Juuuust chillin' out!! Pinacoteca di Brera(ブレラ美術館)
イタリア人科学者の相方と暮らす大阪人Giannaの日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相方がこの日、楽しみにしていたのは、Pinacoteca di Brera(ブレラ美術館)!

2016052114.jpg 2016052115.jpg

G:えっ?!
  行ったことないの???
相;えっ、行ったん?!!!

と言うことで、一緒に行くことにした。

この日は“Notte dei musei”で、何と18:40から、1ユーロでブレラ美術館に入れる日だったのです!!

と言うことで、都会ミラノ、そして観光客にも人気のブレラ美術館への入場は・・・


長蛇の列!!

せっかくだし、相方が入ったことないってことで待ちました、1時間弱!

2016052116.jpg

2016052117.jpg

とにかく大きな敷地とものすごい数の絵画!!!

一部だけ写真を撮ってみましたよ。

2016052118.jpg
↑Paolo Veronese(パオロ・ヴェロネーゼ)の最後の晩餐

2016052119.jpg
↑Gentile e Giovanni Bellini(ジェンティーレ&ジョヴァンニ・ベッリーニ)の“Predica di san Marco ad Alessandria d'Egitto(アレクサンドリアにおける聖マルコの説教)”

2016052120.jpg

2016052121.jpg
↑Pompeo Batoni(ポンペオ・バトーニ)の“Madonna con il Bambino e i Santi Giuseppe e Zaccaria, Elisabetta e Giovannino(聖母子と聖ヨセフザカリア)、エリサベト幼児聖ヨハネ

聖母子画はたくさんあったんだけど、このマドンナ(聖マリア)が一番素敵で温かみのあるお顔だったな~と思って写真を撮りましたよ。

2016052122.jpg
↑Giuseppe Pellizza(ジュゼッペ・ペッリッツァ)の“Il quarto stato(第四身分かな・・・)”

2016052123.jpg
↑Francesco Hayez(フランチェスコ・アイエツ)の“Il bacio(キス)”

ブレラで一番有名と言ってもいいかなと思われる、Andrea Mantegna(アンドレア・マンテーニャ)の“Cristo morto nel sepolcro e tre dolenti(死せるキリスト)”は残念ながら修復中なのか、ガラス張りの修復ルームに入ってました。

とにかく広大&莫大なコレクションにつき・・・

相:一日かけてガイドツアーに再チャレンジしたい・・・

と言うことになりました

と、この時点で夜の10時15分前

ここに来る前に入れてるディナーの予約は10時!

さて、どうなる
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。