、2つ目のプリモ。
トマト系のリゾットが食べたかったんで、またまたメニューにない(ので料理名がわからん..)トマトベースのリゾット、カニ入りを出していただいた。
※いつもごめんね、S君<(_ _)>

そうそう、また脱線しますが、会社でこのS君と私のやりとりを言ったら、みんなに責められた。
だから今日はS君に、

G:いつもわがまま放題で怒ってる?!
S:いや、全く怒ってないですよ。
  好きなお料理食べてもらって満足して帰っていただいて
  なんぼですから!
  それに明らかにできない時はできないって言いますよ。

と、23歳とは思えぬしっかり度!
カメリエーレの鏡やね☆

そしてあまりのおいしさに2つ目のプリモの最中でまたまたグラスワインを追加。

確かこの時はバルベラを抜栓してくれたような・・
※話に夢中で覚えてない・・

この日はセコンド(メイン)は食べずに、いつものお決まりのチーズをちょっといただき、デザート、カフェでしめたはず。

いやぁ~今回ワインはどれもヒット。
そして何よりもS君のサービスを堪能。
ここはカジュアルなお店なんで、基本ワインはボトルで頼んでも最初の1杯をお店の子が注いでくれるけど、後は結構自分たちで(たまたま通れば入れてくれる)って感じやけど、今夜はワインのボトルを持つこともなく..
(全てS君が絶妙にやってきて注いでくれた)

お店は忘年会シーズンもあってか、グループ客が多くて満席やったのに、ありがとね、S君♪
そしてこれに懲りずに我々が来た日には絶対S君のテーブルに案内してね☆

コメント

NoTitle

そして、UKOです。
いや~先日はS君のナイスアシストもあってぶっ飛ばしまくりましたね。楽しいひと時をありがとうございました。
私の座右の銘(!?)Buon vino fa buon sangue.でグイグイ飲んだけど次の日もすっきりで。とにかく美味しいワイン一杯飲めて幸せでした。どうやらいいワインを良心的な値段で飲めたみたいやし♪美味しい(ここ重要)ワインにハムとチーズ、そして楽しい話、シンプルやけど幸せの方程式がありますね。
来年も懲りずによろしくです。S君との新規開拓も是非ご一緒させてください。

ほんまありがとうございましたm(_ _)m

同感です!ええワインって残らないですよねぇ!!それはつくづく思いました。それに食べ・飲み・喋りと3拍子揃ってるから、飲んでるしりからアルコール発散してってるのかも(爆)。

ukoさんの好きなCacio e pepeがukoさんの好みとはちと外れてて申し訳なかったですが、それ以外は結構いけましたよねぇ?!も~とにかくあそこは生ハムが最高♪
それにS君がおる時はわがままきいてくれ放題やから、言う事ないって感じです☆
まぁS君は大変やろうけど・・

是非是非来年は食べログ10位制覇にむけて頑張りましょうねo(^-^)o
今日もTV見てて、食べログには入ってないかもしれんけど、福島で気になるお店、見つけちゃったし・・
我々のミッションは終りそうにないですね(笑)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)