Juuuust chillin' out!! 初オーストラリア・フード

初オーストラリア・フード

昨日、会社の帰りに同僚+生徒と食事に行って参りました♪
この同僚がオージー(オーストラリア人)なんです。
最初は

同僚:安目の居酒屋に行きたい!!

って言ってたから適当に候補を何個か挙げてたんです。
因にホットペッパー使って店を探してたんですけど、たまたまそこに『オーストラリア料理』の文字を目にして

G:へぇ~そんなん大阪にできてんや・・

って思ってた。で、会社で

G:適当に店見つけてきてんけど、探してる最中にさぁオーストラリア料理の、
  それも確かパース料理の店って書いてた気がするんよねぇ・・
  パース料理って何?!
  ※後で見たらパース出身のスタッフって書いてただけやった・・
   勘違い、勘違い・・
  ※同僚はパース出身
同:えっ?!パース料理って特別な料理はないけどなぁ・・
  日本と違ってオーストラリアってアジア料理とかイタリア料理とかミックス
  したっていうか色んな食べ物があって特にオーストラリア料理っていうのも
  ないっていうか・・
  まぁシーフードが有名やけど・・
  で、何っていうレストラン?!
G:知らん。忘れた。
同:ゞ( ̄∇ ̄;)
  名前思い出してよ!!
G:えぇ~、だってここはないやろう・・って思ったから全く覚えてない(6 ̄  ̄)

※しばしネットサーフの同僚

同:ここ?!01の近く?!
G:そうそう!!

で、お店を発見した同僚。
日本に来て8ヶ月程たってるからちょっとオージー料理が恋しかったのか即この店に決定☆
そこはと言いますと・・

Blue Billabong

台風が来てたってこともあり、駅近のこのお店はロケーションもGood♪
勿論食べ物チョイスは全て同僚にお任せ☆
我々が食べたものは・・

・Spring Roll
・Sizzling Garric Prawn
・BBQ Prawn
・Aussie Bob
・BBQ Chicken
・Fish and Chips-Australia size
・Calamari Salad


プラス、オージー白ワイン、ビールなどを頂きました。
私の生徒はFish and Chipsを食べるのが初めてって言ってました。
しかしとても気に入った様子で楽しく食しておりました?

同僚も

同:う~ん、量はオーストラリアに比べたらちょっと少なめやけど味は
  オーストラリアで食べるのと一緒(^O^)

と、終始笑みを浮かべておりました。

よかった、よかった!!

しかしここに来て私が気づいたこと・・


オージー・イングリッシュがわからねぇ~(-_-)

元々イギリス英語をはじめ、イギリス英語系の英語はあまり得意ではなかった。
在ブリュッセル時になんとかあまり癖のないブリティッシュ・イングリッシュはBBCで鍛えたんですけど、オージーって周りにいなかったし、行ったこともないし・・
同僚は毎日話すからor他の国のお友達も沢山いるみたいだから気をつけて話してるのか全く気にならなかったんですけど、お店の子が言ってる英語がよくわからん時がありました(6 ̄  ̄)
う~んカナディアン・イングリッシュやアメリカンなら得意なんだけどなぁ・・
まぁいいお勉強になりました☆

20050221195338.gif ←あなたの優しい一票を...

コメント

"Fish and Chips-Australia size"
って所が妙に気になるんですけど…(^^;)
どんなサイズ???(笑)

オージー英語って、イギリス英語の訛りっぽいですよね。
私の好きなミュージカル作品に、ロンドンの下町の言葉で歌われる作品があるんですけど、その言葉、Day(デイ)がダイって発音されるんですよ。オーストラリアの英語もグッダイ!でしょ?
下町からの移民が多いって事なのかもしれないけど、
言葉の分布って面白いよね。

同僚さん、懐かしい料理食べられて良かったですね。
メニュー見ると本当に多国籍料理♪美味しそう!

でしょぉ~!

このフィッシュ&チップス、日本サイズとオーストラリアサイズってのがあったんです。私的には外で食べる量としては結構多い方?!って思ったけど、同僚は現地ではまっだまだのサイズだったらしい(苦笑)。とすると、日本サイズを頼んでたら彼は暴れたのかしら?!ってちょっと思いました(^_^;)

そうです、そうです、デイをダイって言い方します。でも同僚はデイとダイの間っぽい感じの発音なんです。それ以外にも米英語とは使う単語が違ったりと慣れるまではちょっと大変(^_^;) 特にスラングとかに至っては米と加は地域によっても違うのかもしれないけど、比較的似てるけど、豪、英はまだ違う・・みたいな・・勿論共通っぽいのもあるみたいですけど。
まぁ英語のネイティブ・ワールドから遠ざかっていた私には大変な世界でございます・・

しかし日本ってばほぼどこの国のお料理も食べれちゃうんですよねぇ(しみじみ)。

何でも食べれる日本!

日本って世界各国のお料理が食べれますよね。ただ、年一回の帰国となると、和食オンリーになっちゃうのが残念…

私も同じくブリティッシュ系の英語は苦手です。やっぱり米英語学科だったからでしょうか???

確かにぃ~!

確かに海外に住んでると日本に帰国した時には思いっきり和食に浸りたいですよねぇ~!!
私の在アメリカの友達も年に1回ほど帰ってくるんですが、帰国時にはたいていホームパーティで集まるんです。勿論メニューは彼女が食べたいもの・・
ってことで毎回すき焼きと手巻き寿司(^_^;)

Ricciaさんも英語系の英語苦手ですか?!
今、同僚がオージーなんでちょっとは慣れてきましたが、やっぱ米人の同僚と話す方が気合いいれなくてもわかります(^^ゞ やっぱ英語系の英語って難しいですよねぇ・・

オージーどころか…

 英語自体が苦手な私…。むしろイタリア語より英語勉強しましょうって話ですよね。ははは^_^; そんな私にはもう特にイギリス系英語なんてもう…(>_<)きゃー(>_<)

 実は今ちょうどパースの大学院で友達が勉強していて、パースに行ってみたいな~ってずっと思っているんです。もし行ったら、Fish and Chips-Australia size どんなサイズなのか調べてきます(笑)

パース・・

まさにここの外国人スタッフがほぼ全員パース出身者だったんですが、ほとんどわからなかったです彼等の英語(苦笑)。同僚がパース出身でわかるから油断してたら最初の出だしは全くちんぷんかんぷん・・
気合いをかなり入れたらちょっとわかってきましたが、まだまだ道のりは遠いです(涙)。
私にとってオーストラリアはまだ未踏の地。一度は足を踏み入れたいな~って思っています。まぁそのうち、そのうち・・・

オーストラリア料理ならここ!

大阪西天満ですが、本格的?? かはわかりませんが、
このお店はオーストラリア料理の先駆者のようです。
といっても日本人ですが、シドニーで3年シェフとして、
そのほか色々と有名な人みたい、、、
オーストラリアがどうっていうより美味しかったですよ!
ぜひぜひ

はじめまして(*^_^*)

はじめまして!
ようこそわがブログへ♪

オーストラリア料理の情報ありがとうございます。
生憎現在は大阪に住んでいないので、今のところ帰国の予定はないですが、帰国した際にお友達とオーストラリア料理!ということになれば、お友達と相談した上で行かせていただきますね☆
情報ありがとうございました!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)