Thanksgiving Day(感謝祭)

※続きに追記しています。

今日、アメリカでは感謝祭(Thanksgiving Day)ですよ。

アメリカでは祝日です。

GoogleThanksgiving2016.jpg
↑Googleアメリカのロゴも感謝祭バージョン!

カナダにも感謝祭はあって、祝日なのですが、アメリカとは違う日です。

ちなみにこの感謝祭は移動祝日日で、アメリカでは11月の第4木曜日、カナダでは10月の第2月曜日となっています。

カナダの方は月曜だから、普通に土曜~月曜にかけてロング・ウイークエンドになるのでしょうが、アメリカは木曜ということは金曜もお休みを取る人が多いのかな・・・

相方が務める大学はアメリカの祝日でも普通に授業をやってることが多いようです。

例えばこちらに来てからLabor Day(9月第1月曜)、Columbus Day(10月12日)、Veterans Day(11月11日)などがあったのですが、いずれも授業がありました。

が、この感謝祭はクリスマス・レベルに大切なようで、なんと大学は前日の水曜(23日)から翌日の金曜(25日)まで授業なし!

そしてご用達の図書館もどうも感謝祭当日はクローズです。

日本にもイタリアにもないこの感謝祭!

一体なに???って感じだったので、図書館で開催されている日本語のクラスに来る生徒さんたちにちょっと聞いてみましたよ。

皆さん一同口にするのは、

食べまくって太る日!

宗教的な意味合いはないのか聞いても、ないとのこと。

恐らく元々はあったのかもですが、薄れていってるのかもしれませんね。

他の人の話では、元々はアングロサクソンの風習で、収穫を神に感謝していたのが始まりだとのこと。

まぁ、諸説あるようだし、こちらの人たちそれぞれの認識も違うし・・・

しかし一同、口をそろえるのは家族揃っての大食事会!

家族が集まってたくさんのお料理を食べるという感じは、なんだかイタリアのクリスマスのイメージなんだけど。。。

アメリカはベジタリアンやベーガンの人も多いので、基本は七面鳥を食べる日だそうですが、家庭によってお食事内容は様々なそうです。

生徒さんの1人はまさにベーガンのご家庭なので、七面鳥は食卓にはあがらないとのこと。

確か、アメリカはクリスマス(約1カ月後)にも七面鳥の丸焼きを食べる習慣だったと思うけど、どんだけ七面鳥を食べまくるのか(爆)?!!

そうそう!!

感謝祭翌日(金曜)にはバーゲンなんかも行われるようですよ。

こちらで仲良くしてもらっているのがカナダ人の女の子。

カナダでは感謝祭はすでに終わっているので、

G:こっちの感謝祭、お祝いするの?!
友:しない。
  だって、もう感謝祭済ませたもの。

とのこと。

もちろんわが家は二人とも感謝祭とは無縁の国出身だし、二人で七面鳥1匹を食べるのもなぁ・・と思っていたところ・・・・

相:やっぱ七面鳥を食べんとあかんやろ!!
G:えっ?!
  二人で1匹はないで~~~!!

で、すったもんだの末、レストランを予約。

しかしこれも結構苦戦しました。

まず、この日開いてるレストランが結構限られていること。
さらに相方は

相:絶対、七面鳥!

なので、七面鳥メニューがあること。

よし!と思ったところに3日ほど前に予約を入れようと確認したら、終日満席!
第二候補も同様。
第三候補は辛うじて午後6時15分か、7時になら予約が取れたので、そこに予約をしています。

7時に夕食ってわが家的にはまずないパターンだけど、そうも言ってられないので。。。

夕食の様子はまた追ってご報告しますね。

どうやらアメリカ人にとっても一大イベントの1つである感じの感謝祭。

皆さんは体験されたこと、ありますか?!!

※ここから追記です。

アメリカ的にはかなりのイベント日だったようで、NYなどでは盛大なパレードが開催されていましたよ。

特にこのNYで行われている、大手デパートのMacy'sのパレードは有名なようで、TVででもライブ放送されていました。

お友達がちょうどNYに行っていて、FBでキティ―ちゃんなどのバルーンの写真をあげていました!!

さらに、ホワイト・ハウスでは(多分こちらは前日に開催さてたっぽいけど・・・)、この日莫大な消費対象であろうと思われる七面鳥を殺さないで恩赦するという行事もあるようです(こちら)。

ディナーの様子はまた別途アップしますが、この日はイタリアのクリスマスかと思うぐらい、町行く人も少なく(多分みんな家でディナー中?!)、ホテル周辺で開いてるレストランを見かけなかった=レストラン業の人たちも家族(?)とお祝いだったのでしょう。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する