2016/02/26 Fri  10:10
ちょっくら生駒さんへ

石切さんを後にして向かった先は、生駒駅。

そこからは・・・

2016010307.jpg
↑ケーブルカーで生駒聖天こと、宝山寺を目指します

理由はよくわからないんだけど、毎年母親の親族はこの石切さんと宝山寺を同じ日にお参りしてるみたい。

高齢化が進み、今はもう母親姉妹がつれだって行くことがなくなったので、ここ最近は毎年私が付き添いで行ってる。

今年からは妹&甥3も一緒にやってきた。

甥3はまだちびっこなので、このケーブルカーがめちゃめちゃ楽しかったみたい(笑)。

ちなみにこのネコ型のケーブルカーはミケ号というらしい。
そして行き違いするから写真にはおさまってないけど、イヌ型もあって、そちらはブル号というそうな。

宝山寺はケーブルを降りてすぐって訳ではなく、

2016010308.jpg 2016010309.jpg
↑聖天通りを上っていきます

これが結構な階段または坂道なので、母親がひっくり返ったら大変ってことで、私たちが付き添いで行ってます。

やはりここからの道のりが少し大変なせいか、石切さんに比べて人はやや少なめでした。


2016010310.jpg
↑↓お寺は生駒山の中腹あたりにありますよ
2016010311.jpg 2016010312.jpg

こちらへはもっと近くまで車でアクセスができるはず。
なので、お寺に来てみると結構な人がいましたよ。

ちなみに聖天さんは、良縁・子授け・夫婦和合、そして商売繁盛・金運アップなどのご利益があるそうですよ。

写真にはおさめてませんが、中ほどに賽銭箱の袋口があって、そこにお財布をこすって一周すれば金運がアップするって言われてるみたいで、たくさんの人がお財布をこすってらっしゃいました。

もちろん(!)私もしてきました(笑)。

テーマ : 日常生活:日本   ジャンル : 海外情報

Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア


ちょっくら石切さんへ ≪         HOME         ≫ 2月に読んだ本(2016年)~死のドレスを花婿に