Juuuust chillin' out!! リセット

リセット

よくよく考えてみたらきちんとブログ上ではご報告してなかったですよねぇ、相方とのこと・・
在ヨーロッパ中に在伊の方数名や、こちらに帰ってからもオフ会等で直接お話ししてた事が多かったからすっかり話した気でおりました(^_^;)

結果から申し上げると、別れました(T_T)
春があまりにも長過ぎてつぼみが腐って落ちたみたいな(笑)。

スイスにいるのも諸状況的に辛かったから勢いでこっちに帰ってきて、こちらでは仕事関係でバタバタしてたから、時間とともに今はうまく消化できたかなぁ・・って気持ち半分とまだトラウマかなって気もしますねぇ(6 ̄  ̄)
相方とは7年も一緒にいて、結婚する!!という幸せの絶頂から破局まで落ちたわけですから辛かったですよ。

こっち戻ってからも甥下なんてよくわかってないから

甥下:○○くん(←相方)いつくんの??

とか聞いてきてましたし(*x_x)、

甥下:今年はチョコなし??
※毎年冬にうちに来る時に甥たちにチョコ買ってきてたから、秘かにチョコおやじだった相方。

とか言ってるのに、ちょっと胸が痛みましたが、最近は

G:来~へん、来~へん!

と、気軽く答えられるようにはなりました。

連絡も一切取り合っていないです。正確には私の誕生日に短いメールを頂きましたが・・
ただ私の服とか本とかがまだ向こうに置き去りなんですよねぇ(-"-;A ...
送ってくれるって言う約束ではあるんですが・・
でもそうやって自分の物品を向こうに残してるってことは未練も多少は残してるわけでそれを今年中にリセットできたらなって思ってます。

7年前に相方と知り合ったのは必然だったと思う。あの時期私の人生では最悪な出来事が起こってたんで相方の存在は非常にありがたかったし、無知な私が相方から教わったことは数え切れないぐらいある。(いまだに無知ではありますが・・)
結果的に私たちは人生のパートナーにはなれなかったけど、これから先も相方が幸せに暮らしてくれたらなって思います。
現状、恨み言一切なし、未練はちょっと(笑)。
だって相方ってばほんといい男だったと思いますよぉ~☆ あっ、決断力の無さを除いて・・とだけ付け加えますけど(爆)。

と、いまひとつ何で別れたの??って感じですが、それは実際私が一番聞きたいところであったりします(笑)。マリッジ・ブルーから脱出できなかった相方に耐え切れなくなった私みたいな・・

人生まさに波乱万丈。
そろそろ平穏にいきたいもんです・・

コメント

No title

未だに私も信じられないんですよね。
人生本当に色々ですが、Giannaさんはやれることやって結論だしたと傍から見てて思います。荷物まだ送られてないんだ…。相方さんどこかでつながり絶ちたくないと思ってるのかもしれないけど、それなら別の行動とってほしいものですよね。
縁があればまたどこかでつながるかもしれないし、今はGiannaさんも自分が楽しい事をわがままに追求していい時期なんじゃないかな。
最近私の身の回りで聞く話にも男性のピーターパンシンドローム的な話が多いから、なんとなく複雑な思いをしています。本当はまた会ってゆっくりお話したいけど、この冬は難しそうなので日本にいる間に一度電話いれますね~。

No title

そうだったんですか・・
スイスから帰国されてタイムオフにする事に、と以前書かれていたので気になってはいましたが・・うまく言えませんけど、Giannaさんが幸せな道を行かれるのが一番ですよ。7年と言う長い月日はそう簡単に割り切れるものでもないでしょうし、逆に忘れてしまうのは勿体無い。相方さん、人間的に魅力がある方のようですし、Giannaさんも聡明で明るい女性のようなので、そんな二人の思い出は覚えている価値のあるものと思います。なんて無責任なことを書いて、giannaさんの気に障ったら申し訳ないです(文才がないだけで悪気はないので許してください)

No title

私も気にはなってたけど、そういう事やったんやね。
ブログ上で読んでてもすごくお似合いのカップルって思ってたから残念だけど、やっぱり最後は縁がなかったと思うしかないのかも(ごめんね、そんな一言で片付けて・・・)相方さん、ちょっと前のイタリア映画にありがちな男性(l'ultimo bacioとか)やったんかな?私も決断力のない男は実は我慢ならん(爆)から、giannaさんの気持ちは少し分かる気はするわ。今はやりたい事やって自然に気持ちの整理がつけばいいと思うよ~・・・また意味の違う縁もあるかもしれんし!

No title

相方さんとの事、残念です。
実際にお会いしたことないですが、過去のブログを読んでいて、お似合いの二人なんだろうなって思ってましたから。

でも、お二人が決断したのなら仕方がないし…

Giannaさんご自身がおっしゃるとおり、この出会いは必然で、相方さんとの日々があるから、今のGiannaさんがあるんだと思います。
でも、イタリア男(私の周りだけかもしれないけど)って、どうしてこう結婚を前向きに捉えられないのかな…うちも、結構ウダウダ言ってましたよ。

No title

私はついついGiannaさんの側に立ち過ぎて、
思わず相方さんの事、悪く言ってしまったこともあってゴメンネ。。。
でも、こうやって今でもはっきりと『ほんといい男だった』と言えるほど、
いい男やったんや~相方さん。
それを一番良く知ってるのはGiannaさんやもんね。
でも、Giannaさんもほんといい女よ!
男前のおっさんの私が言うんだからホント。
年明けたら、大阪でまたご飯食べにいこーー!

No title

相方さんとのことはブログで読ませていただいていただけで、実際にお会いしたことはないですが、お二人がすごく素敵でお似合いのカップルだなぁといつも思いながら読ませていただいていただけに、本当に驚きました。
私もGiannaさんがおっしゃるとおり、相方さんとの出会いは必然的だったんですよ。人生の中で、無駄なものなんて何もなくて、楽しい経験であろうと辛い経験であろうと、全ては今の自分につながっているって思ってるんで・・・。
それに「ほんといい男だった」なんて、Giannaさんのようないい女がそう思えるって、本当にいい人だったんですね。
Giannaさんはとっても素敵で同性の私から見てもすごく魅力的なんですから大丈夫。
今はGiannaさんの好きなことを楽しんでくださいね。

またまたオフ会でも誘ってくださ~い

そうでしたか・・・

 正直ビックリしました。

>マリッジ・ブルーから脱出できなかった相方に耐え切れなくなった・・・

 女性側に多いような気がする、マリッジブルー。
それが男性側の方が大きかったんですね。
『勇気』って、どんな時にも必要だと思うんです。
未来のことなんて誰もわからないから、でも前に進むしかないし。人それぞれの考えがあって、人それぞれの決断がある。でも、この7年間を一緒に過ごしてきたGiannaさんにとって、最後の『決断』を下されたことは、大変な苦しい思いでしたね・・・
 相方さんと築かれたたくさんの思いを胸に、また新しいGiannaさんの道がどんどん開けますように。
 

ご存知の通り・・

平凡な人生を送りたいと子供の頃から願ってる割には、元相方との事だけじゃないですが、ほ~んと波乱万丈でしょ、私の人生(^_^;) そろそろ平穏に・・って思ってるんですが・・
私自身も未だに信じられないと思う部分と「あぁ~これが現実」と思う部分があります。遠距離が長かったせいもあっていないことに慣れちゃってるからすぐそばにいなくってもいなくなった実感がわきにくんですよねぇ・・
そうですねぇ、もし本当に縁があるならまたつながるだろうし、そうでないならこのままだろうし。あまり考えずに自分の好きなことにどんどんチャレンジしよ~と思ってますo(^-^)o 自慢ではないですが、ず~っと彼氏がいたからここいらでちょっと自分を見つめ直すのがベストなのかなって思ってます☆ 色んな意味で頑張りま~すo(^-^)o

ありがとうございます!!

きっこさん、暖かい男場ありがとうございますm(_ _)m 元相方には色んなドアを開けてもらった!って感じで今でも二人で旅行したこと、やってきたことは凄くいい思い出です☆ 絵を鑑賞することの楽しさを教えてもらったのも元相方ですし、イタリアに興味を持つきっかけを与えてくれたのも、そしてブログを始めるきっかけになったのも元相方のお陰ですから。まだまだ小さな一歩ですが、人間的にちょっとは大きくなれたのかなって気はしています(えっ?!気のせい???)
基本的に綺麗な別れ方なんてあり得ない!と思ってるので最後はちょっと色々とありましたが、それまでは凄いいい思いをさせてもらったんで、それは胸の内にしまっておこうと思ってます♪

おっしゃる通り!

ご報告が遅れちゃってすみませんでした。そうなんですよ、結果的には縁がなかったみたいでダメになっちゃいました(^_^;) イタリア人の女の子のお友達とかは「だからイタリアの男は!!」とか言ってたから、年代的にも一昔前のイタリア人の男なのかもしれませんねぇ(>_<)
まぁ元相方には彼なりの考えがあるんだろうし、それを曲げて無理に・・ってのも私的にはあり得ないんで、ひとまずこれでよかったと思っています。
結婚ってある種、タイミングと勢い的なところがあるでしょ?!そのどちらもなかったのかなって思います。
まぁこうやってブログをやるきっかけを作ってくれた元相方のお陰で色んな方とお知り合いになれただけでも儲けものだったのかなって思ってます!
来年は(←毎年言ってますが・・)絶対に直会いよろしくです♪

結婚しない男って・・

こっちでも多いと思いますよ(^_^;) 現に私の周りにも結構います。特にいつもご飯連れてってくれるN君とか元彼とかはこの類いですねぇ。あと東京のつれもそうかも・・
基本的に元相方とは友達→彼氏・彼女になった口なんで、気は非常にあってたんです。やりたいことも、食べたいものも本当に双子のように一緒だったことが多かったし。頭は断然向こうの方がよかったから色々と教わることも多かったし。いい経験になりました。
ウジウジ・グズグズは私にはあり得ないんで(笑)、前向きに自分磨きに精をだそうかなって思ってます。
ハハハ、元相方の前につきあってた彼氏の女友達に「あなたみたいに超~ポジティブな女みたことない!!」ってお墨付きいただいておりますからd(´∇`о) 前進あるのみ!

ご心配おかけしました・・

いえいえerikoさんが凄く親身になってくださってるのは手にとるようにわかっておりましたので、謝らないでください。逆にそこまで思っていただけて光栄です☆ありがとうございますm(_ _)m
きっと私もひと事だったら河内のおっさんになってるかもしれません(>_<)
元相方からは非常に得るものが多かったので、別れてからも恨み言とかはなくって、自然とそう思われせる奴ってば「ええ男やないのっ!」って感じです(笑)。
まぁもっともっとドロ沼化する前に別れたからこう言えるのかもしれませんけど(^_^;)
人間引き際が肝心ですよね・・
大阪に戻ってらっしゃったら是非是非またご一緒してくださいよぉ~!!魚介でもスペイン・バルでもどこでもお供させていただきまっせ~!!!

またオフ会しましょねぇ~♪

元相方と知り合った時期は私にとって結構大変な時期だったんです。だから最初は親友として心の支えになってくれていた元相方の存在はとても大きかったです。その事も含めて元相方にはとても感謝してるんで、別れてからも恨み言はないですねぇ・・
知識の面でも内面的な面でも得ることだらけだったからかもしれません。今でも非常に尊敬していますよ、元相方のこと(^-^)
人生のうちで元相方クラスの男とは早々知り合えるとは思えないから、まぁそういう意味ではラッキーだったのかなって思います。
今迄は二人のために色々と時間をさいてきましたが、これからは自分のためにその時間を充てようと思います。ただではこけません!!

お久しぶりで~す!!

ビックリさせちゃいました?!!ルガーノからノヴァーラまで近いから是非向こうでもシエナさんにお会いできたらって思ってたんですけど、状況的にこんな感じでゴタゴタしてたからお会いできませんでした、すみません<(_ _)>
マリッジ・ブルー、結構男の人にも多いみたいですよ。まぁここまでの人は早々いないのかもしれませんけどねぇ(^_^;)
色々キツいなぁ~って思ったことはあったけど、今は普通にTV見てゲッラゲラ笑えるまでに回復してますから、ほんと人間の忘れる力&日本のTVの面白さに大感謝です♪

なんだか

 私も未だに信じられません。7年も一緒にいたら否が応でも情が移りますよね。しかも魅力的な方であるGiannaさんがいい男だったと仰る程の方だったのであれば余計…。
 それでも前を向いて頑張っていらっしゃるGiannaさんの姿には本当に尊敬です。同時期に別れたりしていた私もとても励まされました。

 お互い自分磨きの時期を経て素敵な人に巡り合えるとよいですよね!!!

頑張りましょ~o(^-^)o

7年も一緒にいたからポッカリと心に穴が空いたような、それでいて遠距離が長かったから何も変わらないような不思議な気持ちです。まぁこっちに帰ってくるという選択はある種私にとっては正解だったと思います。
こっちには友達も多いし、仕事も自由にできるしで後ろを振り返ってばかりいる時間ははっきり言ってない(笑)。前進あるのみ!!って感じです。クヨクヨしてても時間は過ぎてくだけだし、だったら前向きに自分磨きに時間を費やそうかなって思っています。幸い、新しいことを始めるにはベストな環境に入ったし。
お互いいい思いも辛い思いもしましたが、来年はいい思いが一杯一杯できるように頑張りましょうね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)