ペスカーラ再び~1・2日目

急な相方の思い付き、それもこれまた急に電車利用で帰りたいと言い出した今回のペスカーラ帰省・・・

なんと夜中の2時過ぎに到着!
電車移動だったため&相方の実家は丘の上・・・

相方の親友、Gがこんな遅い時間にも関わらず駅まで迎えに来てくれていました。
大感謝!!

Gは翌朝から予定があったので、その日は軽くお話をしてお別れ。

翌ペスカーラ2日目は、もちろんこのために帰って来たのだから・・・

11091501.jpg
↑海!

9月に入ってるし、平日ってこともあり、何だか閑散・・・・↓
11091502.jpg

11091503.jpg
↑パラソルもクローズしてるし・・・

11091504.jpg
↑何気に赤旗(基本遊泳しない)じゃないですか!!

が・・・

ザブ~~~~ン!!

南仏のカシス(こちら)で泳いだ私には、このPescaraの海ってばほんと・・・

ぬるま湯!!!

ペスカーラの海には岩場があるんです(こんな感じ↓)
03093102.jpg
※クリックしていただけるとよくおわかりいただけるかと。

防波の役割を果たしているんです。

この岩場の内側は波がほとんどなく、とっても泳ぎやすい環境。
また近年では、ここで多くのクラゲなんかも食い止めてたりしていますよ。

この岩場までちょっと距離があるんですけど、途中何度か立ったりできるような感じのアドリア海。

相方、ちょっとビビりなところがあって、ちゃんと泳げるのに、ここまでは泳ぎつけないって思い込んでた節がある。

これは何年か前に一度一緒に辿り着いて克服しつつあった。
さらにリニャーノ・サッビアドーロ(こちら)でも、頑張ってブイまで泳いだ相方。
その時に、

G:自分でリミットを決めたらあかんで!
  自分で思ってる以上に泳げてるで!!

と、言い聞かせていたので、かなり自信をつけていた相方。

今回も二人で岩場までチャレンジしてみた。

前回岩場まで行ったのはG&D夫妻たちと一緒。
彼らはしょっちゅうここまで来てるから、どこ辺りで岩場にのぼって休憩したらいいか、どっから降りたらいいかなど熟知してる。

それを考えずに二人で向かった無謀な我々。
難なく辿り着き、岩場に先にのぼった私。

G:そっからのぼんのは大変やから、もう少し向こうに行った方がいい!

とか何とか言いながらしばし岩場で休憩・・・・まではよかったけど、今度はどっからおりたもんかと悪戦苦闘。

かなり悪戦苦闘の末、何とか怪我なく二人ともビーチに戻ったけど、この悪戦苦闘でかなり疲れちゃいました(爆)・・・

と、それにしても何で赤旗なの????
リニャーノ・サッビアドーロ以外のどこよりも海は穏やかな気がするんだけど。。。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する