2017/01/12 Thu  00:37
Nationality Rooms~仏・諾・露・叙&黎編

※『Nationality Rooms~蘇・中・南・英編』からの続きです。

イギリスの大きなお部屋を後にして向かったのは・・・

2016110654.jpg
↑フランスのお部屋

こちらのお部屋は、フランスの第一帝政時代をモチーフにしているそうです。

2016110655.jpg
↑ロイヤル・ブルーのイスが印象的

意外とあっさりとしていたというか、他のお部屋が凄過ぎたというか、ちょっぴり拍子抜けと言えば拍子抜けな感じのお部屋だった。

でも!!

2016110656.jpg
↑イスではなく、教壇の脚がインパクト強し!

そして・・・

2016110657.jpg
↑ノルウェーのお部屋

18世紀の農家のスタイルだでそうです。

2016110658.jpg

ちょっと山小屋風なイメージ。

2016110659.jpg 2016110660.jpg
↑ここではイスとドアが気になった(笑)

お次は・・・

2016110661.jpg
↑ロシアのお部屋

2016110662.jpg

ロシアはビザンティン建築に沿って作られたお部屋ですよ。

2016110663.jpg 2016110664.jpg
↑サン・ジョルディ?!!

スペインのカタルーニャ地方に行って以来、結構ファンな、サン・ジョルディ。

モスクワの守護聖人でもあるようです。
なのでここでも描かれていたのですね。
納得!

そしてそんなロシアのお部屋で気になったのはイスではなく(笑)・・・

2016110666.jpg
↑↓ドア周辺
2016110667.jpg

なんか彫刻がとっても気になった。

そして1F最後のお部屋は・・・

2016110668.jpg
↑シリア・レバノンのお部屋

こちらは、18世紀のダマスカスの商家をモチーフにしているそうですよ。

残念ながらこちらのお部屋は調度品など壊れやすい状態のようで、中には入れません。

外から眺める・・・ということは、実際もう教室としては活用されていないのでしょうね。

この後、3Fへ移動・・・

テーマ : アメリカ生活   ジャンル : 海外情報

Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア


Nationality Rooms~蘇・中・南・英編 ≪         HOME         ≫ Nationality Rooms~墺・韓・亜・瑞編