恒例、謎の病気とお引越し

大晦日の後、相方の実家泊恒例の謎の病気に。

ある夜、異常な腹痛。
胃薬を飲んでも治まらず、鎮痛剤を飲んでも治まらず

マジ、のた打ち回るレベルの胃痛。

結局その後寝込むこととなる。

しかし4日には新天地への出発があったので、ゆっくり寝ていることもできず、送るもの(スイスから送ろうと言ったのに。。。)の整理、そして荷造りが

マンマはチャンスがあれば引き留めよう、引き留めようとするので、これ幸いとばかりに、

マ:これは出発を延期すればいいってサインよ!!

とか言いまくる(苦笑)。

正直、相方の家は私の家ではないのでゆっくり休めないから、私としてはちょっと大変でも移動してしまいたかった。

しかし体調があまりにも優れないので、

相:一人で後からくる?

イヤ、それは絶対にイヤだ・・・

なので、

G:イヤ、頑張って一緒に行く!

かなりきつかったけど、一緒に出発することに。

しかしこの決断は後々功を奏す!

ペスカーラの空港は小さいので、ローマまでは車(レンタカーした)で移動。

20170104.jpg
↑久々のローマ空港

何とここで、相方のベルギー友(と言ってもイタリア人)L家族と遭遇。

ちょっとお話をした後、我々は新天地へ。

新天地へはビジネスクラスで飛ぶことになっていた。
これも本当に幸いでした。

結局飛行機の中でもずっと寝ていた私。

そして新天地での私のビザが間に合っていなかったようで、相方の配偶者と言うことで(相方のビザはできていた)難なく入れた。
一人だったら復路のチケットがないから観光ビザで入れてくれてたのかどうか・・・

と、波乱万丈の新生活の始まりですが、実は新天地での生活については別途ブログを初めているので、このブログでは割愛します。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する