Ristorante La Grotta dei Raselli @ Guardiagrele

Abbazia di Santa Maria Arabonaを見たあと・・・

相:何か食べて帰る?!

ってことで、毎度おなじみの、こちら↓から・・・
Osterie d'Italia 2015. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

※2016年度版も出ています!
Osterie d'Italia 2016. Sussidiario del mangiarbere all'italiana

20160328C01.jpg
Ristorante La Grotta dei Raselli

この本で調べて行くオステリアは結構カジュアルな感じのお店ばっかりなんですけど、こちらのお店はちょっぴりきちんとした感じでした。

20160328C02.jpg
↑お食事のおとも、Santoleri社のトレッビアーノ・ダブルッツォ

トレッビアーノ・ダブルッツォは軽~~~~いイメージの白ワインですが、こちら結構しっかりしていて、アルコール度も12.5ありましたよ。

アロマも素敵でした。
地元ではこういったイメージを覆すようなワインとの出会いもあって嬉しいです。

ちなみにこちらの造り手さんはテーラモ県にありますよ。

G:さっき、ドルチェ食べまくってたから、そんなに
  お腹、減ってないのよねぇ・・・
相:タラのコースにしよう!
  きっと軽めやよ。
  4皿だけやし。

と言う言葉に騙されて(!)、タラづくしのコースをいただくことに。

20160328C03.jpg
↑アミューズのカボチャのスープ

何気に私、ちゃんとメニューを読んでいなかったので、こちらも含めての4皿と思い、余裕、余裕と思っていたのですが、こちらはアミューズで4皿外だと後で知ることに・・・

20160328C04.jpg
↑タラのカルパッチョ

何気に生のタラをいただくのは初めてかも。
生でもTHEタラ(当たり前だけど・・・)って味がするのです。
タラの身の味って結構強いんだと改めて思いました。

かなりおいしいのですが、結構なボリューム・・・
そしてまだこの時点では私の中ではこれが2皿目の認識中・・・

20160328C05.jpg
↑こちらも前菜でタラの天ぷらとありました

この時点で、ちょっとおかしいと思い始めた私。

G:これってセコンド?
  カルパッチョは前菜でしょ?!
  プリモ(パスタ)はなしなの??
相:えっ、この後プリモやんか。
  これ、前菜やで。
G:えっ?!
  じゃあ、セコンドはなし?
相:プリモの後に決まってるやん!
G:それはわかってるけど、4皿って言わんかった?
相:だからこの後、プリモとセコンドで4皿やん。
G:えっ、5皿やんか。
  スープが1皿目やろ?
相:スープは関係ないよ。
  みんなに出てくるやつ!
G:・・・
  完食絶対無理やわ・・・

と、ここでスープがアミューズだと知る。

20160328C06.jpg
↑プリモはタラのパスタ

トマトソースの酸味と相まってとてもおいしいのですが、私はかなりお腹いっぱい・・・

ちなみに先の天ぷらは、さっくりとあがっていておいしかったです。
でも、なんで最近イタリアのレストランってフリット系を天ぷらってよぶんだろう。

日本人の私てきにも、日本食ラブ~~~~な相方的にも天ぷらって感じではなかったんだけど。
フリットでいいやんかいさ・・・

20160328C07.jpg
↑タラのソテー

ソースもおいしいのですが、私はもう限界・・・
ちょびらっと食べただけで包んで欲しいぐらいでした(涙)。

G:タラやから軽めって、どこがやねん!
相:ほんまに・・・

と、相方もやややっさもっさし始めてた。

が、デザートは別腹!

20160328C08.jpg
↑私はすっきりとトロピカル・フルーツのジェラート

20160328C09.jpg
↑お腹いっぱいのはずの相方はなんかトルタを頼んでた

どこまで食べれんのか?!!

このあとコーヒー(エスプレッソ)を頼むと・・・

20160328C10.jpg
↑4種の砂糖がでてきた

意外とコンサバな我々二人は無難に普通のお砂糖でいただきました。

町なかからも外れたところにあるこちらのレストランですが、かなりクオリティーも高く、今度はガッツリとお腹を空かして再チャレンジしたいと思っています。



Ristorante La Grotta dei Raselli
住所:Via Raselli, 146, 66016 Località Comino, Guardiagrele CH
電話:+39 0871 808292
営業:12:00~14:30/19:00~22:30
定休:火曜のディナー・タイムと水曜終日

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する