Juuuust chillin' out!! 知ってました?!

知ってました?!

やっとネット開通!と思いきや今度はウイルスにやられてPCがネットに接続できなくなっちゃいました(泣)。何故にネットは私から遠ざかって行くのか・・

この前相方の仕事関連の人たちがミーティングでローマ、ブリュッセル、ローザンヌから人が来てました。
その中でブリュッセルから来てた一人がイタリア人でVareseの人みたいなんですけど・・

★C=カルロ=Varese出身の人
相:君はVaresottoやんなぁ?!
※相方的にはVaresotto=Varese出身の人
C:違うよ、僕はVaresino!!
相:どう違うの?!?!
C:Varesottoはスイスとの国境付近のVarese郊外の人で
  VaresinoはVarese市内出身の人で、僕はVaresino!!

Varese出身の人の呼び方がVaresinoってのも初めて知ったけど、市内と郊外とでは呼び方が違うのって初めてな気がする。

Bergamo出身の人が「Bergamasco」って言うってことを知った時もびっくりしたけど、Vareseの方がもっとびっくり!!

それにしても土地意識が強いのか、イタリアってイタリア人って言うよりは○○(←都市名)人って言う言い方をする方が多いですよねぇ・・
これっていちいち覚えないといけないから外国人にはちょっとやっかいなんだけどなぁ・・
ミラノ出身の「Milanese」や相方のようにPescara出身の「Pescarese」みたいに「-ese」系とかVenezia出身の「Veneziano」やRoma出身の「Romano」みたいに「-ano」系は簡単やけど、全部が全部そうじゃないもんねぇ・・・

それにしてもVarese以外のも市内と郊外とで言い方が違うところってあるのかしら?!?!

b_04.gif←どうか温かい一票を...

20050221195338.gif ←こちらもよろしくです♪

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

う~~んでもね Giannaくん
日本でもあるんとちゃう
関西人でも 滋賀はちゃうでぇ 滋賀は別や!ってはなし
聞いたことがある・・・・ たしか義妹から
よそから見れば「同じとちゃうん?」って思うけど(笑)

そうそう!

確かに結構ある!なんかさ~いちいち単品で覚えなアカンから一緒にしといて!って思うわ~。私も一定の規則があると思ってたから、シエナの人がシエネーゼじゃなくってセネーゼって知った時は??やった!(これは言いやすさからかな?)
確かに、バレーのワールドカップ(日本開催やったよ~)、いちいち○○出身の・・・って言ってたね。やっぱ地元が同じやとその選手をひいきにしたりするんよねぇ~

思い出した、、、

RomaだとRomanoでRomanaですよネ。そんな感じで、Veneziano、Venezianaとなるワケですが、、、
あぁ、数年たった今でも笑われているあのひとこと...
はじめてBergamo出身の人をBergamascoと呼ぶことを知った時に思わず私が口走ってしまった言葉、、、

『じゃあ、Bergamo出身の女性はBergafemmina?』

規則がないのがイタリアらしさ?

確かに規則性がないですよね~。イタリア人って響きがいいとか悪いとか結構気にするから、それで地域名によって違うのかもしれないけど、外国人にしたら一緒にしといて~って思うこともあり…(^^;)

それにしても同じ街なのに違う表現ってのは初めて聞きました!
やっぱり市内出身と郊外とじゃ意識違うんですかね???
あ、でも日本でもあるかな…。へ~さんさんがおっしゃってるように関西でも町によって「ウチらは違う~!」って場所があるみたいだけど、関東でも横浜の人って「ハマっ子」って言いたがります。
日本だと特別地域自慢がある街に限られるけど、イタリアだと全ての町がそうなのかもね~。

まぎらわしいっ!

 同じ町なのに、違う表現とは・・・!初めて聞きました!でも、くみこさんも書いていらっしゃるけど、私もセネーゼにはびっくりしました!なんでみんなミラネーゼみたいにしないんだろ??カリアリもカリアリターノというらしいですが、「タ」ってどっから出てきたの!?って感じだし。本当にまぎらわしいですよねー。これ。。。(>_<)

どっちも好きだけどさ…

varesinoとvaresotto…
おくが深いですね…
そのネタでいけば、pescareseとchietinoの確執も深いですよね~
一度家を探していた時などは、Chietiの友達はキエティの情報しかくれなくて、ペスカーラの悪口を、ペスカーラやサンブチェート(chieti県内でありながらなぜか心はpescarese)の友達はその逆でなかなか話が進まず。ちょっと気に入った物件を見つけても「キエティとペスカーラどっちが好きなの??」と詰め寄ってくるしで、「どっちゃでもええ~それより家や~!!」と心の中で叫んでいたのを思い出します。(結局、サンブチェートに住んでめでたしめでたしでしたけど。)
住んでいるまちに誇りをもつことはとてもいいことだと思っていますし、イタリアに限らずあることかなと思いますが、間に挟まれるのだけは勘弁です。

市内と郊外で呼び名が変わるのって初めて聞きました。よっぽどこだわりがあるのですね。うちの主人も何かあるとでも、近くの町の人の事を笑ったりするけど、そのたびに、「また、目くそが鼻くそを笑ってんで。」と突っ込んでいます。
そうそう、Chioggiaの人たちは、こっちでは、Ciosotto(チョゾット)と呼ばれて、よくジョークのネタになっています。

ありがとうイタリア

わか@東京です。

それはそうと、ご存知かもしれませんが、来年3月東京にダビンチが来るそうです。

ありがとう!イタリアと周りのイタリア人にお伝えください(笑)

http://www.asahi.com/culture/update/1201/001.html

チョゾット~(爆笑)

ricciaさんのCHIOGGIAの人を「チョゾット」に爆笑!
ウププププ・・・
私は昨年まで「チョッジャCHIOGGIA」に住んでいたんです~

関係ないけど,ROMAの人はロマネスコじゃなかった?
ROMANOという方が一般的だと思うけど・・
確かに日本も関東って言ってもいろいろありますよねぇ。
地元密着意識が強い、というのは地元への愛着もある証拠でいいですね。方言もうちの周辺はこれといってないので、関西弁とか東北弁とか憧れがあって、聞くの大好きです。

了解です!!

情報ありがとうございます。
前回の私からのコメの後、そちらにお伺いする気満々だったんですけど、何だかバタバタしておりまして時間がなくって今やっとこさネット接続ができました(いつまでオンラインでいられるかはちょっと謎ですが・・)。
可能な限り早急にそちらに伺って私の要点をお伝えいたしますね♪

神戸もそうかも・・

大阪人の私としては大阪人と呼ばれようが、関西人と呼ばれようが全く抵抗はないんですけど、以前神戸の同僚がいた時は関西人と呼ばれれうのを嫌ってました(彼女だけ?!)。いつも「私は神戸っ子だから!」って。
どうも関西人ってお下劣なイメージなんですって彼女的に。だから一緒にしないでねって言われましたけど(苦笑)。何だか地元ネタって日本にも根深いものがあったりするんですよねぇ、きっと(笑)。

初耳!!

えぇ~シエナの人ってセネーザなんですか?!
マジてっきりシエネーゼって思ってたし、疑問すらわかんかった(苦笑)。そういう風に思うといっこいっこ覚えていかんかったらどこでどんな例外にぶちあたるか・・って話ですよねぇ。
でもセネーゼって何だか音的にセネガルの人みたい・・

それヒット♪

haraharamanさん反則!!そのベルガモ人の女性系あかんてぇ~(爆)!!
それを考え付くharaharamanさんのが私の500倍は爆笑系よ~ん☆
でも初めてBergamascoって聞いた時は-ascoってどっから出て来たん?!ってBergamascoを問い詰めてすっかり嫌われました(苦笑)。

団結するのはワールドカップのみ?!

どうもイタリアってイタリア人って認識が出てくるのはワールドカップの時ぐらいですよねぇ(苦笑)。それ以外の時って○○(←出身地)人って言い方を決まってするし。これって歴史的に別々の国だったからなのかしら?!
確かに日本でも沖縄の人ってあまり日本人って言い方をしない気がします。沖縄以外の人を本土の人って言って区別してた。気性もちょっと違いますよねぇ。沖縄も元々独立した国だったからそうなのかなぁ・・な~んて思ってたりします。
そうですよねぇ日本でも横浜の人ってハマっ子って言い方をよくして関東の人とは区別してますよねぇ。大きな港で栄えた街の人(横浜や神戸)ってそうなのかしら?!そういう意味では関西は関西人とひとくくりにしてるけどそれを心地よく思ってるのは大阪人だけなのかも・・って思えてきました。京都は古都だったことへのプライドが高いから大阪と一緒にされるのを嫌がるし、神戸っ子も嫌がるし・・・奈良とかはどうか??だけど。後大阪府下でも北摂の人は市内の人と一緒にしてくれるな的な所がある人もいたりするし・・難しいですね。

でしょ~!!

そうなんです、Varesまでは一緒でまさに市内か郊外かってだけの違いなのに・・でもこれってVareseの人には大きな違いのようで彼(←Varesino)にVaresottoって相方が言ったら「次そう呼んだら真剣に怒るから!!」って結構マジな目で訴えてらっしゃいましたから(苦笑)。
私もシエナの人がセネーゼって呼ばれてるって初めて知りました!!ほんと例外ありすぎ(汗)・・

確かに!

そう言われてみれば確かにPescaraとChietiには何だか確執めいたものがありますよねぇ(苦笑)。
行ったことがある外国人の私からすれば何故に?!?!って感じなんですけど(苦笑)。
一度スブ(スブソニカ)のコンサートがキエーティであったんですけど、表向きはペスカーラって書いてたような気がするんです。勿論ペスカレーゼ達は「ペスカーラじゃないし!!」って反応だし、キエティーノは」何でペスカーラって書いてるの!!」って大ブーイングだし・・そっからそこやん!って思ってたんはきっと私だけ・・

またまた例外・・

Chioggiaの人はCiosottoってまたまた例外発生ですねぇ(笑)。hはどこですかぁ~?!?!って問いただしたくなります!!何だかこうやって色々聞いてると例外じゃないところの方が少ないの?!って疑問すら湧いてきたりして・・
まだまだイタリア語が未熟な私には何故にCiosottoがネタになるのかわからずにいます(恥)。あっやっとこさチロル地方の人のネタは分かりましたけど(笑)。

やっぱVareseって特別なのでしょうか?!市内と郊外で呼び方が違うのってやっぱレアですよねぇ?!
何度かその周辺を車で通りましたが、まさにVaresinoとVaresottoの境界線はどこ?!?!って感じでした。(←ごめんなさい、Vareseの人たち・・)

3月までね・・

と言うことはウッフィツィに行くなら3月迄に行かないと「受胎告知」は見れないってことね?!
情報さんきゅう♪
この前ミラノへふらふら~っと一人で出かけて思い立って「最後の晩餐」見に行こうと思ったらチケット完売で見れんかった(涙)・・
ダ・ヴィンチブームのばかやろう!!って思ってるのは私だけ?!

弾丸トークで聞かせますよぉ~♪

関西弁好きとかって何とも嬉しいコメ、ありがとうございます!!そんなん言うて頂いた日には弾丸関西弁トークのプレゼントをしたくなっちゃいます(笑)。
往々にして関西人の人は早口なんで弾丸トークしてるつもりはなくっても弾丸トークになっちゃったりします(苦笑)。反して東北弁ってなんともまったりしててかわいい感一杯ですよねぇ。
私は九州の人の言葉も結構好きです。

ほんときっこさんとRicciaさんってご近所さんなんですね?!いいなぁ~素敵なご近所さん同士で!!

ローマ人ってロマネスコが正解?!
近々ローマの人に会うから聞いてみよぉ~♪
あ~それにしても覚えるの大変すぎ・・(←既に降参状態ですが・・)

ろまねすこ

giannaさん~~
昨日、私も不安になって伊伊時点を見たら「ローマの方言、人、料理」をロマネスコと呼ぶ、とかいてあったけど、なんとなくすっきりしなかったので、旦那に聞いたら「う~ん、でも普通はローマ人はロマーニ、方言や土地の伝統料理はロマネスコというよ~」と!

なので、ロマーノがやっぱり正しいと思う!!!
ごめんね~~~~

コンフェルマ

ど~しても気になってた私は、目の前に越してきたローマ出身、、奥さん「チョゾッタ」さんに昨晩、聞いてみた。彼も「ローマ人はロマーノでいいんだよ。方言や伝統的料理はロマネスコと言うね」とのこと。GIANNAさん、みなさんが合ってます!!書くときにはきちんと確認しないとね~(自己反省

さすが!!

すごい研究心!!大尊敬だわ、きっこさん!!
実は私もローマに行った時にローマの友達に聞いたら同じことを言ってました。
そして教えてくれた後のコメントが「いつもそうやけど何か突然な質問、よくするよなぁ・・」って(笑)。
どうも私は突拍子もない人物だそうです(爆)。
でもこの○○人ネタ、この記事以降めっさ気になり始めて行く土地土地で「なぁ~ここ出身の人はイタリア語で何って言うん?!」って聞くのが習慣化しております(笑)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
お気に入り&お勧め
一押し
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

Abruzzo関連

Artisti Uniti Per l'Abruzzo: Domani
Bradt Abruzzo (The Bradt Travel Guide)
Centouno cose da fare in Abruzzo almeno una volta nella vita
Abruzzo. History and art guide
Guida ai castelli d'Abruzzo
あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ
風と一縷の愛―イタリア・アブルッツォ州の三人の詩人D・カヴィッキャ、D・マリアナッチ、R・ミノーレ
Voglio tornare a vivere nella mia casa. I bambini d'Abruzzo raccontano il terremoto
Food and Memories of Abruzzo: Italy's Pastoral Land

イタリア関連

A09 地球の歩き方 イタリア 2017~2018
るるぶイタリア'17 (るるぶ情報版海外)
いちどは行ってみたいイタリアの素敵な街 2017年 カレンダー 壁掛け D-5 【使用サイズ:594×297mm】
完全保存版 最も美しいイタリアへ。 (CREA Due)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン)  2015年 10 月号 [ミラノ、ヴェネツィアと北イタリア巡り イタリア夢旅案内。]
シモネッタの本能三昧イタリア紀行 (講談社文庫)
バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

飲み物関連

Slow Wine 2016: A Year in the Life of Italy’s Vineyards and Wines
イタリアワイン〈2016年版〉―プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアル
別冊ワイナート 2014年 09月号 日本ワイナリー訪問完全ガイド
Guida alle birre d'Italia 2015
純米酒を極める (光文社新書)
世界に誇るー品格の名酒

チーズ関連

チーズのソムリエになる―基礎から学ぶチーズサービスの仕事
チーズ図鑑 (文春新書)
Formaggi d'Italia. Storia, produzione e assaggio

読みもの

チェーザレ 破壊の創造者(11) (KCデラックス モーニング)
テルマエ・ロマエ コミック 全6巻完結セット (ビームコミックス)
聖書入門 (TJMOOK ふくろうBOOKS)
その女アレックス (文春文庫)
死のドレスを花婿に (文春文庫)
モンスター (幻冬舎文庫)
おまえさん(上) (講談社文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
Io non ho paura
Non ti muovere
Le Petit Prince (French)
Me Before You
Gone Girl: A Novel
The Immortal Life of Henrietta Lacks

お料理系

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
パスタマシンで麺道楽―うどん、中華麺、韓国風冷麺、もちろんパスタ!
オリーブオイルのすべてがわかる本
南イタリア 季節のレシピ
決定版 ホームベーカリーで焼きたてパン―パン屋さんの人気パンも天然酵母パンも焼ける (主婦の友新実用BOOKS)

美容と健康系

Dr.クロワッサン リンパストレッチで不調を治す! (マガジンハウスムック)
間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)
DVDつき 深堀真由美の基本のヨガ入門―カラダもココロもリラックス。 (主婦の友αブックス)
リンパ顔ツボマッサージ―たるみ・シワ・小顔に効く! (ぶんか社ムック)