つかの間のイタロの旅 ミラノ~ボローニャ

イタリアの大師匠、saicuccioさんとお別れした後、向かった先は・・・

10091507.jpg
↑ミラノのロゴレード駅

ほんとつい最近までは知らなかったけど、ミラノっていっぱい駅あるのねぇ・・・
いつも家からだと、ミラノ中央駅に到着してたんだけど、最近(あんまり電車使わないからいつからなのかは???だけど)、国境の町止まりの電車が多くなって、ECを使わないとイタリアへ行けなくなった。

たまにコモへ・・・と思って電車の乗ると、国境の町で恐ろしい待ち時間の時もある。
なので、コモへは国境の町からバス利用に切り替えた(どうせ値段は一緒)。

同時に、ミラノへも時間はちょっとかかるけど、普通列車で行ける(お値段も特急料金がないのでお安め)ことがわかった。
が、こちらはミラノの中央駅ではなく、ポルタ・ガリバルディ駅という駅の到着となる。

なのでミラノでは中央駅か、このポルタ・ガリバルディ駅かの利用ばっかだったんだけど、今回これらの駅とは別に、ロゴレード駅なるものがあることも知る。

ここに来た理由は・・・

10091508.jpg
イタロに乗るため!

何気に初、イタロ利用です!!

イタロって何???な方はちらっとこちらを。

そして何ゆえにこのイタロ利用となったかと言いますと、相方がまたまた急に、

相:今週末(9月2週目に週末)はペスカーラで泳ぐぞ!
G:えっ
  いつ、出発するつもり??
相:木曜に出よう!
G:木は前々から約束してるって言ってたやんか。
相:じゃあ、キャンセルしろ!
G:無理
相:何時の約束?
G:1時。
相:じゃあ、早めろ!
G:ミラノで落ち合えばいいやん!
  だいたい何時にミラノに来るつもり?!!
相:今回は電車で帰ってみよう!
G:えっ?!!
  なおさら、電車の時間とか見てみたら?!!

で、結局待ち合わせはほぼ夜の8時(爆)。

もちろん、師匠とのお約束は何の変更もない感じで、逆にこのためにお嬢様のお宅でおしゃべりしていただくことになったぐらい・・・

さらに、電車の予約をする際に、ミラノ中央駅(だったかなぁ・・・)から、夜行列車で乗り換えなしにペスカーラまで行く電車があったのに。。。

相:ひとまず、ロゴレードからイタロに乗ってボローニャまで行ってみよう!
  そこで1時間待ち時間があるから、ボローニャでご飯を食べよう!!

と言い出したために、イタロ利用となったのです。
ほんと自由な人・・・

10091509.jpg
↑↓赤い車体のイタロはかっちょい~~~!!!
10091510.jpg

2等席に座ったんだけど、ほんと快適で、車内では、無料のWifi、スマフォなどがあれば映画なども観れるようになっていた。

約1時間ほどでボローニャに到着。

G:ボローニャに到着ってアナウンス入ってたで!
相:そんなことはない!
G:嘘のアナウンスはせんやろがっ!!

で、あまりの早さに相方もびっくり&おどぼけ・・・

慌ててイタロをおりる。

10091511.jpg
↑新ボローニャ駅には“Kiss and ride”スペースがあり、そのサインがある。

何気にミラノでの待ち合わせがうまくいかなかった&遅刻魔の相方なので、発車時にはイタロの写真が撮れなかった。

ボローニャで・・・

10091512.jpg
↑何とか別のイタロの写真を撮った

あまりに快適だったから、このままイタロでローマまで行きたいぐらいだったんだけど・・・

ボローニャ駅でのこぼれ話。

ボローニャでイタロを下車し、当初は駅でパニーノを・・・って話が結局近くのレストランにまで走らされることとなるのですが、時間がないので、まさに食べた後はGO!

で、どうやらコーヒーが飲み立った様子の相方。

駅のこんなマシン↓でコーヒー(エスプレッソです)を買うことにした。
10091513.jpg

相方の前に男の人が同じくコーヒーを買おうと思ったみたいでコインを入れていた。
が、やっぱりやめようと思ったのか、何なのか返金ボタンを押すもお金が戻ってこない。

そうとは知らずに、なんてボヤボヤしてるの、この人・・・って思ってた我々。
察したのか、

男:1ユーロ戻ってこない!!

思わず、1ユーロあげるから、さっさとどけ!と思っていたのはどうも私だけで、

相:えっ?!
  何でやろね?!!!

で、タイミングよく自販機の係の人が通りがかった。

男:お金、戻ってこないんですけど。

調べてみると。。。

係:誰かが、返却口のところにカップ詰めてるからですよ。
  あるんですよね、たまに。
  こうやって、お釣りやら、返金やらをせしめる奴らが!!

何とも斬新とも言える手口に我々&男の人はびっくり

褒められることじゃないけど、その方法を考え出す力はちょっとあっぱれだなと思ってしまった私です。

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する