Juuuust chillin' out!! 壁塗り日
イタリア人科学者の相方と暮らす大阪人Giannaの日記
帰宅翌日記』の続きを・・・

自宅に戻ってからまったりする間もなく、先週の土曜日を迎えました。

本来なら帰宅(帰宅したのは先週木曜の夜)して初の週末なので、ちょっとまったり・・・といきたいところなのですが、13か月以上にも渡る(こちらもご覧ください)水漏れ事件への解決を1日でも早くして欲しい&すでに相方がアポを取っていたので、致し方ございません!

ちなみに水漏れ原因を突き止めたのは発生から11か月後の去年の11月。
それから2か月放置されていたわが家とお隣さんの壁にできたシミ。
いやはや、先進国なのでしょうか、ここは

ちなみに全面解決にはいまだ至っておらず、水漏れによりバルコニーの物置の扉が腐敗しているのはまだ未解決状態です・・・

もとい。。。

リビングの壁を塗ってもらうだけなので、まぁ別の部屋でまったりしていればいいか・・・と思いきや、リビングの家具類をまだ半分しか移動していなかったため、まずは二人力を合わせて後の半分の移動。

うち、やったら物が多いのです

ちなみにこの多い物やら本などを別の場所に移すのに、相方は各自が移動場所まで持って行こうとしていたので、

G:ちょっとあんたは、こっから私がパスしたんを
  受け取って移動してって!!
  イタリア人が苦手のバケツ・リレーよ!!

で、作業開始(笑)。

そう、イタリア人ってバケツ・リレーが苦手な人がすっごい多いと思う。
幼少のころから団体行動に慣れている日本人はその点凄い!!
これが功を奏したのか、早々に準備完了。

作業してくれたのはセルビアの人たち。
うちのビルの掃除をしてくれてる人の旦那さんとその甥の人。
二人とも2メートルほどある長身を生かして、ドンドンと作業をすすめてくれた。
早いけど、作業は丁寧かつ正確なので、助かった。

数々のティチーノ人たちの作業を経験してきた今、正直、この壁塗りがこの人たちで本当によかったと思いました。

作業してくれた人は30分ほどで家具を戻していいって言ったけど、その日は雨だったので、念のため1晩何も置かないことにした。
ひとまず掃除機をかけてモップもかけて、時差ボケもあってドド~~~っと疲れた。
ただ、悩まされていた耳と頭の激痛はかなり治まってきていた。

お友達に指摘されてググったら、航空性中耳炎っぽい。
そんな病気があるんですね。

うちは敢えてリビングにしかTVを置いてない。
また今のケーブル・テレビ(がないとこっちはな~んも見れませ~~~ん)はHDがインターネットのルーターの代わりにもなっている。

どちらにも接続できないので、ちょっとえぇ~~~っと思ったけど、逆に言えば相方と二人、色々とお話に花を咲かせることもできた。

翌、日曜は家具類をリビングに戻す作業。
帰宅してやっとこさホッとできたって感じ。


普段なるべく物品のストックを置いておくようにしているんだけど、3か月間の不在でないものがちらほら。
結局、壁塗り作業関連で先週末はイタリアへ買い出しに行けてないのでまだまだない物がいっぱいだけど、徐々にまたストックをしていきたいと思ってる。
それまでは心底落ち着けないけど・・・・

話が少し戻って航空性中耳炎。
何とも今年も波乱の幕開けとなり、何かを予感させる節がある。
そのお話はまた機会を見て。

あと3週間ほどすればこちらはカーニヴァル休暇。
その後少しするとイースター休暇と、水漏れ全面解決は夏までに終われば幸いかなと思えてきた(失笑)。
いやはやである。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する