--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/08/04 Tue  10:54
Sardegna(サルデーニャ)旅行記・4日目~Nuraghe Majori編

お腹を満たした後は、文化意識も満たそうと、さっそくNuraghe Majori(ヌラーゲ・マジョーリ)へ↓
12071507.jpg

何とも素朴なサインでしょ(笑)。

入場料を支払うと、懐中電灯を渡されて、出発!

なんですが、1つ注意事項。

まず、なぜ懐中電灯なのかと言うと、入ってすぐの部屋(というのかな?!)は真っ暗。
そのために懐中電灯が必要なようです。

そしてそこには小さな蝙蝠が結構いるらしい。
彼らは懐中電灯の光はガッツリ無視らしいのですが、音には異常~~~~に敏感らしい。
なので、むやみに音を立てると、一斉に飛び立つらしい     

なのでくれぐれも音を立てずにそ~~~~~~~っと見学するようにとのこと。

あんまりきちんと書いてないですが、以前に二人でシンガポールに行った時(こちら)、動物園に入ったんです。

そこにも蝙蝠が(結構でかかった)いて、かなり度胆を抜かれたのを思い出した

12071508.jpg
↑ひとまずヌラーゲに向かう

12071509.jpg
↑ヌラーゲの天井部分から見上げたらこんな感じ

12071510.jpg 12071511.jpg
↑よくわからず、最初、ここか?!と探る相方

が、どうも違う・・・・

12071512.jpg
↑そしてここでもない・・・

と言ってる間に頂上に出ちゃった。

12071513.jpg
↑↓眺め良好!
12071514.jpg

12071515.jpg
↑実は本当に入ってすぐのここだった

私は一瞬だけ入ってすぐ退散。
相方はしばし見てたみたいだけど、無数の小さな蝙蝠がいたそうです。
そして音を立てなければ、懐中電灯で照らしても飛んだりはしなかったみたい。

後で受付のお姉さんが言ってたけど、夜行性なんで、基本昼間は大人しいらしい。
夜になるとヌラーゲから飛び出て蚊を食べるそう。

そうそう!
受付を済ませてヌラーゲに入り、ヌラーゲを出て周りの森林に向かう間中、ずっとお供をしてくれたワンちゃん↓
12071516.jpg

これまた受付のお姉さんによると、もっと山の中の方のお宅のワンちゃんらしいのですが、夏の時期、ここまでおりてきて、観光客のお供をするらしい。
そして自宅には帰らずこのヌラーゲ付近で夏を過ごすんですって。

12071517.jpg
↑違う角度から見たヌラーゲ

そして、この辺りはコルクの木がいっぱい↓
12071518.jpg

ちなみにこのヌラーゲは、Tempio Pausaniaというコムーネ(コミューン)の外れにあります。
せっかくなのでテンピオ・パウザニアの町にも行ってみた。

12071519.jpg

12071520.jpg 12071521.jpg

週末ってこともあったけど、めちゃ暑い日で、町の皆さんはどうやら海に繰り出していた様子。
ちょっとガラリ~~~~ンとしてしまってました。



Nuraghe Majori
時間:9:30~19:00
料金:€ 2.50
   ※我々が行った時点での料金です。

テーマ : イタリア   ジャンル : 海外情報

Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア


Punto di ristoro "Nuraghe Majori" @ Tempio Pausania ≪         HOME         ≫ Sardegna(サルデーニャ)旅行記・4日目~Valle della Lunaへの道編
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。