Osteria del Tir a Sciopp @ Invorio

Nozze di Legnoの日、さてどこでディナーを・・・・ってなったのですが、すぐに二人とも一番好きなレストランに行こうということになりました。

今年の6月にも行ったけど(こちら)、お馴染みのOsteria del Tir a Sciopp
10101501.jpg

やっぱここ、一番おいしい!!!

10101502.jpg
↑アミューズ

ジビエのテリーヌ。
全く臭味もなく、フレンチのテリーヌのようにずっしり感もなく、絶妙なお味。

まず、お食事のお供は、

10101503.jpg
Enfer classico

日本の方々にはあまりなじみのないワインかもしれませんが、ヴァッレ・ダオスタの赤ワインですよ。

ちなみにEnferは地獄という意味だそうです!!

10101504.jpg
↑前菜の“Budino al Gorgonzola, Mostarda di Pere Martin Sec e Sedano Croccante”
(ゴルゴンゾーラのスフレ 洋ナシ(マルティン・セック種)のモスタルダとセロリのクロッカンテ添え)

二人でシェアーしました。

何気にこれ、いつものパターン(笑)。

でもこれ、マジでおいしくって、毎回食べたいのです。

ちなみに写真のは1人分。
二人でシェアーすると言うと、二人分にして持ってきてくださった。

心配りもお味に負けず素晴らしい!!!

10101505.jpg
↑私のプリモ、“Maltagliati di Grano Saraceno con Fonduta d'Alpeggio”
(そば粉のマルタリアーティ アルパージュ・チーズのフォンデュ・ソース)

パッと見、ピッツォッケリ風なのですが、パスタの形状、具材、ソースなど一味も二味も違うのです。

ピッツォッケリは結構ずっしりとくるけど、これはそこまでずっしり感はなかったですよ。

10101506.jpg
↑相方のプリモ、“Tagliolini di Kamut Pancetta al Forno e Noci”
(パンチェッタとクルミ入りカムット小麦のタリオリーニ)

パンもピザ生地もそうだけど、ちょっとカムット小麦にはまってる相方ならではのチョイス。

10101507.jpg
↑私のセコンド、“Filetto di Fassone Piemontese al Burro d’Alpeggio”
(ピエモンテ牛・ファッソーネのフィレ・ステーキ アルパージュのバター・ソースがけ)

このファッソーネという牛のお肉なのですが、脂肪分が少ないのに、食べるととても柔らかいのが特徴だそうです。
そう、女子に、そしてダイエット中の方には嬉しいお肉!!

ほんととっても柔らかくて、でもまったくひつこくなくって食べやすかったですよ。
もちろん、おいしいのは言うまでもなく!!

10101508.jpg
↑相方のセコンド、・・・・

何かメニューにない豚肉のお料理にしたんです。

最初、

相:ボッリート・ミスト(✤)!

✤牛、子牛、豚、鶏などの色んな部位を、香味野菜と一緒に長時間ゆでたTHE肉料理。

と言ってたのですが、

店:前菜、パスタの後にボッリート・ミストは食べ切れませんよ。
  ボッリート・ミストだけにするか、別のセコンドにされた方がいいですよ。

と、良心的なアドヴァイス!

で、メニューにないお勧めを提案されてそれにしてました。

10101509.jpg
↑相方のドルチェはティラミス

10101510.jpg
↑私はイチゴとアイス

これ、めちゃおいしかったんですけど、途中からアイスの冷たさが身に染みてきて、リタイア。

あっ、相方が残り食べてました。
って、どんだけ食べれるの、相方・・・

10101511.jpg
↑相方の食後酒

もちろんこの後カフェ(エスプレッソ)でしめ!

ほんといつ来てもいいサービスにおいしい料理で、安心して満喫できるレストラン。

もっと頻繁に来たいなぁ・・・・



Osteria del Tir a Sciopp
住所:Fraz. Mescia 3, 28045 Invorio (NO)
電話:+39-0322-094685
営業:火~日 12:00~14:30/19:00~22:30
アクセス:高速A8をArona出口でおり、Borgomanero方面に向かって左折。
     ロトンダ(環状交差点)の最初の交差道がInvorio方面なので
     その道を進んで行くとVerganteの県道に出る。
     県道をまっすぐ進み、Sereia方面に向かって左折するとfrazione Mescia。
     付近に近づくと県道からお店の名前のイルミが見えます。
     県道に看板が出てるので、お見逃しなく。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する