初☆ブルゴーニュへの旅~Montbéliardへ寄り道

先月の私のお誕生日のプレゼントとして、フランス旅行に連れてってもらいましたよ。

今回の目的地は、ブルゴーニュ地方。

まずは金曜の夜にcA_riNoさん家に泊めてもらい、土曜の午後にいざフランスへ

ちなみにフランスはこちら↓
MappaFrance.jpg
※画像はwikiさんより拝借

イタリアはブーツの形で特徴的なのでご存知の方も多いと思いますが、フランスはイタリアの上にある、濃い緑の部分ですよ。

お昼頃にcA_riNoさん家を出発したので、ブルゴーニュ入りする前に、Montbéliard(モンベリアル)でお昼を食べることに。

モンベリアル・・・

私も初めて聞いた場所なのですが、フランス東部のFranche-Comté(フランシュ=コンテ地域圏)↓にある町です。
MappaFrancheComte.jpg
※画像はwikiさんより拝借

町の名前は知りませんでしたが、フランシュ=コンテ地域圏と言えば、かの(!)コンテチーズが造られている地域だな~と思いました。

初めて来る場所だし、せっかくなので少し町も見てみることに。

2016071601.jpg
Mairie(市役所)

前の像は、Georges Cuvier(ジョルジュ・キュヴィエ)。

キュヴィエは、モンベリアル出身の博物学者ですよ。

そして駐車場をはさんで、市役所の前には・・・

2016071602.jpg
Temple Saint-Martin(サン・マルタン教会)

1600年初めに建てられたプロテスタントの教会だそうですよ。

イタリアでいつもカトリック系の教会を見慣れてるので、やっぱちょっと違った印象。

モンベリアルには、アラン川とローヌ・ライン運河が流れています。

2016071603.jpg

2016071604.jpg
↑↓緑の部分はPrès-La-Rose(プレ=ラ=ローズ公園)
2016071605.jpg

こちらの公園は、アラン川とローヌ・ライン運河の間にありますよ。

敷地は10ヘクタール。
東京ドームの約2倍の大きさ。

そこには100を超える種類の草花が植わっているそうですよ。

ここモンベリアルは『花のまちコンクール(Villes et villages fleuris)』の4 fleurs(4つ花)の町なんですよ(こちら)。

2016071606.jpg
↑Chapelle Évangélique(福音派チャペル)

色がかわいかったのでちょっと写真を撮ってみました。

2016071607.jpg
Château de Montbéliard(モンベリアル城)

別名、Château des ducs de Württemberg(ヴュルテンベルク公爵の城)。

モンベリアルは、15世紀から18世紀まで、ドイツのヴュルテンベルク家が領有した町なんですよ。

こちらのお城、今はMusée du Château des ducs de Wurtemberg(ヴュルテンベルク公爵の城博物館)であり、Musée d'archéologie et d'histoire naturelle(考古学、自然史博物館)として活躍しているようです。

2016071608.jpg
↑こちらは何となく撮った写真で、何だったかは不明・・・

そして腹ごしらえ!

2016071609.jpg
↑私のランチは、シェーブル・チーズ(山羊乳製チーズ)入りのキッシュ

2016071610.jpg
↑相方はソーセージの盛り合わせ

モンベリアルってソーセージが有名なんですって。

かなりお腹がいっぱいになったご様子の相方(笑)。

ここからは一路、ブルゴーニュ地方を目指します!

テーマ : フランス - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する