Juuuust chillin' out!!

イタリア人科学者の相方と暮らす大阪人Giannaの日記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17日の金曜日~~~~~!!!

タイトル・・・

日本人的にはなんのこっちゃ~~~ですが、イタリア人的には意味があるようです。

本日がこの17日の金曜なのですが、イタリア的にはとっても不吉な日だそうです。

venerdi17.jpg
※画像はla Repubblicaより拝借!

Gianna、13日の金曜日と間違ってる ってご指摘を受けそうですが、いえいえ、この画像にあるように17日なんです!!

そもそも金曜と言うのはキリストが亡くなった曜日とされていて、不吉な曜日だそうです。
カトリック教徒がほとんどを占めるイタリアでは、金曜は不吉と思う人が多いのでしょう。

そして17日。
日本人的には一見、ラッキ~7の7が入ってるからいい日なのでは って感じですが、イタリアでは超~~~~縁起が悪い数字のようで、何と“Eptacaidecafobia(エプタカイデカフォビア)”という言葉さえあります。

この言葉、さくっというと、『数字の17恐怖症』って感じでしょうか。

何で17 ですよね。

理由はいくつかあるようです。

まず、古代ギリシャ時代にはすでに、ピタゴラスの弟子たちから忌み嫌われていたそうですよ。

何故かというと、ピタゴラスは、16と18を完璧な数字としていたそうで、その中間にある17が嫌がられたそうです。

そしてノアの方舟で知られる、、旧約聖書の『創世記』の大洪水も17日から始まったとされているみたい。

さらにさらに!
古代ローマ時代、お墓に“VIXI (“vissi(私は生きていた)”= “sono morto”(私は死んでいる))”と書くのが常だったようです。
上に書いた通り、今は死んでますよってことを書いてるんだけど、この略語の“VIXI ”、ローマ数字で言う17なんです!!
なので17が死を表す数字としてとらえらてたのでしょう。

日本でも、死を連想させる4が嫌がられる感じでしょうか。

他にもあるようですが、こんな感じで17は嫌がられてるみたいです。


なので、キリストが亡くなった不吉な曜日の金曜と、諸々の意味で不吉な数字17が重なる『17日の金曜』はイタリアでは超~~~不吉な日のようです。


ちなみに上でちょろっと書いた、ジェーソンで一躍日本でも知られるようになった『13日の金曜日』を不吉な日とするのは、英語圏やドイツやフランスだそうです。
今回はこれについては書く気がないので、ご興味にある方はwikiさんで見てみてください(こちら)。


さてさてわが家の科学者相方はこの迷信的日をどうとらえるのか?!
朝言うのを忘れた&本人は気づいていないと思うので、帰宅したら聞いてみよう・・・

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Gianna

  • Author:Gianna
  • 管理人のGiannaです。

    日常生活、イタリアをはじめ、ヨーロッパの国々への小旅行などをゆる~くつづっています☆

    イタリアのおいしいレストランなどの情報もありますよ。


    ※コメントはWelcome大歓迎で~す\(^O^)/
    但し、スパムおよび広告コメ・トラバはご遠慮下さいませませm(_ _)m

    ※このブログに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

    ※ブログでご紹介しているお店や施設などの時間や料金は私が行った時点のものです。時間の経過とともに変更があるかと思いますので、最新の情報は該当の店舗や施設などのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

    ※リンクご希望の方はお手数ですが、事前に鍵コメでご連絡くださいませ m(_ _)m





最近の記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。