アメリカでの通信手段

今やLine やWhatsApp、そしてSkype などの普及であまり有料で電話をかける機会が少なくないですか

なのでスイスにいた時も、そしてイタリアに短期滞在したり、日本に中期滞在する時も常にプリペイド携帯を利用していた私。

電話会社によっても違うのでしょうが、スイスで利用していた携帯電話は、最後に電話をかけるなり、SMSを送信するなり、使用した(アクションがあった)日から1年間有効みたい。

なので、多分まだ私のスイスの電話は利用可能な状態だと思います。
使ってないし、電源すら入れてませんけど。。。

そしてイタリアの携帯は、課金した日から1年間有効。
こちらに来る前に空港で課金してきたので、こちらも有効&イタリアの携帯はスマフォなので実はこちらアメリカでも使ってます。

ちなみにベルギーにいた時もこのタイプ(課金から1年間有効)だった(電話会社は違います)。
なので、EU諸国はこれ系が多いのかしら。。。

日本の携帯は、60日間有効でした。

そう思うとヨーロッパのプリペイド・システムはあまり電話を使用しない人にはとても便利。

アメリカでもほぼ使うことないので、このヨーロッパ型のがあればそれにしようと思ってました。

が・・・

そもそもプリペイドの概念が違う!!

確かにプリペイドとはプリ(あらかじめ)ペイド(支払った)という意味なので、先払いということなのですが、こちらは月額の電話料金をまさにプリペイド(先払い)するか、後で使った料金を支払う(ポストペイド)かという選択肢しかないみたい。

もしかしたら探せばあるのかもだけど、在米のお友達に聞いてもどうもヨーロッパ型のプリペイド電話はない様子。

早々に相方は月額50ドルか60ドルかのプランを申し込んでしまっていた(苦笑)。

相:お前も同じ携帯会社にすれば?!

って言われたけど、

G:私はまず使わんし、もったいな過ぎるから、
  しばしお待ち!!

で、保留にしていた。

だって、ローカル電話はホテルの部屋電から無料。

恐らく一番使うと予想されるのは、外で相方と会う際に「早くこい!」と私が催促するパターン。

相方とはLine 、WhatsApp、そしてSkype でつながってるので、要はネットさえあれば事足りる。

と言うことで・・・

201609046.jpg
↑VerizonのWi-Fiルーターを購入

この機器プラス、月額プランを申し込んだ方がかなりお得。

ちなみに私は60日で35ドル(2GB)のプランを使用。

そう、相方の月額よりもかなりお得なのです。

結構フリーのwifiがあったりもするので、マジこれで充分!

さらに言うと、相方の携帯よりもカバー・エリアが広い気がする。

遠出をした時に頻繁につながらない相方の電話・・・

が、私のこのデバイスは機能しているのでイタリアのスマフォにてネットワーク通信しています。

今のところ、お友達ともWhatsAppとかでつながってるので外出時にも通信の不便がない。
なのでアメリカ滞在中はこれでいこうかなと思っています。

それにしても国によってプリペイドのシステムって違うんだな~と痛感しました。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する