Juuuust chillin' out!!

イタリア人科学者の相方と暮らす大阪人Giannaの日記

Entries

いざシチリアへ!~相方お誕生日編

※『Antichi Sapori & Tradizioni @ Castrofilippo』からの続きです。

今回シチリアに行った最大の理由は相方のお父さんのお墓参りのため。

去年のお誕生日はペスカーラの実家でマンマと一緒にお祝いした。

今年も相方は実家でお誕生日を迎えたかったみたいだけど、今年は色々とあって、私は亡くなったお父さんに色々とお願いごと、相談ごとなんかをしていた。

なので・・・

G:私さぁ、色々とお父さんにお願いごととか
  しまくっててさぁ、この夏は一緒にお墓参り
  しますって約束してるから、シチリアで
  お誕生日できひんかなぁ・・・

もちろん、私のお願い事は聞き入れてもらえてたし、私はまだ一度もお父さんのお墓参りをしたことがなかったし、相方も前回いつお墓参りしたのか記憶が薄い状態だったので、快諾。

なので相方のお誕生日だったこの日はお父さんのお墓参りに行くことにしました。

が、その前に・・・

2016060601.jpg
↑従姉んところの馬とロバを見学し、

2016060602.jpg
↑従姉特製のシチリア版パスタ・アル・フォルノ(パスタのオーブン焼き)をいただく

相方はなんでもオーブンものが好き(笑)。

特にパスタ・アル・フォルノはおばあ様が週末によく作ってくれていたお料理の1つ&マンマは作らない(私はこの16年間、一度も食べたことがないかも・・・)&わが家もたまにしか出てこないメニューの1つなので、テンション

ただ、イタリアの素敵なところは、パスタ・アル・フォルノと言っても、地域によって微妙に違うのです!!

相方がいつも食べていたのはアブルッツォ人であり、エミリア・ロマーニャで色々とお料理を教えてもらっていたおばあ様が作っていた、ある種おばあ様オリジナルのパスタ・アル・フォルノ。

わが家で出てくるパスタ・アル・フォルノは、おばあ様が作ってたのはだいたいこんな感じ的な私アレンジのパスタ・アル・フォルノ。

そして従姉作のこちらのパスタ・アル・フォルノはシチリア風を従姉がアレンジしたパスタ・アル・フォルノ(笑)。

これがめっちゃめちゃおいしかった!!!

ベシャメル・ソース&ミートソース、そしてモッツァレッラとパルミジャーノを使うところはうちと一緒なんだけど、何と言っても違うのが、パスタの形状!!

うちはショートパスタで家にあるのでやることが多い。

シチリアは、“annelletti(アンネッレッティ)”というリング状になったパスタを使うのだそうです。

従:デ・チェコのがお薦めよ!

って言うけれど、デ・チェコの本場、アブルッツォでも見たことないし、北に戻って何軒かスーパーで見てみたけれど、やっぱ北では売ってなかった。。。

さらにグリンピースも入ってたし、チーズもペコリーノも使うって言ってた。

2016060603.jpg
↑お誕生日ケーキも用意してくれていた

従姉たちに会うのは超~~久々。

従姉たちの間ではうちの相方が一番年下なのです。

そんな小さな(今や大きなだけど・・・)従弟のお誕生日の日を一緒に過ごせて従姉たちも何だかちょっと嬉しそうだった。

そしてこの後お父さんのお墓参りに。

久々に参ったお父さんのお墓に相方はとても神妙な面持ち。

そして、これからはもっと頻繁にお父さんに会いに来ようと二人で誓ってお墓を後にしました。

やっぱ、今回はペスカーラじゃなくって、お父さんの町でお父さんとお誕生日の日を過ごしてよかった!!

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事

月別アーカイブ