07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

Osteria Il Podestà@Asti

2016年08月08日
※『ピエモンテのランゲ・ロエロ地区の旅~Asti編』からの続きです。

私の誕生日だし、せっかくのピエモンテだから・・・と夕食を食べてから帰ることにしましたよ。

何となくいつもの相方の嗅覚でチョイスしたのは、

2016071028.jpg
Osteria Il Podestàという中世風のお店

2016071029.jpg
↑中はこんな感じ

アスティは、スプマンテが有名だけど、他にも有名なワインがあります。

そんなアスティのワインの1つ、

2016071030.jpg
Elio Perrone社のTasmorcanというBarbera d'Asti(バルベーラ・ダスティ)をチョイス

このボトル、イタリアではあまりお見かけしないタイプのボトル。

ポルトガルのポート・ワインにはよく使われてる型だけど。

バルベーラ・ダスティはバルベーラ種を使った赤ワイン。

お店が、

店:いい選択ですよ!!

と、一押ししただけあって、これがめっちゃめちゃおいしかった。

何気に今まで飲んだバルベーラ・ダスティの中で一番おいしかったかも。

正直、先にバルバレスコ村で飲んだバルバレスコよりもおいしかった!!!

お店の人いわく、

店:これのリゼルバがまたおいしいんです!!

だそう。

それを聞いて、そしてこれを飲んで相方は・・・

相:買い付けに行こう!

と言うぐらい、相方も超~~~お気に入り!!

2016071031.jpg
↑アミューズ

すごい写真がぼけてますが・・・

野菜スティックなんですけど、オリーブオイルとビネガーとを混ぜたソースをからめていただく。

通常相方はこの手のものがあまり好きではないんだけど、これはめちゃウマでパクパク食べてはった。

そして私、気づいちゃいました!!

これを食べた後に、ワインを口に含むとなんともコーヒーのような香ばしいお味がすることに!!!

G:一回やってみ!
相:えっ?!
  そんな訳ないやろ~~~~!!
  って、ほんまやっ!!

これ、後でお店の人に言ったら、

店:あっ、気づきました?!!
  凄いですね!

と、ほめていただきました(笑)。

2016071032.jpg
↑相方のアンティパスト(前菜)、“Classico Vitello Tonnato(仔牛のツナソース)”

ピエモンテ州の郷土料理の1つだけど、他の地域でも結構やってる。
以前どっかで食べたことがあるけど、ここのこれはめちゃおいしかった。

2016071033.jpg
↑二人のプリモは珍しく同じで、“Riso carnaroli al Ruché(カルナローリ米のリゾット)”

カルナローリ米は、リゾットに最適と言われるお米!
これがめっちゃめちゃおいしかった。

バルバレスコで食べたチーズの影響で、あんまりお腹が減ってなかった私は、前菜をパスして、これだけにしたけど、急に食欲がめちゃめちゃわいてきたぐらいにおいしかった

2016071034.jpg
↑私のドルチェは、セミフレッド

2016071035.jpg
↑相方は桃を使ったドルチェ

2016071036.jpg
↑しめのコーヒー

サービスもお料理も、そしてなによりもワインがイケてるお店でした。

また来たい!!



Osteria Il Podestà
住所:Via dei Cappellai 5, Asti
電話:0141 590030
営業:要確認




・『ピエモンテのランゲ・ロエロ地区の旅~Barbaresco編』はこちら
・『ピエモンテのランゲ・ロエロ地区の旅~Asti編』はこちら
・『Osteria Il Podestà@Asti』はこちら
イタリア レストラン | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示