Juuuust chillin' out!! まさかの・・・
イタリア人科学者の相方と暮らす大阪人Giannaの日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※続きに追記しています。

昨日、『大統領選挙の日』について書きましたが、結果が出ました。

USelection2016.jpg

まさかの・・・

トランプ氏が大統領に!!

十中八九クリントン氏がなると思っていたのに、驚きです。

いやはやどうなるのでしょうか、アメリカ・・・

ずっとこちらに住む訳ではないですが、世界的にも影響を及ぼすであろうアメリカの大統領。

と・・・

ハウスキーピングが来たので、続きは後ほど・・・

※ここから追記です。

そんなアメリカの大統領にトランプ氏とは・・・

昨晩FOXニュースの選挙速報を見ていたのですが、トランプ氏が優勢になった時点でアナウンサーの方々も結構な動揺加減!!
多くのホワイトカラーの人たちにとってはまさかの展開だったのでしょう。

そもそもブルーカラーの人たちには強い支持を得ていたトランプ氏。

都市部での票の伸び悩み、オバマ政権への不満から、オバマ政権を引き継ぐ形のクリントン氏の対抗馬への投票の結果なのでしょうか。

選挙前に両氏の討論演説を聞いていましたが、トランプ氏は労働のチャンスの増加を強くうたっていました。

が、今の世の中、どうやって労働チャンスを生み出すと言うのでしょうか?
もちろん、具体的な案はその場では述べず、ただただ、失業者をなくすべく労働のチャンスをもっと増やすとのこと。

正直、そんなの誰が信じるの???って思ったのですが、信じた人たちも多かったのでしょう。

今のアメリカの売りは何でしょうか?

車や家電などの製造業においては世界的にかなり弱い業界だと思います。
農業などにおいても、アメリカ国内では国内産のものの流通がありますが、食品衛生法(正直アメリカは結構ゆるい気がします)などの観点から、海外への輸出はなかなか厳しいものがあると思います。

これらの業界において、現状、労働のチャンスを増加させるのはかなり困難だと思います。

アメリカの売り・・・

私てきには、GoogleやFacebookなどのソフト面などがアメリカが強い分野だと感じています。

では、それらの業界での労働チャンスは誰が得るのでしょうか?
ホワイトカラーの人たちではないでしょうか?!!

しかしトランプ氏を強く支持したのはブルーカラー層。

そこまで読み取っての支持だったのでしょうか?!!

TPP離脱、そしてアメリカ第一主義のよる、さらなる在日米軍駐留費負担増加など、日本への影響は大きい印象。

そしてウーマンリブの国、アメリカの女性大統領の道はまだまだ険しいのではないのかしら・・・と思ったり。

果てさてこれからの4年間、どうなるのでしょうか・・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。