Juuuust chillin' out!! 初☆ブルゴーニュへの旅~Château de Pommard訪問
イタリア人科学者の相方と暮らす大阪人Giannaの日記
※『初☆ブルゴーニュへの旅~Hôtel-Dieu』からの続きです。

せっかくブルゴーニュに来たので、ワイナリーを見学しようと言うことになりました。

色々と考えた挙句、Château de Pommard(シャトー・ド・ポマール)を見学させていただくことに。

ちなみにすべてではないですが、ボーヌの観光局のサイトから多くのワイナリー訪問の予約がオンラインでできますよ(こちら)。

我々もこちらのサイトから事前に予約しました。

2016071717.jpg
↑シャトー・ド・ポマールの入口の門

2016071718.jpg
↑↓中庭はこんな感じ
2016071719.jpg

2016071720.jpg
↑敷地内にミュージアムもあり

2016071721.jpg
↑↓畑
2016071722.jpg

こちらは、ピノ・ノワールのみを植えてらっしゃるそうです。

シャトー・ド・ポマールの名前で白ワインも造られていますが(シャルドネ種)、白ワイン用のブドウは他から購入されているそうですよ。

中はガイドツアーで回らせていただきました。

歴史あるシャトーなので・・・と思ってチョイスしたのですが、なんと2015年から持ち主がアメリカ人に変わっているそうです。
調査不足・・・

2016071723.jpg
↑熟成中のワイン

ブルゴーニュは、2015年に Les Climats du vignoble de Bourgogne(ブルゴーニュのブドウ畑のクリマ)が世界遺産登録されています。

クリマはどうもブルゴーニュ独特な言葉のようで、限定された土地の区画のことを差すみたいです。
テロロワールを意識していることの現れでしょう。

そんな区画の違いを重んじるのはこちらのシャトーでも当たり前!

こちらのシャトーでの最高の区画が、“Simone(シモン)”という名前の区画だそうで・・・

2016071724.jpg
↑シモンで採れたブドウから造られたワイン

ちなみにシモン区画のワインはマグナム・ボトルだけ(だったか、それ以上だったか・・)造られているようで、普通のサイズの瓶での販売はありません(涙)・・・

畑やセラーを見学させていただいた後は試飲

こちらの畑では、ピノ・ノワールのみの栽培とのことだったので、赤だけ試飲させていただこうかと思ったら・・・

相:ブルゴーニュの白って飲んだことある?
G:私は日本で何度かいただいてるけど、
  ないの??
相:ない。
  あっ、でもいいわ。
  赤だけにしよう。
G:いや、逆にせっかくのチャンスやから
  白も1杯いただいたら?!

で・・・

2016071725.jpg
↑こちらを試飲させていただくことに

ちなみに向かって左端のMeursault(ムルソー)のみが白ワインです。

こちらはシャルドネを使ったしっかりした白。

結局、相方はブルゴーニュの白が結構気に入ったご様子。

やっぱ1回でも試飲してよかった!!

赤はエレガントな感じで、ガッツリとタンニンがきいたワインが好きな相方はあまりお気に召さなかったご様子。

赤に関しては以前行ったボルドーの方がお気に入りのようです。

2016071726.jpg
↑マールも試飲させていただいた

ガイドしてくれた女の子はとても感じが良く、すっかり話し込んでしまいました。

その後はガイドの女の子と離れて、

2016071727.jpg
↑お庭を見学

2016071728.jpg

2016071729.jpg

そうそう!!
お庭見学の前に・・・

2016071962.jpg
↑試飲して一番お気に入りの赤を購入

Grand vin du Château de Pommard 2011を買いましたが、木箱に入ってきたよ

ほんとはもう2~3本買おうかと思ったんだけど・・・

2016071963.jpg
↑来る前にスーパーでお買い上げのワインたち

この後も他のワイン生産地を回ろうかとかって言ってたのと、なんせ住んでるところがEU圏内でないので免税内の量が決まってる・・・

この日ほどなんでイタリアに住んでないの、私たちって思った日はなかったよ、ほんと!!

ちなみにガイドの女の子と別れる前に教えてもらっていたレストランへこの後向かうも・・・

2016071730.jpg
↑この日は休日

はてさてどうする?!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する