Nationality Rooms~墺・韓・亜・瑞編

※『Nationality Rooms~仏・諾・露・叙&黎編』からの続きです。

3Fのお部屋はオーディオ・ルームになっているし、鍵も解放してあるので、アドミションを払わなくても見てまわることが可能ですよ。

2016110669.jpg
↑オーストリアのお部屋

実はこのお部屋、生徒さんが1人いらっしゃって(後で通ったらグループになっていたので、先に到着して待っていたのでしょう)、入ってもいいのかな・・・とちょっと迷いました。

G:ちょっと写真だけいいですか?
生:まだ始まらないので、どうぞ~~~!

と、快諾。

2016110670.jpg

こちらは、17~18世紀のバロック建築に沿って作られていますよ。

2016110672.jpg
↑ラテン語で、

“Bella gerant alii, tu felix Austria nube.(戦いは他のものに任せよ、汝幸いなるオーストリアよ、結婚せよ。)”ということみたいですよ。
(訳はwikiさんより)

印象はTHEハプスブルグって感じ(当たり前だけど・・・)!

そして・・・

2016110673.jpg
↑韓国のお部屋

多分このお部屋はこの時点で一番新しいお部屋だったんじゃないかなぁと思います。

2016110674.jpg

お部屋に入ると真新しいにおいがしてました。

2016110675.jpg

14世紀の成均館をモチーフにしているそうですよ。

2016110676.jpg
↑ちょっと日本のっぽいけど、やっぱ違う

2016110677.jpg

2016110678.jpg
↑天井(何度アップしても横向くので諦めてこれで・・・)

鳳凰なのかなぁ・・・

そしてお次は・・・

2016110679.jpg
↑アルメニアのお部屋

2016110681.jpg

こちらは、10~12世紀のサナイン修道院がモチーフだそうですよ。

サナイン修道院は世界遺産にも登録されているんですね。
知らなかった

2016110680.jpg 2016110682.jpg
↑天井が印象的でした

そして・・・

2016110683.jpg
↑↓スイスのお部屋
2016110684.jpg


3Fのお部屋のお話、しばし続きます。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する