07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

Salumeria Barocco @ Ragusa Ibla

2016年07月26日
※『いざシチリアへ!~Ragusa Ibla編・その3』からの続きです。

イブレオ庭園に向かう前に、Salumeria Baroccoというお店に立ち寄りましたよ。

2016060926.jpg
↑ラグーサとシチリア産のチーズというこの看板に魅かれて(笑)

2016060927.jpg

2016060928.jpg
↑もちろん、地元産のチーズとサラミ類の盛り合わせをオーダー!

正直、どれもおいしい!!!

シチリアのチーズって普段はあまり口にすることはないけれど、やっぱおいしい!!

2016060929.jpg
↑パンがついてくる

こちらのパン、いつもオリーブオイルとオレガノがかかってる。

相方には大きな声では言えないけれど、実は私、シチリアのオリーブオイルが一番好きだったりする。

ちなみに二番目に好きなのはアブルッツォのオリーブオイル。

二つはやや似てるけど、シチリア産の方が味が濃い気がします。

どちらのオイルも、土地柄、山のもん、海のもんを食べる地域らしく、どちらにも合うって感じで、トスカーナ産(のオイルが有名だけど)のようにピリピリした感じは大きくない。

かと言って、リグーリア産のようにまろやかな感じでもない、ちょうど中間な感じ。

うちはお肉も野菜もお魚も同量ぐらい食べるので、これらの地域のオイルがお気に入り。

もとい・・・

オレガノもお料理でよく使うんだけど、シチリア産のはちょっと一味違う気がする。

このパンだけでもいつまででも食べれるって感じで気に入りました。

お食事のお供はシチリア産の赤ワインをグラスで2杯ずついただきました。

確か、ネーロ・ダーヴォラ種の赤ワインだった。

お隣の席にはフランスからの年配のご夫婦が。

フランス人にとってイタリアのチーズやワインってどんな印象なのかしらと、ちょっぴり話しかけてみた(笑)。

とても気さくでいい方たちで、なんとエスプレッソをごちそうしてくださった!!

よく、フランス人は冷たいって言うけれど、我々が出会うフランス人はかなり感じのいい方ばっかなんだけどなぁ・・・

そうそう!

カフェの前に・・・

2016060930.jpg
↑キノットも飲んだ。

こちら、相方のお気に入りの飲み物の1つです。

キノットについては、こちらを。

北伊のスーパーで売ってるキノットはあまり好きじゃないけれど、ここのこれは結構いい感じだった。

ちょっぴり苦味のあるお味ですよ。



Salumeria Barocco
住所:Corso XXV Aprile, 80, 97100 Ragusa
電話:+39 0932 652419
営業:9:00~22:30
イタリア レストラン | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示