久々のコモ!

2015-02-17 Tue : イタリア 
※同年2月18日文末に追記してま~す。。。

アップしたいことは色々とあるんですが、相方が戻ってきてから何気に時間に追われる日々
特に何をしてるって訳でもない&むしろ何をしてたんだろう・・・と言う感じなのに、時間だけがない

色々と分析してみて、なぜ相方がいると時間がないのかはわかってきた。
まぁそのお話はまた時間がありそうな時(=相方が出張に行った時)にでも書くとして。。。

先週のお話ですが、10日にほんと超~~~~久々にコモに行って来ました

これまた超~~~~久々にティチーノに2人しかいない日本人のお友達の1人とランチやら諸々をするために。
この日はまだ相方が出張中だったんで、朝出発でも余裕、余裕~って思ってたんだけど。。。

危うく電車に乗り遅れそうになった

実は何とな~く、前の日に嫌な予感がしていて、切符を買っておいて本当によかったと思いました。
ちなみに私が寝坊したからとかではない理由で乗り遅れそうになったんですけど、それはいかにこの町が不便かってお話でつまらないので割愛しますね。

同じ湖畔の町とは言え、やはりコモには活気があってほっとする。
きっと大阪から直でコモに来てたとしたら、活気がないなって思ったかもしれないけど、ここに住んでるとすごい都会!って感じてしまう田舎者の自分にほんとがっかりです(失笑)。。。

まずはお友達Kさんと、コモのメルカート(市)へ!
Kさんはすでに必要なものをGETしていて、

K:スカーフとか1ユーロで売ってるところがあるから、
  行ってみない?!

という素敵な提案でしばしスカーフ探しに没頭!
掘り出し物を見つけるかどうかは自分次第って感じ。
しかし1ユーロって、元はとれんのかしら・・・と思ったり。

スカーフ探しに格闘してると、Kさんのお友達の別のKさんも合流。
しばし3人でスカーフ探し。

時々スカーフ買うんですけど(ほとんど日本)、結局うまく使いこなせずでタンスに眠ってしまってる。
Kさんたちは何枚か購入してはったけど、私は結局使うかな・・・と1枚だけにしてしまった

でもまぁお気に入りの色と肌触りのものがGETできたので、ハッピ~

その後はKさんたちとランチ。
その模様はまた次回にアップするとして(っていつ?!ですが・・・)、ランチの後、コモに来たお目当ての1つでもあるTigerへ!

このお店、結構気に入ってるんですが(日本にもありますよ)、イタリアの1月の新製品でバランスボールが出てたのです!!
日本で買って持ってこようかと迷ってたんだけど、結局購入せずに戻ってきてしまってた矢先に見つけた&8ユーロ(だったと思う)と素敵な価格だったんで、狙ってた。

しかし店頭に並んでなかったんで、売り切れかな・・・って思ってた。
店員さんに聞いてみると、

店:今朝届いたところよ~~~!

と、倉庫から持ってきてくれた

価格帯的にもやっぱ売れ筋だったのかなぁ。

Tigerで買い物を済ませた後、お二人とスーパーへ。
実はコーヒーが切れてたわが家。
相方が2週間の出張だったんで、イタリアへの買い出しができてなかった状況。

コーヒーは価格でどっちにするか決めるんだけど、イリーか、キンボーしか飲まないわが家。
近所のスーパーにはいずれの品も売っていない&コモに来る2日前に切れたので、コモで買おうと決めてました。

スーパーで買い出しした後はお二人と別れて、私はちょっと本屋さん巡り。

バレンタインが控えていたので、相方にこちら↓のイタリア語版を買おうと思ってた。
その女アレックス (文春文庫)

が・・・

売り切れ!

なので、こちらをGET↓
Irène

著者はフランス人なんですけど、多分こちらの方がフランスでは先に出版されたと思います。
でも英語圏やイタリアではこちらの方が後から出たんじゃないかなぁ・・・
あっ、蓋しか情報ですので、ご注意を!!

ルガーノだとこうしたちょっとしたものも高くって、ショッピングに出ることはまずない。
でもコモだとこうやってちょこちょことちょっとしたものを購入できるからいいなぁ~!!
結局一番高くつくのは、ルガーノ⇔キアッソ(国境の町)の電車賃だったりするんだけど(失笑)。

お買い物に、おしゃべりに、ランチにと大満足でコモを後にしました。

100215.jpg
ちなみにこちら↑は今回GETした品々!

また息が詰まってきたらコモでガス抜きをしよう

===追記===
購入したバランスボール、てっきり自力で空気を入れないといけないと思っていて、相方が帰ってくるまで(そう、こういう時には非常の役に立つ男なのです!!)箱をあけなかった。

戻ってきた翌日にバランスボールを見せて、

G:膨らませて~~~!!

ってお願いしたら、早速箱を開けた相方が、

相:空気入れ入ってるやん!

で・・・
150215.jpg
↑結構簡単に空気が入った。

でも、私が自力でするにはちょっとしんどそうな雰囲気だったんで、やっぱ相方が戻ってくるまで待っていてよかったと思った。

しかし8ユーロで空気入れまでついてやっぱこれはお買い得だったと改めて思いました

コメントの投稿

Secret