Juuuust chillin' out!! ブリュッセルでの映画覚書~コメディー編~

ブリュッセルでの映画覚書~コメディー編~

ブリュッセルで「映画館通いしましたよ~ん♪」等と書いておきながら、『Babel』の話しかしておりませんでしたが、憧れのtosca様が『The Holiday』についてふれてらっしゃったので「よしっ、私もブリュッセルで見た映画をReviewするべ!!」と思い立ちました(←遅い・・)☆
DVDとかで見たのはまた別の機会でご紹介するとして、映画館で見た映画は・・

B000LPR4U8The Holiday [Original Motion Picture Soundtrack]
まだDVDが発売されてないかサントラ画像ですが・・



B000IHYWCCBorat [Original Soundtrack]
こちらもまだDVD出てないからサントラ画像です・・
映画紹介はこちらをどうぞ♪


コメディーなんで感想って程でもないのですが・・

20050221195338.gif ←愛しのジュード様に一票を...
まず『The Holiday』・・
これは勿論私の(?)Jude Law様のお顔を拝見し、お声を聞くために(ありがとう、字幕の世界、ブリュッセルよ・・)見た映画でございます。
以前、アントニオ・バンデラスのファンであると申して申しておりましたが(今もそうですが・・)、彼とは一味もふた味も違うジュード様にわたくしメロメロ(←死語だな、絶対)でございます(^3^)-☆
詳しい内容はtoscaさんが書かれているのでそちらを見てくださいまし(って手抜きな私・・)。
何よりこの映画を見た私の感想は・・


Jude様のような方なら


子供が2人いようが10人いようが、


私、嫁に参りますわ~ん\(^O^)/



(+_+☆\(-_-)


きっとキャメロンだからお呼びだったんですよねぇ、失礼いたしました(-_-♯
女の子の友達(←こちらも負けず劣らずのジュード様ファン)と見たんですけど、二人して

G&友:こんなええことあるならイギリス行かなあかんなぁ~!!

と、すっとぼけたことをほざいておりました(苦笑)。

そして2つ目の『Borat』。
これって日本での知名度ってどれぐらいなのかしら?!?!
たっまたまルガーノでTVをつけたら彼のショーがやってて、映画が公開されるってんでこれはチャンス!と思いブリュッセルで見ました。(こっちだとイタリア語だからわかんないし・・)
この映画の感想は一言。


Borat最高~♪

イギリスのSacha Baron Cohenっていうコメディアンが演じてるカザフスタン人キャラの映画なんですけど、もう爆笑~!!
確かにちょっとブラックなジョークもあるんですけど、終始笑い続けました。
因みに彼はBorat以外にも"Ali G"ってキャラもやっててAli Gとしてマドンナの『Music』のクリップに参加しております♪

と・・映画の内容をご説明しておりませんでした、失礼。
(って説明きくよりも見た方がわかりよいというか面白いですが・・)
Sacha扮するBoratがアメリカにTV取材旅行に出かけそこではちゃめちゃな旋風を巻き起こす・・場面は色々と分かれてて、道であったり、ホテルであったり、車中であったり・・
本当かどうかは知らないけど、「カザフスタンでは・・」ってアメリカの文化とカザフスタンの文化を彼なりに面白く比較(時にはかなりブラックですが・・)。
これって日本語にどうやって字幕にするんやろ?!?!って違う意味でも興味ひかれています。
いやぁ~まじBorat面白すぎ!!
因みに彼は一昨年のヨーロッパのMTVアワードのメイン司会をやったらしい・・見たかったなぁ・・

コメント

ジュード・ロウって

キュートだったよね♪
私は今までノーチェック状態だったんだけど、
最後の泣き顔で(ネタバレしすぎ?)ノックアウト(笑)。
可愛いじゃな~い!
Giannaさんが子供がいようと…ってのよくわかるわ(^^;)。

Boratって私は知らなかったけどブラックジョークなら見てみようかな。できれば日本語字幕が良いけど、できないかしら…。
ジョークってのは本当に言葉の壁感じますよね~。イタリア語じゃあ到底理解は難しいだろうし、英語でも私には難しいかも。DVDになったら英語字幕つけてみてみたいです。

でしょぉ~!!

って自分の彼氏でも何でもないジュードですがほんと私メロメロです。
私、『ガタカ』以来の大ファンなんですよねぇ、実は(笑)。
ひとまず顔をジ~っと見つめてしまって映画の内容とか理解しきれてないことが多いんですけどね(苦笑)。

途中でやめちゃったからあれなんですけど、昔字幕(英→日)のお勉強をしてたことがあるんです。で、言わせていただくとコメディーって一番訳しにくいんですよねぇ・・勿論訳者のセンスに左右されるから「おおぉぉぉ~!!」ってのもあるし、「えっ?!これってそれでいいん?!!」って思うのもあるし・・このBoratもどこまで伝わるのかが心配です・・

その人って

ジュード・ロウって、左上の方ですか?
だったらあこべえも好みかも♪
ホリデー、いま日本でも公開中です。
久しぶりに見に行きたくなっちゃいました^^

翻訳ってものすごくセンスのいるのでしょうね・・・
まして、ジョークときたら。。
昔英語の時間にアメリカンジョークを習ったけど、どこが面白いのかさっぱり分からなかった覚えがあります(汗)
Giannaさん、ぜひ日本語で見て違いをレポートしてくださいな♪



みましたよ~~

偶然過ぎます、、、ホリデイはルガーノ少年(30こしてますが笑)とみて(彼はうっすら涙、、、スチュエーションが似てるからかな?)もうひとつは彼のおうちにありました。。
さて、ルガーノ、、について教えてください、私は神戸生まれの神戸育ち、、、ルガーノでやっていけるのか チト不安なので色々街のこと教えてください(あ、まだ ついてきて、、とかいわれていないんですけどね~~~苦笑、、、、)

そうです、そうです!!

私にとってジュード様はゴージャス(って叶姉妹じゃないけど。。)なのでございます。も~、ほんとメロメロ・・なんであんなにかっこいいの~!!!映画の内容的にはありがちなラブコメなんですけど、ジュード様を拝見するにはうってつけ・・って感じでした(笑)。
Boratの方はアメリカン・ジョークとはまた一味違ったブラックな面白さなんです。アメリカン・ジョークって私も何が面白いのかわかんないところが多いけど、Boratは素で笑っちゃいました。でもこれを訳するとなると・・(って英語の映画を見るとついついいらぬ考えにかられる私・・)って思っちゃいましたけど。

ピュアーな彼なのね♪

ホリデー確かにジュード様(ってもういいって?!!)がないちゃうところでは私も「ジュード様ぁ~!!」ってほろっときちゃいました(ってそんな理由でかよ!ってつっこみはなしで・・)

ルガーノ・・私は大阪市内の出身なんですけど、はっきり言って結構カルチャーショックかも(苦笑)。小さなイベント事は結構やってるから(アート系やらジャズ等)そういうのに興味があれば色々と楽しめるのでは?!街自体は小さいから神戸と比較しちゃうときついかなぁ・・ヨーロッパって往々にしてそうなんですけどうまくやってく秘訣は友達をわんさか作ること。特にルガーノの人って家に人を招いて何やらかんやらって行事事が多いから友達いないとちょっときついかなぁ・・最初は勿論厳しいと思うけど、習い事したりして外にいくチャンスを増やして友達を作れば大丈夫なのでは?!基本的にはイタリア語だからイタリア語をやってた方がいいかも・・ですよ。まぁ大都市ミラノまで車で2時間かかんないからたま~に息抜きにいけるしね♪がんばって!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)