Juuuust chillin' out!! 1月に読んだ本

1月に読んだ本

結局今年の豆まきはドロ~ということで母親と私と半分こづつ豆をまきました(^^)v
本当は私が勝ったんですけど、あまりにも彼女がうらめしそうだったから・・・

ここ最近、前職が過酷な労働状況であったり、風邪を引いたりと諸条件により、なかなか本が読めておりませんでした。と、言うより、読んでもアップできてませんでした。
1月に読んで本はこちら↓
※実はこれ以外にもチェーザレ様系の本を読んでるのですが、それは後日まとめてアップします♪

4569657052女性の品格 (PHP新書)
坂東 眞理子
PHP研究所 2006-09-16

by G-Tools


487257835X罪と罰 (まんがで読破)
ドストエフスキー
イースト・プレス 2007-10

by G-Tools


そうそう、このドストエフスキーの『罪と罰』、昨日NHKの番組で特集されてましたね♪
なんとも旬なタイミング!!

さてさて感想はつづきで・・
まず、『女性の品格』ですけど、最初は

G:う~ん、微妙なじゃないん?!?!

って思ってて手を出してませんでしたが、結構長~い間ベストセラーやから

G:どんなんかなぁ(・-・)?

って思い、手にとりました。

一言で言うと当たり前の事が書かれています。でもその当たり前の事が当たり前ではなくなったからこういう風にベストセラーになるんやなって思いました。
例えば「約束をきちんと守る」とか、「友人知人の悪口を言わない」とか・・
反面、そうそう、わかってるけど・・と思いつつやってなかった事とかについても書かれててそれはちょっと耳が痛かったなぁ(-_-♯
とても参考になったのは「断るとこほど早く、丁寧に」ってところ。
この本にも書かれてたけど、ついつい都合がつけれるかな・・とか迷って返事を伸ばし伸ばしにしてしまうけど、結局都合がつけれなくって断るってのが結構あるからそれは気をつけようと思いました。
打診してくれた相手にも都合があるからこれからはそれを考慮して早急に対応するようにしよ~っと。
耳が痛かったのは「無料のものはもらわない」。
ついついもらっちゃうのが関西人の悲しい性(6 ̄  ̄)ポリポリ
自分が使ってみよぉ~とかって思ってるものは無料でまずもらって試してよければ購入すればいいけど、購入する気が一切ないのに無料というだけでつびつくのはよくないってことやねんけど、ついついもらっちゃうんですよねぇ(^_^;) 無料のティッシュももらわないようにって書いてたけど、ついついもらっちゃう・・最近は少なくなったけど、外でお手洗いに行った時に持ってると便利なんですよねぇ、あの携帯ティッシュ!特に甥っ子たちとのデートの時には大活躍やし・・
他にも「礼状をこまめに書く」とかはやらなきゃと思いつつ実行できてない事・・
反面、「姿勢を正しく保つ(←これは短大卒業に就職した会社の先輩に仕込まれた!)」、「行きつけの店をもつ(←融通きかしてくれるから!)」、「古典を読む趣味をもつ(←読書全般に好き!)」、「インナーは上質で新しいものを(←ここ数年これに目覚めてる!)」あたりはクリアーかなって思う。
まだまだ『品格』ある女への道のりは遠いけど、気をつけよ~と思ったことは少しづつ気をつけて改善してけばなあ・・・自分を見つめ直す意味でも参考になった本でした。
だからベストセラーにず~っとなってるのかな?!

次ぎに『罪と罰』。
これってクラシックできっと皆さん読んだ後ですよねぇ?!だからあらすじは今さらかなって思うから省略。
実はまだ原作読んでなかったんです。
原作って数冊に分かれてるでしょ?!だからいまひとつ手を出せなかったんですけど、このまんがでザクっとしたあらすじをつかんだんで原作にチャレンジしてみよ~って思ってます。
数社から出てるけど、どこのが一番いいのかなぁ・・(←どなたかご提案を♪)
昨日のNHKの番組によると、光文社から新訳版がもうすぐ出るような感じ。それを待とうかなって思ったりもしていますが・・・
内容は結構深くて究極。
昨日のNHKでも言ってたけど、罪を罪と認めない人への罰とは・・みたいな。
現在の戦争という名のもとに自ら(の国家)を選ばれし者と称して、何の躊躇もなく人を殺める・・
人を殺めるという罪を罪と思わない・・・
この本って120年ぐらい前に書かれたんじゃなかったでしたっけ??
そういう意味でいうとドストエフスキーが凄いのか、人間が成長していないのか・・
何とも考えさせられます。
原作読むの躊躇してたけど、それを払い除けてくれた意味ではこのマンガはよかったかなって思いますが、図書館で借りるだけでもいいかなっていうぐらいにざっくりとした内容です(←私は購入したけど・・)。

う~ん、2月はまた読書もっとするぞぉ~!!!

コメント

私も見ました

 NHKの特集私も見ました!でも正直先生の説明はわかりやすかったし、興味深かったですが、番組の構成としては…って思っちゃいました。あらすじの抜粋、そこ?!とも…(>_<)せっかく先生の解説がよかったのだから、もっと生かせばよかったのに…と。(とかいいつつ来週の『白痴』も見るつもりです。(笑))
 『罪と罰』原書、心にすごく残った本でお勧めです!表面だけでも楽しめますが、すっごい深くて。。。私も新書が出たら買おうかなーと思っております。

 そして、『女性の品格』私も気になっていた本です。どうも私は常識に欠ける部分があるので、ちょっと勉強しなきゃ・・・とは常日頃思いつつ、実行に移せていません。Giannaさんは十分品格のある素敵な方なので必要ありませんが、私は当たり前のことも実行できてないので、ちょっと手にとってみますこの本!

No title

女性の品格、こちらの友達も読んでよかったって言ってました。あとで貸してもらうことになっているので、私も読んでみます!確かに当たり前のことっちゃ当たり前なんだろうけど、わかってても出来ない事になってるんでしょうね…。私も気をつけなきゃ!
古典、今義務で読んでるけど、徒然草とか昔は気づかなかった現代でも通じる事が書いてあって、面白いなぁと思いました。試験終わったら私も読書三昧するぞ~~~!

やっぱり?!!

きっとorsettoさんもご覧になってらっしゃるかなって思ってたんですよ、あの番組!!
あの先生の説明というか解釈ほんとよかったですよねぇ?!! 私もな~るほど!と思い、余計興味津々になりました。まだ味読ですが、購入してあるカラマーゾフの兄弟もあの先生の翻訳かぁ~って思ってたんですよ。新訳にもとりかかってらっしゃるってことだから、ここまできたらあの先生が出すのを待ってみようかなって思ってます。翻訳もさることながら、きっとあとがきとかもよさ気だし♪ ず~っとロシア文学勉強してらっしゃるみたいだし、話ぶりからご本人もロシアに少しいらっしゃったのかなって感じですよねぇ?!!
orsettoさんもお勧めのようだし、新訳がでたら絶対に購入します☆

『女性の品格』はきっとorsettoさんも当たり前の事だわって思われると思いますよ。orsettoさんの方が私なんかよりも常識も品格も持ち合わせれらっしゃるからサクっと図書館読みで十分ですよ、きっとd(´∇`о)

おっしゃる通り!!!

日本、西洋問わず、今尚愛されている本って今でも十分に共感できますよねぇ?!! それだけ昔の作歌が偉大だったのか、人間はあまり変化してないのか・・ってつくづく思っちゃいます。流行りの本はそれなりにさらさら~って読めるからストレス解消にはなるんですけど、じっくり読もうと思うとやっぱり古典を手に取っちゃいますねぇ・・

『女性の品格』そちらでもはやってるんですね?!!意外!!!!こっちでは相変わらずの売行きのようですよ。当たり前の事がかかれてるんですけど、自分を見つめ直すには参考になるなぁ~って思いました。また忘れかけた頃に読み直さないといけないかなぁ~って思ってますけどね(笑)。是非是非toscaさんの感想もお伺いしたいです☆ 試験頑張ってくださいねぇ~o(^-^)o

No title

私もこの女性の品格気になってたんですよね。かなり長いこと、ベストセラーですよね。
へー、そんな内容だったのですね。改めて自分の振る舞いを見直すのにいいかも。
あ、でも、無料のものはもらわない…これ、私には無理だわ。大阪のおばちゃん街道まっしぐらの私としては、もらってしまうもの。スーパー玉○の1円シリーズも、なんとなく買ってるし(笑)

そうなんですよぉぉ!!

「無料のものをもらわない」は関西人には究極っぽいですよねぇ(ってきっと関西人でももらえへん人はもらえへんのかもしれんけど・・)。私も別にいらんかってもティッシュとか配ってたらもらってしまう(^_^;) 前なんか心斎橋でひげそりのジレッタかなんかのトライアル品配ってたんももらってしまったし(>_<) これは義弟にあげたけどね(笑)。ついつい手が出うんよねぇ・・・
本自体はいまだにベスト10してるみたいで、本屋さんとか行っても結構前の方に並べてあったりします。逆を返せば今の女性の品位が下がってるってことなんかなぁ・・ってちょっと恐ろしくなりました(苦笑)。
読むと「ホォ~!」と感心したり、「そりゃぁ~そうやろ!」って当たり前って思ったりするけど、実際自分ができてるかっていうと耳が痛い本でもございます。チャンスがあれば是非読んでみてくださいませ☆

No title

「罪と罰」漫画が出てるのすね。。
ドストエフスキーをはじめ、世界名作全集に入ってるような本は全く読んでないあこべえっ!!
今年はちょっと頑張ってみようかな・・と思って図書館にいくのですが、毎回挫折・・
でも、マンガなら・・ちょっと頑張れる気がしました♪

ちなみに、あこべえは今幕末ものにはまってます。。
(竜馬がいく・・を爆読中です)

好きな物から・・

名作ってよばれてるものってちょっと敷居が高い気がしますが、一度手をつけるとはまっちゃいますよぉ~(*^_^*) やはり名作とよばれてるものは文章とかが素敵だから古く感じないというか、何というか。今の本とかもそうですけど、作者の好き嫌いがあると思うので、ちょっと読んでみて文調が合うものから手を出してみてはいかがでしょう?!
今って新訳ブームみたいで、古典が新訳でよみがえってきてるんですけど、それは結構読みやすいですよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)