07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

Pescara帰省~3日目(Pasqua)

2015年04月19日
毎年パスクア(復活祭)の日はお隣の州、マルケ州に住むマンマの弟さん(相方の叔父さん)宅へお邪魔することとなっている。

何気にパスクア・ディナー・レポを2011年(こちら)以来してなかったなと気づいた

記憶が定かではないが、去年は行かなかったような気がせんでもないけど・・・

もとい!

叔母さんはとってもお料理上手で、多分超~~~几帳面なんだと思う。
来客ってこともあるんだろうけど、家はいつも綺麗!

さらに。。。

0504151.jpg
↑ちゃんとパスクア・デコもしてる!

これはパスクア・デコの一部を写真撮っただけで、やっぱきちんとされてるな~と思いました。

何気にわが家は毎年この時期pesuka-ra帰省なので、一切デコったことがない

一度デコろうかとデコ品を探したけど、よくよく考えるとデコってすぐPescaraに戻り、戻ってきたらもうパスクアはとっくに終わってるから、片付けることとなる。

そう、出してすぐ片付ける・・・

なので、断念しました(笑)。

ちなみに同様に結婚した最初の年だけクリスマス時期にこちらにいたのでデコってたけど、今や晩秋から年明けまで日本に帰省する&相方はそんなのしないので、クリスマス・デコも省略です。。。

もとい!

パスクア・ディナーと言えば毎年定番で、

0504152.jpg
↑アンティパスト(前菜)。

こちらは2011年とほぼほぼ同じラインナップで、サラミ類、チーズ、チーズを練り込んだパンの上にハムとたまごがのったもの、そしてFiadone(フィアドーネ)。

多分このフィアドーネはアブルッツォ独特のものじゃないかなって思う。

イタリアは地域によってあるもの、また名前が異なるものなど、食べるものは地域によってバラエティーに富んでいる。

0504153.jpg
↑こちらも定番のプリモ(パスタ類)。

2011年にはラザニアって書いたけど、やっぱティンバッロが正解でした。

叔母さんお手製なんだけど、ほんとこれが超~うまなのです。

何につけてもそうなんだけど、伯母さんの秘儀が叔母さんのお料理にはところどころ使われていて、それは教えてくれないの

マジ、2~3日でもいいから叔母さん家に行ってお料理の特訓をしてもらいたいものです。

ちなみに入ってる材料はわかってるんだけど、私がやっても同じにはできん何かが隠されている!!

0504154.jpg
↑そしてこちらも定番のセコンド(メイン)、羊肉。

トラディショナルなパスクア料理としてセコンドは羊肉を食することが多いイタリア。

最近では日本でもなじみ深くなってきたのかもだけど、羊肉をアブルッツォやマルケ周辺ではほんとよく食べる。

なので彼らは本当に羊肉のお料理の仕方が上手!
くさみなんて一切感じない。

そんな中でも叔母さんの作るこのセコンドは絶品!

写真のお皿が2皿あったんですが、みんな(叔父さん家族3人、相方のお姉さん家族4人、マンマ、相方と私の今年は総勢10人)でペロリと2皿平らげました。

相方のお姉さんの旦那さんはあまり羊肉が得意ではないらしいけど、この叔母さん作の羊料理にはおかわりをしてはりました(笑)。

これもちゃんとは教えてくれなかったけど、伯母さん秘儀がかなり使われた作品らしく、相方のお姉さんが作る羊料理とほぼほぼ材料は一緒(スパイスも含めて)!
が、お姉さんの旦那さんいわく、

旦:同じじゃない!

らしいです(笑)。

何気に今年はワインの写真を撮り忘れてました

泡で乾杯し、赤を2本開け(1本はマルケの赤だったんだけど、これがめっさおいしかった!)、ドルチェ時には甘口の白がまた開けられましたよ。

ここで定番のドルチェは私も叔父さんも大好きな叔母さんのティラミスなんだけど、今年は定番通りではなく・・・

0504155.jpg
↑コロンバ!

これ、前日に相方と私がマンマにパシらされた代物。

Pescara周辺では有名なPasticceriaらしいんだけど、やっぱおいしかった!!

食にうるさい叔母さんもこれには舌鼓!

ちなみにこれ、当日引き渡しで、お金だけ先に支払っていたので、モノは前日にはなかった。

パスクア当日、ケーキがないことに気付いたマンマ(オーダーしたって言ったのに、忘れたのか?!)は大パニックで、

マ:ケーキがないから、私は(叔父さん宅へ)行かないわぁ~~~~!!

と、電話で相方のお姉さんに叫んでいた。

デカい声だったので、相方が気づいて事なきを得たのですが(爆)・・・

と、マンマのパスクアおもろ話をもう1つ続きでご紹介しますね。

お食事に、おしゃべりに口は動きっぱなし。

大満足のパスクア・ランチを追えて帰途についたのはかなりいい時間でした。


一旦家に戻った我々は少しまどろんだ後に、まだ今回の帰省で会っていなかったM&Mの家へ。

みんな集まってるのと、M&Mは翌日、いとこの結婚式でピクニックに来ないってことになってたので、このチャンスを逃すと会えないかもってんで、M&M宅に向かった。

ちなみにこの時点で夜の10時ごろなんですが、お腹は一向に減ってなくって、相方も私はディナーはパスすることにしました。

0504156.jpg
↑M&Mの子どもたちがおもちゃGETで割った卵型チョコを大人たちがパクパク。

ここでもそうだけど、口はおしゃべりだ江kにはとどまらず、何かと食べてしまうのです(笑)。

いや~ほんと、パスクアもナターレ(クリスマス)同様、相当なカロリー摂取だわ・・・
叔父さん宅でたらふく食べたので、ディナーをパスした我々とは裏腹に、M&M宅に出かけるのにマンマにご挨拶に行くと・・・


夕食準備中~~!!!

それもガッツリ油で、フライ物をあげている

ちなみに我々は夕食はいらないと事前に言っていたので、これ、自分用です。

常日頃から、

マ:私、小食なの・・・

と、言ってるけど、パスクア・ランチの後に夕食、それも油ものを食べれるってすごいと思う。。。

これには相方もかなりびっくりしてた!!

ちなみに小食と言ってるが、結構暇があれば口が動いてたりするマンマである。
Abruzzo(アブルッツォ) | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示