07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

4~12月に読んだ本(2015年)~永遠の0

2016年02月23日
去年読んだ本について4月以降書いてなかったので、今さらですが。。。

ちょっと今回からまとめずに1冊ずつにしてみます。

406276413X永遠の0 (講談社文庫)
百田 尚樹
講談社 2009-07-15

by G-Tools


あらすじ・・・
祖母、松乃の四十九日が済んでしばらくしたころ、佐伯健太郎と姉、慶子が祖父の賢一郎から呼ばれた。
そこで健太郎と慶子は、ずっと祖父だと思っていた賢一郎は実の祖父ではなく、本当の祖父、宮部久蔵がいたこと、そして特攻で亡くなったことを聞かされる。

6年後、健太郎は大学時代より4年連続で司法試験に落ち続け、祖父と信じていた賢一郎のように弁護士になるという夢にも迷いが生じだしている。

そんな健太郎に、フリーライターの姉、慶子が本当の祖父について調べてみないかと持ちかける。

渋々始めた祖父探しのバイト。
乗り気ではなかったバイトだったのだが、そのバイトをしていくうちに・・・・


ご存知の方も多いと思いますが、こちらはV6の、そして関西圏では言わずと知れた「超ひらパー兄さん」の岡田君が主演をつとめて映画化されましたよね。

映画の方は観ていないので、映画との比較はできませんが、本を読んだ感想を・・・

まず、百田さんの作品を読むのがこれが3冊目(『モンスター』と『幸福な生活』を読みました)。

先の2冊とはまた違った感じの本で、ほんと涙が止まらないって感じの作品でしたよ。

そして当然の感想なのでしょうが、ほんと、戦争ってあり得ない・・・

どれだけの人の人生を狂わせ、どれだけの尊い命を犠牲にするんだろう。

残念ながら、今なお世界のどこかでは戦争や紛争が続いてる。

命の大切さを知るためにも一読するも悪くないのではないかと思いました。
| コメント(0)
コメント

管理者のみに表示