アメリカ旅行・1日目~NY編

2015-06-07 Sun : アメリカ 
先月20日からアメリカに行ってました。

相方の仕事の都合で、シアトルに行かないといけなかったのですが、ヨーロッパからだと西海岸はちょっと遠いよねぇ・・・ってことで、NYにいる親戚にご挨拶&一息ついてから西海岸入りすることに。

2005151.jpg
↑NYへはミラノのマルペンサからアリタリアの直行便を利用

しかしこの予約するのがほんと大変だった。

予約はアリタリアと同グループのエールフランスからしたのですが、ネットで予約を試みるも、支払いの段階になると

システム・エラーです

が続いた。
2日に渡って同じ現象だったので、ついに電話で予約することにした。

すると料金がかなり違う。

すったもんだでほぼ同じ値段にしてもらって予約をするも、席のアサインが24時間前まで出来ず・・・

結局2人分一緒に予約したのに、離れた席で座席がアサインされていた

なぜか相方のみ、コンフォート・シートという足のスペースがある座席。
私も隣に席を取ろうと思ったけど、そうすると約1万円ほどアップに

一か八か少し離れた席にしておいて、相方の隣が開いてたら勝手に座ろうということにした(笑)。

毎回出発の日はドタバタ

2005152.jpg
↑↓空港で朝食を取ることに
2005153.jpg

が、呑気にコーヒーを飲んでたら、さっさと行かないといけない時間になっていた

エキスポのせいか、マルペンサ空港が若干前とは変わってて、便利なような不便なような・・・

結局小走りでゲートへ!

2005154.jpg

一路NYを目指します。

近いと思ってたけど、意外とNYは遠く、飛行時間は約9時間!

2005155.jpg
↑珍しくアプリコットのジュースがあったので、それにした

相方もマネしてそれにしてた。

そうそう!
結局相方の隣は開いてたので、勝手に相方の隣に移動しました

2005156.jpg
↑機内食も珍しく、クレープ(甘くないやつ)があったのでそれにした

まぁまぁのお味。

結局飛行中、相方はお仕事、そして私はゲームと映画にあけくれた。

私が観た映画は、2本。
どちらもイタリアの映画でした。

1本は“Venuto al mondo(ある愛へと続く旅)”↓
ある愛へと続く旅 [DVD]

私のきらいなペネロペの映画とは知らずに観てしまった。

だって、イタリア映画のセクションに入ってたから・・・

内容はかなりヘビーで、ズ~~~~~ンと来た。

なので、2本目は軽く行こうと、“Immaturi - Il viaggio”↓にした。
Immaturi - Il Viaggio [Italian Edition]

これはコメディーなので、かなり笑えた。

そんなこんなでNYのJFケネディ空港に到着!

コンフォート・シートのお陰で疲れはあまりなかった。

が・・・

予定より早く到着したのに、ゲート待ちで結局、小1時間ほど機内で待たされる。

さらにアメリカって入国審査も長いから、出るまでにすっごい時間がかかり、ここに来て疲れが。。。

そうそう!

JFKで色んな言葉「Welcome」って書かれたボードがかかってるんだけど、日本語とフランス語はなかった。
入国審査の列に並ぶ見知らぬフランス人が


仏:あれは日本語でしょ、あっ、仏語がない!!
G:日本語もないですよ。
  あれは中国語ですよ。

と、お互い失笑。

私たちってWelcomeじゃないんだろうか?!!

疲労困憊でやっとこさ空港から出れた我々。

本当は親戚の人が迎えに来てくれるはずだったんだけど、急な会議が入ったようで、お友達が迎えにきてくれていた。

が、このお友達、相方も会うのは初めて。

なのに・・・

一発で我々を見つけ出した!!

な~ぜぇぇぇ~~~~


親戚の家はNY州とは言え、NJとの州境。
アメリカ人らしく、かなりデカい家。
でもNYの町まではちょっと遠いんだよねぇ。。。

この日の夜は、泊めてくれた相方の従兄の妹、そう、こちらも相方の従姉なのですが、その夫妻も従兄の家に来て一緒にディナー。

いとこたちは、相方のお父さんのお姉さんのお子さんたち。
両親ともにイタリアからの移民なんだけど、いとこたちは誰ひとりイタリア語を話さないので会話は久々の英語。

しかしイタリア語も英語も私の母国語ではないので、2つを使っているうちに脳がすっごい疲れた。

2005157.jpg
↑お食事のお供はフランシス・コッポラのワインだった

旅行の疲れもあり、この日は爆睡

コメントの投稿

Secret