Juuuust chillin' out!! Cremona

Cremona

何だかバッタバタでなかなか皆様のサイトへお邪魔するチャンスがなくって申し訳ないです<(_ _)>
こっちに来て特に何をしてる・・って言うことはないんですけど(←学校にも行かず、習い事もせず・・)、何だかバッタバタ。
今日は時間あるよ~んと思うとネットやPCトラブルに巻き込まれたり(T_T)・・よっぽどネット運が低下しているのでしょうか?!
そんな私ではございますが、どうぞお見捨てのなきようよろしくお願いいたしますですm(_ _)m

とちょっとボケも始まってきた私ではありますが、昨日ひっさびさに小旅行行ってきましたよ~ん♪
が・・どこへ行くにも持ち歩いているデジカメを忘れてったために写真がないのです(T_T)。その辺はご勘弁を。

まずクレモナの印象は

かわいい!!

え~いつもの事ながら出発はかなり遅かったです(^_^;)
だから観れるものも限られてはいたんですけど、着いてすぐに時間制限のあるMuseo Civico(市立博物館)へ。そこにはMuseo Stradivariano(ストラディヴァリアーノ博物館)が併設されています。
★因みに午後6時まででした。
駐車場がなくってここに着いたのは5時半だったんですけどね(^_^;)

Museo Stradivariano自体は想像していたものよりはややがっかり系のものでした。しかしながらMuseo Civicoに展示されている絵はとても気に入りました!!
大抵キリスト教関連の絵って重くて暗い内容のものが多かったりしますよねぇ?!至福の時を現す絵でも人物がお互いに目をそらせていたり(←これはこれで意味があるのかもしれないけど・・)、何か暗い象徴のようなものが混ざって描かれていたり、誰も幸せそうに笑っていなかったり・・ってのが多くないですか?!
そんな中、色使いといい表情といい、技術的な面では劣るのかもしれないけどとても明るく晴れ晴れとした印象を受ける絵が多かったです。また一角にはクレモナの街を描いた絵が沢山飾られていてそこのは数点非常に感銘を受ける絵がありました。
絵のことはよくわかんないけど、感覚人間として「これは好き」「これは嫌い」とかって視点で絵を見るのは好き。
そんな中とても私的に「好き」系の絵が多かったです。

その後、日曜なのにお店が開いている事と人がわんさかいる事に過剰反応を示し(苦笑)何故かショッピングしてしまいました・・
そして向かった先はDuomo。
私が持ってるガイドブックによるとこのDuomoはロマネスク・ロンバルディア様式を代表する傑作らしいのですが、も~超~素敵!!!
色んなところで色んなDuomoを拝見して参りましたが、絶対に3本の指に入るぐらいに気に入ったDuomo!!絶対に一見の価値はあると思う!!
Piazza del Comuneにあるんですけど、ここにはこのDuomoに隣接してTorrazzoという高い塔(相方のガイドブックによるとイタリアで一番高い塔らしい・・あっでも古いガイドブックやから今は知らんよぉ~!)がたっていてそのマッチングがこれまた素敵なんよ~!!
も~今日程デジカメを忘れた自分を呪った日はない!!まわりにはPortico(柱廊)があって本当に素敵&かわいい!!
ショッピングで時間をくっちゃったから駄目だったんですけど、このTorrazzoは上れるらしい。(階段487段みたい。普段鍛えてるから上る気満々やったのにぃ~!)
そうそうDuomoの別の隣には洗礼堂もございます。

そして勿論出先では必ず現地食を食する我々。
街行くおじさんに聞いて色々覗いて見たけど、閉まってたり何だか暗~い雰囲気(←これは絶対パス!)だったりで、このPiazza del Comune付近にも数軒あるってんでそこを色々覗いてみた。
そんな中、人で賑わっているお店を発見。
一応Pizzeriaって書いてたけど表のメニューには地元の食事も食べれるみたい&非常にリーズナブルなお値段だったからそこへ入ってみることに。
これまた写真がないからあれなんですけど、地元のワイン(赤のフリッツァンテでした)を頼み、私はプリモに「Tortelli di zucca(←名物のmostarda Cremonese←フルーツがマスタード味のものが添えてあった)」を相方は「Agnoli(←だったと思います。要確認。それ風で北米で言うGravyソースみたいなんがかかってた。あっでもGravy程ヘビーではなく肉汁のうまみがつまっておりましたが軽かった)(確認しましたところ)Trtellini al brasato」をオーダー。そしてセコンドには私は「Porenta con Gorgonzora」、相方は「Bollito misto」を頼みました。
そして頼んでいないのに、アンティパスト(ブルスケッタ)をサービスしてくれたり、勿論、カフェとドルチェ(デザート)は頼んだけど、それ以外にも食後酒(グラッパ←これがまたスムーズで美味でございました)もサービスしてくれました。
いやぁ~満足、満足♪


実はレストランへ行く前に露天のお店でお菓子やらケーキやらを買い、歩き食いしておりました(苦笑)。
クレモナはトッローネが有名らしいんですけど、我々が買ったのはアーモンド菓子(←正式な名前はわかんない・・)。これのピスタッキオ味ってばありえないうまさ!!
そして購入したケーキはマロンケーキ。これが日本的に言うと普通のケーキっぽくない、何ていうたらええのかなぁ・・
プリン程もポヨヨ~ンとはしてないけど、ちょっと固めのああいう感じ(ってどんな感じって聞かないで・・)のケーキでした。焼き菓子系。こっちでいうTorna di paneみたいなボヨヨンさ。
こんな事ならトッローネも買っときゃよかったよ・・

20050221195338.gif ←あなたの優しい一票を...

b_04.gif ←こちらもよろしくです♪

コメント

クレモナいかれたんですね♪
ヴァイオリンで有名な町だから、一度行ってみたいと思ってましたが絵も見所ありなんですか??それは是非一度行かねば!
日曜日は大抵の店が閉まるイタリアでも、クリスマスシーズンは日曜も営業するところ多いようですね。さすがにプレゼントを皆が買う時期が外さないか…(^^;)
美味しいものいっぱい食べられて良かったねー!!(^^)v

Duomoが一番よかったです!

絵画も素敵だったんですけど何と言ってもお気に入りはやはりDuomoでした。是非是非一度ご覧頂きたいDuomoです!!

そう、クリスマスシーズンだからイタリアは日曜ってお店開いてるでしょ?!でもここルガーノはきっちりと閉まってますから(苦笑)。
出かける前にこっちのチェントロを抜けて高速に乗るんですけどお店は全てクローズ→人はいない→なんだか寂しくスタートだったんですよ。
だから賑わいに吸い寄せられてシャツとセーター買っちゃいました(笑)。やっぱ私には活気が必要!!

ヴァイオリンの町ですよね!?

 過去にちょこっとヴァイオリンをかじった時期があることもあって、私もヴァイオリンの町・クレモナには是非行ってみたかったんですが、ドゥオーモも素敵で、絵画もいいものがあるとは!これは絶対に行かなくてはですね!!しかも食べ物もおいしいなんて・・・!

 私の中でイタリア北部熱上昇中です^^

是非♪

そっかぁ~ヴァイオリンされてたんだったら凄く興味深い都市かも。でも博物館にはレアもののヴァイオリンは展示されてなくって確かコムーネだったかな(←要確認)、別の場所に展示されているみたいです。こちらは時間の都合で見ることができなかったけど、きちんと予定を立てて(←私と相方が最も苦手なこと・・)回れば1日で主要なものは見終えることができる場所ですよ。
イタリアって土地土地で食べ物とか文化が違うから面白いですよねぇ!!飲み食い大好きな私にはたまりません!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)