2016/10/23 Sun  09:09
手強し、イタリアン食材!!

食にについて、少し・・・

近所に日本の食材屋さんを発見して、和食に関してはスイス時代とは比較にならないぐらいに充実しています。

が・・・

イタリアンが意外と困難!!

いままではお買い物はほぼ全てイタリアで済ませていたので、イタリアの食材についてはまったく持って不自由を感じなかった(当たり前!)。
※ちなみにスイスで買い物を強いられた時は不満があったけど・・・

が、ここに来て、意外と本当のイタリアンを作る困難さにぶち当たっています。

諸説あると思いますが、わが家の中でイタリアンを作るに関して重要な3品は、

・塩
・トマト
・オリーブオイル

このうち、塩はトラーパニでもらったもの(こちら)を持ってきてるので、大丈夫!

オリーブオイルはこちらのオーガニック・ショップでイタリアのオイルを見つけて、まぁまぁ許容範囲内かなって感じ。

トマトは、これはまぁまぁいけるかな・・・って言うの1種類だけあって、それが目をむくほどの高額商品!!

さらにトマトつながりで言うならば、パッサータ(トマトソース)がない

正確には売ってるんです、こんなのが↓
201609031.jpg

でもイタリア人的にはこれはない

これって、ちょっと温めて茹でたパスタと絡めたら、はいできあがり系。

でも、普通のな~~んも入ってない、な~~~~んも味のついてないトマトソース(をイタリアではどこのスーパーにでも売ってます)が欲しいのです。

それがなかなかない・・・

オーガニックのお店で見つけたトマトソースはイタリアのっぽかったんだけど、味があんまおいしくないし、なんだかしゃぶしゃぶ(水気が多い)。

やや近くのイタリア食材屋さんでも上のソースが主流に売られてた。

トマトソース、イタリアではよく使うから、スーパーの自社ブランドのとかだと、1瓶1ユーロ前後ぐらいで売ってるんだけどなぁ。

そしてトマトソースのパスタをするのに、欠かせないバジルをオーガニックのスーパーで発見↓
201609061.jpg

実は最初行った時、売り切れで買えなかった

次回行った時によし!と購入!!!

見つけた瞬間カゴに入れて他の食材を見ていると、知らないおばさんが・・・

お:あら、いいの持ってるじゃない(バジル見て)!
G:あそこにありますよ。
  前回来たとき売り切れだったんですよ。
  でも今日はまだありましたよ。
お:いくらなの?
G:え~~~っと・・・
  知らないです、いるから買うので。。。
お:あら、値段も見ずに買うの?!
  すごいわねぇ、あなた!!!

って、言われて思わず値段見に戻りました(爆)。

イタリアで買うのと同じぐらいの値段だった。

そもそもこれがそんな莫大な値段するという観念がなかったので、ちょっと目が覚めました(笑)。
ふたをあければイタリアと変わらなかったけど。

しかし!!

今はホテル暮らし。
お庭がない(ホテルの庭というか駐車場はあるけど)!
そしてその駐車場に1日数時間しか日が差さない!!

と言うことで、こちらのバジル、4回ほど使った時点でご臨終になってしまいました(涙)・・・
もう、鉢のバジルは買わん!!

テーマ : アメリカ生活   ジャンル : 海外情報

Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア


Point Brugge Café @ Pittsburgh ≪         HOME         ≫ Mercurio's Pizza and Gelato @ Pittsburgh