07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

モザイクの都・ラヴェンナ(Ravenna)~Basilica di San Vitale編

2015年09月10日
ペスカーラの帰り道、ずっとず~~~~っと行きたいと思っていたRavenna(ラヴェンナ)の町に立ち寄りましたよ。

まず位置を確認!
※位置に関する地図はwikiさんより拝借

ラヴェンナはEmilia-Romagna(エミリア・ロマーニャ州)にあります↓
MappaEmiliaRomagna.jpg

さすがにこの州はご存知の方も多いのでは?!!

日本でも有名な生ハム、パルマの生産地、Parma(パルマ)、バルサミコ酢の生産地、Modena(モデナ)、世界の大学の原点とされているボローニャ大学があるBologna(ボローニャ)などの都市を抱える州ですよ。

ちなみに州都は大学の町、ボローニャ。

そしてそのボローニャと隣接する県がRavenna(ラヴェンナ)↓
MappaRavenna.jpg

ラヴェンナの、“Monumenti paleocristiani di Ravenna(ラヴェンナの初期キリスト教建築物群)”は世界遺産に登録されています。

そんな世界遺産の町、そしてモザイクの都である、ラヴェンナを見てまわりましたよ。

まず向かった先は、Basilica di San Vitale(サン・ヴィターレ教会)↓
02081501.jpg

02081514.jpg

02081502.jpg

こちらの教会にはビザンティン建築の聖堂があります。

そして、内陣部には初期ビザンティン美術の美しいモザイク画が残っていますよ。

あまりにも大きいので、写真にはおさまりきらなかったのですが、その一部を是非ご覧ください↓
02081503.jpg 02081504.jpg

02081505.jpg

02081506.jpg

02081507.jpg

02081508.jpg

02081509.jpg

02081510.jpg

02081511.jpg 02081512.jpg

02081513.jpg

写真ではうまく伝わらないかもしれませんが、

圧巻の一言!

さすがイタリア



Basilica di San Vitale
住所:Via Argentario, 22, Ravenna
時間:4月~9月 9:00~19:00/10月 9:00~17:00/11月以降未記載
    ※6/26~9/4は夜間OPENあり
料金:€ 9.50
   ※上記料金には、Basilica di Sant'Apollinare Nuovo、Battistero Neoniano、Basilica di San Vitale、Mausoleo di Galla Placidia(*1)、 Museo&Cappella Arcivescovile.への入場料金が含まれます。
   *1:期間によっては別途料金と予約が必要

※上記の時間と料金の情報は2015年8月の情報です。
イタリア小旅行 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示