Juuuust chillin' out!! イタリアフェア@阪神百貨店 IN 2008

イタリアフェア@阪神百貨店 IN 2008

すご~く遅くなりましたが、2006年2007年に引き続き、今年も言って参りました『阪神のイタリアフェア』\(^o^)/
私達が行ったのは10月11日(土)でした。
えぇ~まずはご報告。
今年の試飲数は・・・


73種類


ゞ( ̄∇ ̄;)おいおい


そして15本購入しちゃいました。

Farnese(モンテプルチャーノ・ダブルッツォを作ってます)ファンの私は今年も絶対に買う!って決めて行ったんですけど、このFarneseのワインは日本では稲葉さんという会社が扱ってらっしゃいます。
稲葉さんのブースはDにあったんですけど、まずはAから回ろう!と思いしばし我慢、我慢・・

しかしこれが功を奏し、Aブースでは『モンテ・アンティコ』というトスカーナの美味しいワインに巡り会いました(勿論買いました♪)。阪神さんのコメントによるとこのワインは

トスカーナのサンジョヴェーゼが持つ可能性を最大限に引き出し、「ポケットマネーで帰るスーパータスカン」と大絶賛されている人気ワインです。

らしい。
元々サンジョヴェーゼはそんなに得意ではないのですが、義弟がキャンティ・ファンでサンジョヴェを定期的に飲み出してからは結構好きになってきました。
これはキャンティではないのですが、樽香ばっちりの激うまワイン!
一緒に行った友達は私よりもサンジョヴェが苦手人なのに、これはうまい!って言ってました(^^)v
因にまだ飲んでません。
このブースではプーリアの『マタネ ネグロアマーロ』もコストパフォーマンスよしで購入!
あっ、因に輸入会社さんは三国ワインさんでした。

そしてCブース(日食さん)で『ティザーノ コッリボロネージ カベルネソーヴィニヨン リゼルヴァ』というエミリア・ロマーニャの赤をゲット!ここはヴィスコンティ家が所有しているワイナリーらしい。
エミリア・ロマーニャってランブルスコのイメージが強かったからびっくりの1本です!!

そしてそして我らがDブース(稲葉さん)!
もぉ~ここにいらっしゃった田中さん最高(≧∇≦)ノ彡
ここには毎年買ってるオピ↓
081011FarnesePrimo.jpg

があったから2004年(←今年は2004年ものが出てました)のも試飲しよぉ~って思ったら、田中さんが

田:まずは3男坊↓から飲んでみてください!
081011FarneseSecondo.jpeg

ってんで先に↑を試飲。
これはミディアムボディのモンテプルチャーノ・ダブルッツォですが、お値段がなんと998円と千円切り!すっきりフルーティーでした♪
勿論1本購入(^o^)

そして

田:では次に次男↓を・・
081011FarneseTerzo.jpeg

3男は自由な感じですが、この次男は『カサーレ ヴェッキオ モンテプルチャーノ ダブルッツォ』といい、1本のブドウの樹に2房という間引き(とういことは濃縮感抜群!)をしたこだわりの1本。
昨晩いただきましたが、超~濃いスミレ色でアルコールも14%としっかりありました。
濃縮感も際立っていて、そのくせイタリア・フェア特別価格で2,000円切り(1,859円でした)!こちらは特別価格を利用して2本購入(^o^)

そして長男は勿論、毎年購入している『オピス モンテプルチャーノ ダブルッツォ』。
これは長男らしく正統派ファルネーゼのモンプル!って感じでした。
何度もこのブログで申しておりますが、日本で飲む軽々のモンテプルチャーノ・ダブルッツォがスタンダードやって思ってらっしゃる方には是非お試しいただきたい逸品でございます♪
こちらも2本購入(フェア価格だから)(^o^)

そしてピエモンテの『テッレ デル バロ-ロ リゼルヴァ'01』も購入!
これまたコストパフォーマンスのバローロでしたよ♪(まだ飲んでませんが..)

いやぁ~それにしても田中さんってば超~お話が面白くって楽しかったぁ~♪

うちのワイン消費量は凄いので(^_^;)、デイリーワインも購入しておこう!と以下の千円ワインをゲット☆
(って話が長くなってきたから「続き」に書きます・・)
・『プリマテッラ プリミティーヴォ』:プーリア(フードライナーさん

・『プリマテッラ シラー』:シチリア(フードライナーさん)

・『ヴェリオ ミケリーノ&フィリオ ロッソ シフォニア』:ピエモンテ(アールアンドダブリュさん)

・『フォレスコ ブロ ラツィオ ロッソ』:ウンブリア(モンテさん

そうそう、モンテさんではセッラ&モスカの『テッレラーレ カリニャーノ リゼルヴァ』というサルデーニャの地ブドウをバリック(小樽)で熟成させたワインも購入しました。
モンテさんと言えばよく田部さんという感じのいいお兄様(ソムリエさんです)がいらっしゃるのですが、今回も田部さんにフォレスコの『モンティアーノ ロッソ ラツィオ』というウンブリアのワインやベルターニの『アマローネ 2000年』等を試飲させて頂きました。ちょっぴりお値段がはる(特に後者は!!)ので試飲だけゴチしちゃったけど、ありがとうございました田部さん♪

そして残りの1本はプーリアの『CCRF ウーヴァ ディ トロイヤ ムルジア アウグスターレ』というワイン。これはモメスメモスさん(名前を打ち間違えておりました、Ricciaさん、ご指摘ありがとうございますm(_ _)m )のワインで、ミディアムボディとは思えぬ奥行き!

いやぁ~それにしても阪神さん、来年もよろしくです♪

因にまだ12本、残ってますのでお味の方は追ってご報告いたしま~す☆

コメント

No title

さすが、毎年Giannaさんが行ってるだけあって、
必ずいいものが見つかるんですね!
こちらも寒くなって、赤が美味しくいただける季節となりました。最近エノテカに行ってなかったんだけど、どうしても飲みたくて、お客様用にリザーブしといた赤に手を出してしまいました(笑)
頂き物で、マントヴァのランブルスコ!
しっかり発泡した赤で美味しかったですー!

こんにちは

今回はお会いできなくって残念でした。
阪神のイタリア展で土曜日張り込んでいればよかった(笑)

今年も豊富なラインアップと、試飲の数にびっくりしました!すばらしい!
ちなみに最後に出ているメーカー(モとメ入れ替わってないです?)で、私一瞬働いていましたよ!

うちも・・

たま~にありますよ、お客さま用というか、ワインパーティー用に取っておいたワインを普段飲みにしちゃうの(^_^;)
理由はふたつあって、1つは、忙しくってワインを購入できずに取ってあったいいのを飲んじゃうパターン。もう1つは普段こうやってまとめ買いしてるから時間がたつとどれがいいのか忘れちゃってて開けて飲み出すと「おぉぉ~この味は!!」と思い出すパターン(^_^;)
よほどいいのは別場所に補完してるんですけど、中級のは一緒にしちゃっててよくあります。
こっちも最近急に寒くなってきたのでパワフルな赤がおいしいこと、おいしいこと!!
マントヴァのランブルスコ、凄く着になる!!日本で気軽に帰るランブルスコって甘口が断然多い気がします。でも、ボローニャで辛口のおいしいのを何度か飲ませていただいたからついつい欲が出ちゃうんですよねぇ・・

ほんまや!

ほんま、急いでたから名前間違って入力しておりました(-"-;A ...
訂正しておきます。ご指摘有難うございます!!

阪神さんは毎年ワインに力を入れてはるみたいで、ラインナップ&試飲の数が凄い!!きっとそれだけ売上もいいんでしょう!
しかし反面、フードやその他の衣料品やらの数は縮小気味なのかしら?!っておもっちゃいます。伊展って結構どこのデパートでもやってるから、何かに特化しないとやってけないのかなぁ・・・

それにしてもRicciaさん、伊展ぐらいまで日本にいてはったんですか?!お会いしたかったです(T_T) この更新具合を見ていただいてもおわかりのように1ヶ月近くPCをアップしないことも最近はざらになってきてて(6 ̄  ̄)、すっかり取り残され気味です(+_+)
元来貧乏性な性だから、ちょっとした隙間を見つけると到底その隙間時間では住まないことになってしまったり・・と自分で自分の首をしめております(-_-)  家にいる時ってかなり疲れてるからも~寝てばっかりだし(*x_x)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)