17日の金曜日~~~~~!!!

タイトル・・・

日本人的にはなんのこっちゃ~~~ですが、イタリア人的には意味があるようです。

本日がこの17日の金曜なのですが、イタリア的にはとっても不吉な日だそうです。

venerdi17.jpg
※画像はla Repubblicaより拝借!

Gianna、13日の金曜日と間違ってる ってご指摘を受けそうですが、いえいえ、この画像にあるように17日なんです!!

そもそも金曜と言うのはキリストが亡くなった曜日とされていて、不吉な曜日だそうです。
カトリック教徒がほとんどを占めるイタリアでは、金曜は不吉と思う人が多いのでしょう。

そして17日。
日本人的には一見、ラッキ~7の7が入ってるからいい日なのでは って感じですが、イタリアでは超~~~~縁起が悪い数字のようで、何と“Eptacaidecafobia(エプタカイデカフォビア)”という言葉さえあります。

この言葉、さくっというと、『数字の17恐怖症』って感じでしょうか。

何で17 ですよね。

理由はいくつかあるようです。

まず、古代ギリシャ時代にはすでに、ピタゴラスの弟子たちから忌み嫌われていたそうですよ。

何故かというと、ピタゴラスは、16と18を完璧な数字としていたそうで、その中間にある17が嫌がられたそうです。

そしてノアの方舟で知られる、、旧約聖書の『創世記』の大洪水も17日から始まったとされているみたい。

さらにさらに!
古代ローマ時代、お墓に“VIXI (“vissi(私は生きていた)”= “sono morto”(私は死んでいる))”と書くのが常だったようです。
上に書いた通り、今は死んでますよってことを書いてるんだけど、この略語の“VIXI ”、ローマ数字で言う17なんです!!
なので17が死を表す数字としてとらえらてたのでしょう。

日本でも、死を連想させる4が嫌がられる感じでしょうか。

他にもあるようですが、こんな感じで17は嫌がられてるみたいです。


なので、キリストが亡くなった不吉な曜日の金曜と、諸々の意味で不吉な数字17が重なる『17日の金曜』はイタリアでは超~~~不吉な日のようです。


ちなみに上でちょろっと書いた、ジェーソンで一躍日本でも知られるようになった『13日の金曜日』を不吉な日とするのは、英語圏やドイツやフランスだそうです。
今回はこれについては書く気がないので、ご興味にある方はwikiさんで見てみてください(こちら)。


さてさてわが家の科学者相方はこの迷信的日をどうとらえるのか?!
朝言うのを忘れた&本人は気づいていないと思うので、帰宅したら聞いてみよう・・・

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する