Juuuust chillin' out!! 基礎化粧品補充@ピッツバーグ
イタリア人科学者の相方と暮らす大阪人Giannaの日記
例年この時期は大阪に帰省している私。

もちろん家族に会うというのが一番の目的なのですが、在スイス時はド田舎&閉鎖的加減に窒息し過ぎて、都会の空気を吸い、価格競争の恩恵を受け、流行の移り変わりを見て目の保養をし、そしてバイトをして社会参加しているという達成感を味わうということも目的でした。

さらに、外国の化粧品が肌に合わないことが多いので、1年分の化粧品を一式買い出す・・・というのも大きな目的の1つ!

急に決まったスイス脱出&帰阪の延期。

そう、色んなものが底を尽きてきてるのです

さらにスイスでは行くところも、することもなかったので、ほぼ家に引きこもり状態。
水も空気も(もちろん、人も文化も!!)合わなかったので、週に1回ほど化粧をするかしないかって感じでした。

朝シャン派なので、化粧をしない日は水とのコンタクトを避けて朝に顔を洗ったっきりで夜は洗顔しないことが多かったです。
もちろんイタリアに買い出しに行ったり、遊びに行ったりした日はちゃんとお化粧してるので、夜帰ってきてから化粧を落として洗顔してましたけど。

そんな感じで、洗顔やら基礎化粧品やらのヘリ具合をきちんと計算できてなかった=アメリカに必要量を持ってきてなかったのもあって、ちょっとした基礎化粧品類の在庫がこちらに来てなくなってしまったのです

まず最初に底を尽きたのが、洗顔料。

在スイスだったら余裕で余ったはずの洗顔料なのですが、こちらではお化粧をしない日が2週間に1回あるかないかって感じ。

日本から持ってきたものはイタリアに送ってまだあるけれど、イタリアからこちらに持ってくる術がないので、こちらで購入することに。

こちらもヨーロッパ同様、基本洗顔はニキビ肌とか特殊なケースでないとしない感じっぽく、あまり種類がない。

自然派の方がまだブツブツができる確率が低いかなぁ・・・とナチュラル製品のコーナーに行ってみた。

201610172.jpg
↑毎日使える洗顔&スクラブ

と言うのもまず購入。

恐る恐る使ってみたところ、大丈夫な雰囲気。
洗った後は何だかしっとりした感じがある。

とは言え、スクラブって毎日してよいのかしら・・・とスクラブ慣れしていない私はややビビる(笑)。

で、再度量販店に行ってみた。

どれにしようかと迷ってるとたまたまこの洗顔コーナーに何の躊躇もなく洗顔料をGETした女の人がいたので、

G:それっていいんですか?
女:えっ?!
  これ?!!
  これって昔っからあるブランドなのよ。
G:自然派ですかねぇ?!
女:自然派だったらこっちのが有名よ!

と教えてもらったのがこちら↓
201610271.jpg

こちらはさらにマイルドな感じで、ポンプを押すと泡状になった洗顔料が出てくる。

一応、化粧をしていない朝シャン時には後者を、そして化粧を落とした後は前者を使っている感じで、今のところ肌トラブルなしです。

そして次になくなったのが乳液!

こちらも日本から持ってきたのはイタリアにはあるんだけど、こちらに持ってくる量が少なすぎた類。。。

洗顔を探している際に、後者のブランドは比較的お肌に優しいと女の人が言ってたので・・・

201611101.jpg
↑乳液もそのラインにしてみた

多分このUltra-calmingのラインは敏感肌用。

アメリカは薬事法やら食品衛生法が日本やヨーロッパよりも緩いと噂を聞いたことがあるので(真相は謎だけど・・・)、特に敏感肌でもないけど、敏感肌用にしてみました。

この乳液がちょっと不思議な感じで、着けた数秒はなんだかちょっとピリピリっとする。
なので、最初ヤバい!!と思って洗い流そうとしてると、普通な感じになる。

なのでしばらく様子を見てみることにした。

毎回つけた後数秒はこのピリピリ感を感じるけど、その後は一切ピリピリ感もなく、お肌も結構いい感じなので、気に入ってます。

そうそう、このラインに気をよくして、基礎化粧品じゃないけど、無くなっちゃったハンドクリームもこのラインにしてみた↓
201610272.jpg

多分、これはハンドクリームじゃないみたいで、ボディクリームっぽいけど、ハンドクリームとして使用。

しっとり感はいいんだけど、つけた直後はちとへんちくりんなにおいなのが気になるところ。。。

相方に、

G:最近、洗顔とか乳液変えたから、
  異変に気付いたらいうてな~~!!

ってお願いしていたところ、

相:何使ってるん?!!
G:これ~~!
相:これってイタリアにもあるんちゃう?!
  何か聞いたことあるような。。。

で、調べてみたら一部の商品はイタリアでもあるみたい。

でも私が使ってるのはなかったです・・・
残念!!

※上記は個人的な使い心地の感想です。
 肌質は人それぞれだと思いますので、使用をご検討の方はまずパッチテストなどで、ご自身の肌質に合うかどうかの確認をお願いいたします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する