2016/11/26 Sat  11:50
Andy Warhol Museum~その1

“RADical Days”のことを少し書きましたが(こちら)、その期間に、ピッツバーグにあるAndy Warhol Museum(ザ・アンディー・ウォーホル・ミュージアム)に行ってきましたよ。

2016100201.jpg

正直、モダン・アートは得意ではないのですが、ピッツバーグを代表する著名人の1人である彼の、そして生誕地でのミュージアムってことで行ってみました。

ミュージアムの中は彼の作品はもちろん、彼の生い立ちについての展示もありました。

2016100202.jpg
↑若かりし頃の写真など

なんだかイメージしていた感じとは違った若かりし頃のアンディ・・ウォーホル!!

ちなみに彼の本名はアンドリュー・ウォーホラ(Andrew Warhola)だそうです。

何だかピッツバーグって、アンドリュー・カーネギーや、アンドリュー・メロンなど、アンドリューだらけ(笑)。

ちなみにこちらのアンドリューさん二人が設立したカーネギー・メロン大学の前身である、カーネギー工科大学卒だそうです。

アンディ・ワーホールと言えばmポップ・アートのイメージしかなかったのですが・・・

2016100203.jpg
↑広告っぽいものや、

2016100204.jpg
↑宗教的な作品もありました

きっと初期の頃でしょう。

さらに!!

2016100205.jpg
↑↓日本やヨーロッパにも来たことがあるみたい
20161002060.jpg

まぁ、有名なアーティストだから当然と言えば当然なのかもですが・・・

2016100207.jpg
↑↓キャンベルのスープ缶の絵
2016100208.jpg

ポップアートの誕生とされる作品ですよね。

シルクスクリーン技法による作品は、物以外にも・・・

2016100209.jpg
↑ジャクリーン・ケネディ・オナシス

2016100210.jpg
↑エルヴィス・プレスリー

2016100211.jpg
↑何よりも有名なマリリン・モンローなどの作品がありました

2016100212.jpg
↑こんな空間もありました

ザ・アンディー・ウォーホル・ミュージアム続きます。



※私たちは無料入館の日に行きましたが、2016年10月時のミュージアムの時間などは以下の通りです。
 時間、料金など、変更があるかもしれませんので、いらっしゃる前に公式サイト等にてご確認ください。


Andy Warhol Museum
住所:117 Sandusky Street, Pittsburgh, PA 15212-5890
電話:412.237.8300
料金:大人 $20/子供・学生 $10
    ※3歳未満は無料
時間:10:00~17:00 (金は~22:00)
定休:月曜
備考:休館となる祝日日あり
    詳細はこちらを。

テーマ : アメリカ生活   ジャンル : 海外情報

Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア


ギリシャ料理?! ≪         HOME         ≫ Andy Warhol Museum~その2