Festival Franciacorta~Bonomi見学・その1

Sirmioneを急いで後にした理由は、Franciacorta(フランチャコルタ)へ向かうため。

9月の19日と20日にFranciacortaでFestival Franciacortaが開催されていましたよ。

フランチャコルタはイタリアの発泡ワインの里。

発泡ワインと言えばフランスのシャンパーニュが有名だけど、イタリア・ワイン好きならまずこのフランチャコルタが一番に浮かびませんか?!!

フランチャコルタはシャンパーニュと同じく、瓶内二次発酵を行うシャンパーニュ方式で発泡ワインを造っていますよ。

ちなみにフランチャコルタはロンバルディア州のブレーシャ県にあって、ブレーシャの町を真ん中に見ると、最初に向かったシルミオーネは東側で、ガルダ湖の湖畔、フランチャコルタ地方は西側で、イゼオ湖の湖畔です↓
MappaBrescia.jpg
※地図はWikiさんより拝借

そう、地帯の名前であり、DOCG発泡ワインの名前でもあるのです。

そんなフランチャコルタ地帯にあるたくさんのワイナリーの中から、我々が向かった先は、Bonomi(ボノミ)さん↓
19091531.jpg

この写真ではまったく伝わりませんが、こちら、お城のワイナリーなのです。

そして、中小ワイナリーながらも、イタリアのミシュランと言っても過言ではない、ガンベロ・ロッソの最高クラス、3つ星を獲得した造り手さんなんですよ!!!

19091533.jpg
↑ワイナリーさんのセミナーに参加のため急いでいた

セミナーでは・・・・

19091532.jpg
↑3種類のワインをテイスティング

グラスの配置に合わせてボトルの写真を載っけたので、順番が違ってますが、まず最初にテイスティングしたのは真ん中の“Franciacorta Cuvée Lucrezia”。

そして次は向かって左の“Franciacorta Cuvée Lucrezia Rosé”。

そして最後は向かって右の“Franciacorta Millesimato CruPerdu”。

どのワインも、丁寧で、心温まるワイナリーの人の人柄がワインにも反映されているようなきれいな造りのワイン!!

19091534.jpg
↑セミナーのあったお部屋にはワインが飾られていた

19091535.jpg
↑セミナーの後もワイナリーの方と少しお話

実はこの方、後ほど大変お世話になることとなる。。。

19091536.jpg

19091537.jpg
↑セミナーに参加しなくても、ワインはテイスティングできる

ワイナリーに入る際に、入場料のようなものを払うとワイングラスとチケットをくれるシステムになっていて、そのチケットでテイスティングができる。

19091538.jpg

19091539.jpg
↑ワイナリーの方に勧められた“Franciacorta Satèn”を

と言うのも・・・

19091540.jpg
↑↓生ガキにはこれ!と勧められたから
19091541.jpg

正直今まで生ガキとワインって微妙~~って思ってた。
フランスの某ワインがとっても有名だけど、やっぱ生ガキ独特の臭みが口に残るから。

相方とも生ガキのお供はそんな臭味をクリアーにしてくれる日本酒だよねぇ・・・って言ってたけど、このワインを飲んでからは前言撤回!!

めっちゃめちゃあった!!!
いくらでも牡蠣持ってきて~~~って言いそうなぐらい(笑)。

19091542.jpg

ボノミさんのお話、もう少し続きます。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する